一球@秋田市手形

一球 秋田市手形 外観

完全にマイペースな第6回ラーメンスタンプラリー巡り。なかなか昼に来れず、今回は夜の部で突撃してみました♪

19:00に訪問で外待ち12名と相変わらずの賑わいぶり。この日は訪問前から決めていた、煮干そば「極」を迷わずオーダー!

一球のローカルルールなど店の特徴

一球 秋田市手形 営業時間 営業案内 定休日

一球 秋田市手形 メニュー看板

2014年1月9日に創業。

「竹本商店」の3号店「中華そば醤」の店長として働いていた方が2013年11月に独立。その後、2014年1月9日に「一球」としてリニューアルオープン。

学生街にある行列必至な人気店。

店内に2名掛けの待ち合い席あり。更に店内に2~3名の立ち待ち出来ますが、その後からは外待ちになります。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

外看板にある「えびの油そば」と「煮干の油そば 白」は、食べたいサイズの「油そば」の食券を購入した上で、それとは別に「油そば専用えび 60円」or「油そば専用煮干 白 60円」を購入してオーダーするスタイルになります。

「油そば」と「油そば専用煮干 白」を購入して、店員さんに食券を渡すときに、「黒で」と伝えると裏メニューの「煮干の油そば 黒」をオーダー出来ます(誰でもオーダー可能)

食券は中待ちの最中に店員さんが回収するか、もしくは着席してから回収。その際に油そばはニンニクの有無などを聞かれます。

油そば専用の追い飯は無料なので、必要な場合は券売機の右上から三番目の青く光っているボタンを押して食券を取得し、一緒に店員さんに渡す。

一球のメニューなど

一球 秋田市手形 券売機 メニュー

前回記事(超濃厚豚骨鶏白湯・四代目煮干そば「極」改)はこちら
一球・訪問34回目

一球の煮干そば「極」

一球 秋田市手形 煮干そば「極」

煮干そば「極」 780円
味玉 100円

スープは黒っぽいペースト状の煮干しダレにカエシを合わせ、そこに小鍋でキッチリ熱々にした煮干し出汁を加え仕上げた、完全に煮干しに特化したお店の看板メニューの一つであるド煮干しラーメン。

表面にブクブク浮いたニボ泡が示すように、一口目から押し寄せる煮干しの風味はインパクト絶大で、酸味や苦味などの煮干し独特な後味を、しっかりと炊き込まれた茶濁した煮干し出汁が受け止める盤石な味の構成♪

一球 秋田市手形 煮干そば「極」 スープ

底に沈んだ粉状の煮干しを麺に絡めて食べれば、まさに「極」たるド煮干し感を存分に堪能できますし、時間の経過と共にペースト状のタレ&出汁が馴染んできて、煮干しに一体感が生まれる変化もまた好印象。

ノーマルの煮干そば「極」を食べるのは実に4年半ぶりのようですが、当時は裏メニュー的だった油抜きが、現在のデフォルトの「極」になったようなイメージ。旨味濃縮ニボニボダレ&煮干し出汁が織りなすハイブリッドな逸品!

一球 秋田市手形 煮干そば「極」 麺

麺は長野・志賀麺業の太縮れ麺でコシがありモチモチ・ブリブリな食感。しっかりと茹で切った麺は茹で加減も絶妙な塩梅♪

一球 秋田市手形 煮干そば「極」 具

一球 秋田市手形 煮干そば「極」 麩

具はチャーシュー、ネギ、味玉、ナルト、麩。チャーシューはホロ・フワで柔らかく旨旨。麩はもちろんタップリと泳がせと最後にチュルンと頂きました!

ここでは油そばのオーダーが多いですが、汁ありメニューを一通り食べ直したくなりました♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

一球の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市手形山崎町11-37
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)

営業時間
11:00~15:00
18:00~21:00
※売り切れ次第終了

席数:11席
カウンター×8
3名掛けテーブル×1
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
秋田駅から1240m
バス停→若葉町から5m

第6回ラーメンスタンプラリー32杯目

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>