遊食空間 ぶんぶん@秋田県横手市十文字町

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 外観

この日はあるラーメン提供店が気になり十文字町へ。残念ながら今は営業していませんでしたが、再訪したかった店が近くにあるのでノーダメージ。という訳で、次は食べようと思っていた遊食空間ぶんぶんの油そばを実食です!

遊食空間 ぶんぶんのローカルルールなど店の特徴

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 店頭 入口

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 営業時間 営業案内 定休日

秋田のご当地「油田系ラーメン」の提供店。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

こってりらーめんの麺量は並→160g、中→240g、大→360g。

油そばの麺量は並→150g、中→300g、大→450g。

セルフサービスでサイドテーブルにあるライス・漬物・ふりかけ等が無料で食べ放題。

入り口で靴を脱いで座る座敷スタイルなのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

遊食空間 ぶんぶんのメニューなど

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 メニュー

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 メニュー

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 メニュー

前回記事(みそラーメン)はこちら
遊食空間 ぶんぶん・訪問2回目

遊食空間 ぶんぶんの本家油そば

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 本家油そば

本家油そば 700円

タレは醤油ベースにラードを合わせた感じのシンプルな構成で、提供する前にしっかり麺と油、タレを絡めて提供される汁なし油そば。名物であるプチバイキングコーナーもあるので、麺量は並を選択しました。

まずは具材を混ぜずに麺を引っ張り出して食べると、程よく旨みが入った醤油ダレとラードの豚風味が馴染んだまろやかな味わいで、素朴な味の設計ながらそのままでも十分に美味しく食べれる仕上がり♪

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 本家油そば 混ぜる

途中からガッツリ混ぜれば具材の香味や食感も合わさりますが、セルフ丼を作成のためチャーシュー3枚と半割味玉は寄せておいたので、見た目は若干寂しいのはご了承ください(笑)

途中からプチバイキングコーナーに添え付けのフライドオニオンやおろしニンニクを投入すれば、中毒性が一気跳ね上がります。味付けがシンプルな分、味の変化の振り幅が凄いので引き込まれますね!

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 本家油そば 麺

麺は中太ウェーブ麺でモチモチな食感。シンプルな油そばにもマッチした中華麺です♪

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 本家油そば 具

具はチャーシュー、メンマ、モヤシ、味玉、青菜など。前述したとおりチャーシューはセルフ丼用に寄せましたが、麺を覆い尽くす迫力な上に、デフォルトで味玉付きはお得感しかないです!

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 本家油そば セルフ丼 チャーシュー卵丼

という訳で、まずは白飯にOTRでセルフでチャー玉丼を作成。これだけでサイドメニューとしては300円くらいの価値はあるかと♪

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 本家油そば 肉巻き

最後は贅沢に肉巻きにして美味しく頂きました!

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 サイドテーブル バイキングコーナー 食べ放題

今回のサイドテーブルコーナーのラインナップは、ちくわ磯辺揚げ、ウドの葉天ぷら、湯葉の玉子焼き(九条ねぎ入)、厚揚とひき肉の煮もの、野菜サラダという構成♪

遊食空間 ぶんぶん 秋田県横手市十文字町 サイドテーブル バイキングコーナー 食べ放題

充実感を更に増したプチバイキングでも白飯をサクッと頂いて大満足でした!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

遊食空間 ぶんぶんの店舗情報やアクセス

電話:090-1996-1283
住所:秋田県横手市十文字町字海道下28-5
定休日:水曜日

営業時間
11:00~14:00
17:00~21:00
※営業時間外も予約可能

席数:15席
カウンター×3
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:3台(店舗周辺)

最寄りの交通機関など
十文字駅から1200m
バス停→道の駅十文字から360m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>