中国料理 雪梅(しゅうめい)@秋田県秋田市外旭川

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 外観

この日は内勤の為、会社近くでのランチタイム。訪問したのは実に6年3ヶ月ぶりとなるこちらへ。ラーメンも他の料理も好きなので、まさかこんなに間があいてしまってるとは思いませんでした。

今回で3回目の訪問ですが、メモ代わりに書いておくと、1回目は2011年9月で野菜湯麺(野菜と肉入りラーメン、辛味噌味)、肉絲春巻、什景炒麺(五目あんかけやきそば、醤油味)、蝦仁炒麺(海老、五目あんかけやきそば、塩味)をオーダーして、ラーメン以外は会社の同僚とシェア♪

2回目は2012年9月で蝦仁雲呑麺(海老とワンタン入りラーメン、塩味)、蟹肉豆腐(蟹入り豆腐あんかけ、塩味)、肉絲春巻をオーダーして、ラーメン以外は同僚とシェアしてました。そう言えば当時は、半年に1回のスーパー残業デーの時に、中抜けして晩飯を食べてから夜遅くまで働いてた事を思い出しました!

中国料理 雪梅のローカルルールなど店の特徴

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 看板 営業時間 営業案内 定休日

中国・吉林省出身のオーナー夫妻が切り盛りするお店。

店名の雪梅(しゅうめい)はオーナー夫妻の名前に由来。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

平日限定でお得なランチ(11:00~14:00)を提供。

一人3000円~10000円(酒、税別)で宴会コースあり。

事前予約でオードブルや弁当の注文も可能。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中国料理 雪梅のメニューなど

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 メニュー

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 メニュー

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 メニュー

前回記事(蝦仁雲呑麺&蟹肉豆腐&肉絲春巻をシェア)はこちら
中国料理 雪梅・訪問2回目

中国料理 雪梅の蝦仁雲呑麺(海老とワンタン入りラーメン、塩味)

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味

蝦仁雲呑麺(海老とワンタン入りラーメン、塩味) 800円

スープは鶏ガラなどの動物系主体の清湯ベースで、レギュラーの中華そばにワンタンとエビをトッピングしたと思われる、中国料理店らしいビジュアルの塩ラーメン。

しっかりと鶏ガラのダシ感のあるスープは、油分量も抑え気味なアッサリとした面持ちながら、旨みはキッチリと抽出されていて、白菜由来と思われるナチュラルな野菜の甘みもスープに浸透しているイメージ♪

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 スープ

他の具材もスープに馴染んでいて、旨味しっかりなタンメンのようなニュアンスもありながら、具材もスープもそれぞれが単体でキッチリ美味しい仕上がりには、やはり本場出身の料理人の技がキラリと光っています。

後半はやや塩気がキリッとしてきますが、土台となるスープの旨みがしっかりなので、むしろ後半のほうがバランスは良いかも。敢えて前回訪問時と同じラーメンにしましたが、気がつけば思わずK&Kしちゃってました!

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 麺

麺は細縮れ麺でツル・プチな食感。スルスルと軽快に啜れるシンプルな中華麺です♪

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 具

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 具

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 具

具はワンタン、エビ、ニンジン、白菜、タケノコ、キクラゲなど。ワンタンはしっかり味付けされた餃子のような餡で、酒の摘みになりそうな一品。エビはプリプリ&白菜はザクザクな食感で食べ応えも十分!

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 味変 調味料

麺完食後に添え付けの胡椒をパラリと投入してピリッとスパイシーに味変♪

中国料理 雪梅 しゅうめい 秋田県秋田市外旭川 蝦仁雲呑麺 海老とワンタン入りラーメン 塩味 完食

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中国料理 雪梅の店舗情報やアクセス

電話:018-868-0275
住所:秋田県秋田市外旭川字大畑106-5
定休日:木曜日

営業時間
11:00~14:00
17:00~21:00

席数:42席
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×1
6名掛け小上がりテーブル×5
駐車場:8台(店舗前)

最寄りの交通機関など
秋田駅西口から3450m
バス停→天徳寺通りから20m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>