そば処 三忠食堂本店@青森県弘前市

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 外観

ラーメンブログ王にしてTRYラーメン大賞審査員・しらすさんと行く!北東北鯨飲馬食ツアー。JAH→ほのじぐみ飲み&〆ラーからの~中華そば たらふく(多良福)からの〜キクヤ食堂からの〜南部もぐり伊知郎めん匠小松笑店にて八戸ハシゴ酒&〆ラーで初日はフィニッシュ♪

2日目つねた食堂からの〜味助からの〜7杯目は、現在は青森在住のラーメン研究家・石山さんも合流してこちらへ。

三忠食堂は小説「津軽百年食堂」に登場して、2011年4月に全国ロードショーになった映画「百年食堂」のロケ地でもあり、郷土料理である「津軽そば」を提供する弘前の超老舗です♪

三忠食堂本店のローカルルールなど店の特徴

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 看板

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 映画 ポスター

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 営業案内 駐車場案内

1907年頃に創業。

最初は屋台として開業。

「塩分町分店」「富士見町分店」など弘前に何店舗か展開。

小説「津軽百年食堂」に登場し、2011年4月には全国ロードショーになった映画「津軽百年食堂」のロケ地になる。

津軽地方の郷土料理である「津軽そば」の提供店。

添え付け&壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビが設置されてます。

三忠食堂本店のメニューなど

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 店内

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 店内

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 メニュー

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 メニュー

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 イワシ 焼き干し

オーダーして着丼までの間、石山さんが案内してくれた事もあり、店主さんが席まで来て小皿にイワシの焼き干しを持って来てくれ、色々と「津軽そば」「中華そば」の説明をしてくれました。焼き干しはそのまま食べましたが、これを肴に酒を飲みたくなる位、イワシの旨みがギュッと詰まっています!

三忠食堂本店の津軽そば

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 津軽そば

津軽そば 573円

スープはイワシの焼き干し、昆布などの魚介乾物系から丁寧に抽出したのが見て取れる清湯ベースで、そこに焼き干しの風味を損なわない程度に醤油を加えた、薄口な和風醤油味。

煮干しは頭とハラワタを取らずに煮てから乾燥させるのに対して、焼き干しは頭とハラワタを取ってから焼いて乾燥させるので、イワシ本来の旨みがギュッと凝縮されるとの事♪

右側の小さい器に入ってるのは中華そば用の出汁で、同じように焼き干しを使った魚介ダシと思われますが、その味わいは全く別物。

恐らく津軽そばの方は特徴的な麺の印象が薄れないように、昆布などの旨みアシストはありつつも、焼き干しの風味をダイレクトに表現しているイメージで、スッキリとした上品な飲み口が何ともクセになります!

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 津軽そば 麺

麺は自家製の中細ストレート麺で全くコシを感じないホロホロでフワフワな食感。蕎麦粉にツナギとして、水で柔らかくした大豆をすり潰した汁を使っているそうですが、麺料理としてはこれ以上ない位に柔らかく優しい口当たり。

大豆は一応ツナギという立ち位置ですが、コシや食感を出すためではなく、栄養面でのタンパク質の摂取という意味合いが強いようで、その独特な製法や背景にも歴史を感じます♪

具はネギ、刻み海苔、ナルト。繊細な焼き干しスープ&特徴的な麺が主役の津軽そばには、このシンプルな具材がベスト!

三忠食堂本店のワカメ中華

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 ワカメ中華

ワカメ中華 702円

スープは同じくイワシの焼き干し、昆布などの魚介乾物系から抽出した清湯ベースと思われますが、こちらは醤油ダレ由来か節なども感じる少しコクのある味わい。

控えめながらほんのりとした甘味&僅かに浮いた油分がスープに奥行きを加えていて、どちらかと言えばこっちのスープが蕎麦っぽいような純和風テイスト♪

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 ワカメ中華 スープ

魚介系の風味も津軽そばよりは強めな印象ながら、全体としてはジンワリとしたまろやか煮干しで、今まで食べて来た津軽の煮干しラーメンとは一線を画する、滋味溢れるニボ旨スープ。

具材のワカメがさり気なく磯風味を付与していて、あっさりとした魚介出汁に旨みを一枚重ねています。個人的に中華そばの具材としてワカメはそれほど重視しませんが、このスープには抜群に合います!

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 ワカメ中華 麺

麺は自家製の中細縮れ麺でデフォルトでチョイ柔ツル・プチな食感。優しいスープにマッチしたシンプルな中華麺です♪

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 ワカメ中華 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ワカメ、ナルト。程よい歯応えのあるもも肉チャーシューとスープの相性もバッチリ!

三忠食堂本店の中華そば

そば処 三忠食堂本店 青森県弘前市 津軽百年食堂 中華そば

中華そば 594円

ワカメ中華と具材が違うだけなので詳細は割愛しますが、スープ本来の味を楽しみたいなら、こちらをオーダーするのが正解かもしれません♪

いずれにしてもシンプルな具材ながら、この中華そばが一杯600円未満というのはCP高いと思います!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

そば処 三忠食堂本店の店舗情報やアクセス

電話:0172-32-0831
住所:青森県弘前市大字和徳町164
定休日:火曜日
※弘前さくらまつり期間中は休業して、弘前中央公園内のまつり会場に出店
営業時間
11:00~19:00

席数:30席
カウンター×6
4名掛けテーブル×6
駐車場:6台(店舗前に2台、店舗に向かって2軒左隣りの契約駐車場に4台)

最寄りの交通機関など
弘前駅から1100m
バス停→和徳十文字から210m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>