食事処 だるま屋@宮城県栗原市鴬沢

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 外観

セルフミッション総仕上げ&セルフミッションseason2な宮城県〜福島県食べ歩き。かめや食堂からの〜2軒目は旧鴬沢町にあるこちらへ。映画「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン」のロケ地になった店で、店内にもメディアの記事が色々と貼ってました。

メニューはラーメン、そば、うどん等の麺類にかつ丼、親子丼、カレーライスなどのご飯ものというラーメン主体なラインナップ。夏期限定の「地ごくジャンひやし」もメチャクチャ気になりましたが、今回はカラチョンメンをオーダーしました!

食事処 だるま屋のローカルルールなど店の特徴

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 暖簾

1987年(昭和62年)5月に創業。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

季節限定メニューの提供あり。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

支払いは現金のみ対応。

食事処 だるま屋のメニューなど

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 メニュー

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 メニュー 営業時間 営業案内 定休日

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 メニュー

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 メニュー

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 メニュー

食事処 だるま屋のカラチョンメン

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 カラチョンメン 辛味噌ラーメン

カラチョンメン 800円

スープは豚などの動物系+乾物系と思われる味噌ベースで、そこに炒めた具材を合わせて煮込んだ店オススメの一杯。具材の上には辛味噌がトッピングされていました。

まずは辛味噌を混ぜずに食べると、ほんのりとした豚などの動物系の下支えに乾物系で旨みを底上げしている印象のシャバッとした味噌スープで、それ故にデフォルトでシャープに辛みを感じるキリッとした口当たり♪

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 カラチョンメン 辛味噌ラーメン スープ

具材の豚肉や野菜の旨みもスープに浸透していて、途中から辛味噌を溶かせば辛さが増すというよりは、塩気と辛味によって味にメリハリが出て更にキレを増した辛味噌スープに変化するイメージ。

メニューには「激辛!カラチョンメン」との表記もされてましたが、個人的にはピリ辛な辛さレベルでした。しっかりと食べ応えもあり、このボリュームで800円はCP高いと思います!

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 カラチョンメン 辛味噌ラーメン 麺

麺は細ウェーブ麺でチョイ柔な食感。後半は熱々なスープに馴染んでなかなかの柔麺になりますが、個人的には全く問題なしでした♪

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 カラチョンメン 辛味噌ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、豚肉、タマネギ、モヤシ、チンゲンサイ、カイワレなど。豚肉は粗挽きの挽き肉のような細切れでした!

食事処 だるま屋 宮城県栗原市鴬沢 旧鴬沢町 カラチョンメン 辛味噌ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子をワサッと投入して更に辛めに味変♪

次回は「じごくジャン冷し」も食べてみたいです!

ごちそうさまでした🍜

食事処 だるま屋の店舗情報やアクセス

電話:0228-55-2606
住所:宮城県栗原市鴬沢南郷北沢50-10
定休日:不定休
営業時間
10:30〜18:30

席数:21席+個室の座敷席あり
カウンター×3
5名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:5台(店舗前)

最寄りの交通機関など
池月駅から17.9km
バス停→マインパーク入口から30m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>