麺響 万蕾(メンキョウ バンライ)@千葉県松戸市稔台

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 外観

麺やまらぁ@人形町の創業10周年記念イベントに絡めた関東遠征。麺やまらぁからの〜蒙古タンメン中本 御徒町店からの〜カラシビつけ麺 鬼金棒 神田店で初日は終了。2日目は家系ラーメン とらきち家からの〜川の先の上からの〜らーめん森やからの〜大船飲みで2日目は終了!

3日目自家製手打ち麺 粋やからの〜房総式ラーメン JINRIKISENからの〜大衆酒場 馬越→ちばチャンにて本八幡ハシゴ酒で3日目は終了。4日目の遠征通算10軒目は千葉県松戸市にある新店舗へ。前日早めに撃沈したのが功を奏して、食べ歩き的にはコンディション良好です(笑)

麺響 万蕾のローカルルールなど店の特徴

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 営業時間 営業案内 みのり台 定休日

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 営業時間 営業案内 定休日 看板

2019年12月20日に創業。

千葉県松戸市松戸1344-3にある「初代 GONZO」の土日限定で昼の部を間借りして「麺屋 GONZO」として2019年7月6日に開業した後に現店舗へ移転リニューアル。

「麺匠 金衛門」の跡地にオープン。

店主さんは神奈川県藤沢市の実力店「麺や 渦雷」で修行した経歴の持ち主。

店舗情報はTwitterで発信。

店内に5名掛けの待ち合い席あり。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

BOXシートのテーブル席があるのでお子様連れでも安心。

麺響 万蕾のメニューなど

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 券売機 メニュー

麺響 万蕾の白醤油らーめん

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 白醤油らーめん

白醤油らーめん 900円

スープは煮干しなどの魚介乾物系にシジミなどの貝類をブレンドした、動物系不使用と思われる清湯ベースで、タレに白醤油を合わせた「麺屋 GONZO」時代にも限定で提供していた一品。

ファーストインパクトは思いの外、アグレッシブに主張する煮干しの風味で、後からシジミの滋味溢れる旨みが口の中に広がるイメージ。ふんわり感じる大人ビターな後味が何とも心地よいです♪

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 白醤油らーめん スープ

白醤油を使用したタレには少量の塩も加えているのか、適度に塩気をピリッと効かせている印象で、しょっぱくならない絶妙な塩梅で旨みタップリなスープを引き締めています。

後半は煮干しよりもシジミの存在感がキラリと光る味の変化も実に巧妙で、旨みの強度という点ではむしろ尻上がり的に向上しているかも。そう言った意味合いでもストーリー性のある逸品です!

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 白醤油らーめん 麺

麺は細ストレート麺で程よい歯応えがありスル・パツな食感。スープとの相性も良好なプツっと歯切れのよい麺です♪

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 白醤油らーめん 具

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、青ネギ。低温調理の豚チャーシューは適度に火入れされていて肉の旨みしっかり。しっとり柔らかい鶏チャーシュー&シャキッとした食感の穂先メンマと具材もスキなし!

麺響 万蕾の醤油らーめん

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 醤油らーめん

醤油らーめん 850円

スープは同じく煮干しなどの魚介乾物系にシジミなどの貝類をブレンドした、動物系不使用と思われる清湯ベースで、「麺屋 GONZO」時代からの看板メニューである醤油ラーメン。

こちらも一口目は煮干しの風味を強く感じますが、瞬発力のある白醤油のニボ感とはまた違った、やや重厚な煮干しのドッシリ感。そこにシジミの旨みがソッと寄り添ってます♪

丸みを帯びた醤油ダレの主張は穏やかで、厚みのある煮干しのダシ感とのバランスも相まって、店頭に案内があった「和風らーめん」という表現が一番しっくりくるかも。

後半はニボニボ感は抑制されますが、滋味深いシジミの旨みとの親和性はむしろ向上。時系列による変化量は白醤油ほどではないですが、味のバランスという点ではこちらが一枚上手かも!

麺は細ストレート麺で程よい歯応えがありスル・パツな食感♪

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、青ネギ。

麺響 万蕾の味噌らーめん

麺響 万蕾 メンキョウ バンライ 千葉県松戸市稔台 みのり台 味噌らーめん

味噌らーめん 900円

スープは同じく煮干しなどの魚介乾物系にシジミなどの貝類をブレンドした、動物系不使用と思われる清湯ベースで、後発的に提供を開始した新レギュラーメニュー。

口に含んだ瞬間は味噌汁チックな和出汁な印象でしたが、後から押し寄せるニンニクの香味がなかなかのインパクトで、適度に効かせた辛味と胡椒のスパイシーさでキレのあるピリ辛味噌スープを形成♪

その濃厚でコクのある味噌風味の中でも、キッチリと感じ取れる煮干しとシジミのダシ感が素晴らしく、具材の刻み生姜の爽快な辛味が浸透して後半は更に中毒性のある味わいに。

「白醤油らーめん」「醤油らーめん」とは全く別物の貝ニボスープなので驚きましたが、一番引きが強いのはこの「味噌らーめん」かと。これはパンチ力ありますね!

麺は細ストレート麺で程よい歯応えがありスル・パツな食感♪

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、青ネギ、刻み生姜。

一番味として自分好みなのは塩らーめんでしたが、バランスがいいのは醤油らーめん。中毒性と破壊力があるのは断トツで味噌らーめん。次回訪問時も絶対に複数で行きたい優良店!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

麺響 万蕾の店舗情報やアクセス

電話:不明
住所:千葉県松戸市稔台1-1-17
定休日:月曜日

営業時間
11:30~14:30
18:00~21:00
※日曜は昼営業(11:30〜14:30)のみ

席数:12席
カウンター×8
4名掛けテーブル×1
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
みのり台駅南口から130m
八柱駅南口から790m
バス停→八柱駅から780m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>