炭火焼食堂 La炭之助@秋田県横手市

炭火焼食堂 La炭之助 外観

炭火焼食堂 La炭之助 外観

炭火焼食堂 La炭之助のローカルルールなど店の特徴

2013年11月10日にオープンした炭火焼料理と鉄板料理がメインのお店。

ビルの2階と3階の2フロアーが店舗。

キリンのフローズン生ビールや珍しいクラフトビールもあります。

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

ラーメン類は22:00以降に提供可能な時間限定メニュー。

炭火焼食堂 La炭之助のメニューなど

炭火焼食堂 La炭之助 メニュー

炭火焼食堂 La炭之助 メニュー

第4回秘密結社・東北連合飲み・粋場からの~2次会は徒歩移動で横手駅前にあるこちらへ。

以前から一度は来たかったお店でしたが、横手で夜のみ営業というなかなかのハードルの高さだったので、ようやく念願叶っての初訪問となりました!

炭火焼食堂 La炭之助 乾杯

まずは何かで乾杯。最近、2次会の乾杯ドリンクを忘れる傾向にあります(笑)

料理も軽くツマミながら♪

炭火焼食堂 La炭之助 お通し

炭火焼食堂 La炭之助

炭火焼食堂 La炭之助 フライドポテト

この辛いフライドポテトがマイウーで酒が加速します!

炭火焼食堂 La炭之助 YOKOHAMA XPA

YOKOHAMA XPAもグビッと♪

いやはや、このメンバーと飲むと話が尽きませんなぁ~。そしてラーメン遠征したくなります(笑)

当然〆は!

炭火焼食堂 La炭之助にて稲庭中華そばを実食♪

炭火焼食堂 La炭之助 稲庭中華そば

稲庭中華そば 680円

スープは鶏などのアッサリな動物系の下支えはあるかとは思いますが、魚介乾物系の旨みが主軸になった昔懐かしい中華そばといった感じ。

炭火焼食堂 La炭之助 稲庭中華そば

油分量は抑え気味で食べやすいですが、塩気をビシッと立たせる事で「うどん」ではなく「中華そば」たらしめといる印象のキリッとしたノスラーです!

炭火焼食堂 La炭之助 稲庭中華そば

麺は佐藤養悦本舗謹製の稲庭中華そば乾麺でツルツル・シコシコでしなやかな食感。ツルリとした口当たりで喉ごしも良く、この一杯の中では主役級の存在感あり♪

炭火焼食堂 La炭之助 稲庭中華そば

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト。具材もシンプル・イズ・ベスト!

こちらもシェア!炭火焼食堂 La炭之助のピリ辛トマトのエスニック冷やし稲庭中華そば♪

炭火焼食堂 La炭之助 ピリ辛トマトのエスニック冷やし稲庭中華そば

ピリ辛トマトのエスニック冷やし稲庭中華そば 700円

スープはトマトベースでドロドロな濃度の冷製仕立てで、レギュラーの稲庭中華そばとは全く別物の冷たい洋風ヌードルといったイメージ。

炭火焼食堂 La炭之助 ピリ辛トマトのエスニック冷やし稲庭中華そば

トマトの爽快な酸味とタバスコ由来と思しきピリッとした辛味があり、コッテリ感が皆無なのでズバズバといけちゃいます。ザックリ言うとピリ辛な冷製トマトパスタ的な感じで、これからの季節にはピッタリな一杯です!

炭火焼食堂 La炭之助 ピリ辛トマトのエスニック冷やし稲庭中華そば

麺は同じく佐藤養悦本舗謹製の稲庭中華そば乾麺で程よいコシがあり、ややガシッとしたツル・シコな食感。冷水で〆る事でキュッと引き締まった麺にトマトスープが絡みまくりです♪

炭火焼食堂 La炭之助 ピリ辛トマトのエスニック冷やし稲庭中華そば

具は鶏チャーシュー、青ネギ、ゆで卵、アボカド、糸唐辛子など。真っ赤なトマトスープに映えるグリーン具材の彩りも良い感じ!

ラーメン以外も(笑)炭火焼食堂 La炭之助のナシゴレン風炭之助焼そば♪

炭火焼食堂 La炭之助 ナシゴレン風炭之助焼そば

辛!!ナシゴレン風炭之助焼そば 680円

「辛!!」という程は辛くなく、全体的にはオリエンタルなピリ辛エスニック焼そばといった感じで、酒の肴としても優秀な逸品。

プリッとした海老にパクチー食感も良く、再訪の機会があればまた食べてみたい一品です。これクラフトビールとの相性がバッチリですよ!

という訳で、楽しい時間はあっという間に終了。秘密結社・東北連合の飲み会も、とりあえず参加メンバーが在住の県での開催は一巡したので、次は地域を変えて2周目でしょうか?

次回も楽しみにしてます♪

ごちそうさまでした🍜

炭火焼食堂 La炭之助の店舗情報やアクセス

電話:0182-33-5066
住所:秋田県横手市寿町9-8 寿ビル2F・3F
定休日:不定休(火曜日が多いようです)
営業時間
17:30~24:00(LO.23:00)

席数:70席位
2Fに30席位
3Fに40席位
駐車場:5台(店舗脇)

最寄りの交通機関など
横手駅東口から340m
バス停→末広町から130m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>