中華料理 張(まさる)@秋田県秋田市御野場

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 外観

5月一杯で閉店との情報が入り急遽こちらへ突撃。大好きな店だけに本当にショックですが、後継者がいないという事なので、どうしようもない訳ですが・・・。

今回はどういったスタイルで提供されるか気になっていて、前回訪問時に食べると決めていた「張チャンポン」をオーダー。張と言えば当然ながらチャーハンなので、恐らく自分はラストと思われるラスト炒飯も食べました!

中華料理 張のローカルルールなど店の特徴

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 営業時間 営業案内

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 駐車場案内

店舗は「オートバックス 秋田仁井田店」前の国道13号線を挟んで向かい側にあった秋田県秋田市仁井田二ツ屋1-11-46から現店舗へ2006年頃に移転オープン。

秋田のご当地「秋田ちゃんぽん」の提供店(餡掛け)

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

雑誌&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中華料理 張のメニューなど

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 メニュー

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 メニュー 営業案内 定休日

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 メニュー

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 メニュー

前回記事(冷やし中華そば&半チャーハン)はこちら

中華料理 張の張チャンポン&半チャーハン

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン

張チャンポン(エビといか入り塩味) 700円

スープは豚骨、鶏ガラなどの動物系主体と思われる清湯ベースの塩味で、炒めた豚肉、海鮮、野菜などを合わせて煮込んで、片栗粉でトロミを付けた餡掛け仕立ての秋田チャンポン。

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン スープ

程よい豚骨、鶏ガラなどの動物系のダシ感がありつつ、豚肉や海鮮の旨みが存分に抽出された熱々な餡掛けスープで、野菜のナチュラルな香味がギュッと濃縮されています♪

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン 具

炒め油と思われるゴマ油がフワリと香る「これぞ本格中華料理店」な味付けのバランスも素晴らしく、餡掛けのトロミと溶き卵効果で、麺を啜った時にスープの旨みが口の中で炸裂。

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン スープ

後半はスープの粘度がサラッとなりますが、出汁素材と具材の旨みの輪郭が更にクッキリになり、体感的な美味しさが尻上がり的に増す味の組み立てもお見事。これは老舗の中華料理店ならではの秋田ちゃんぽんかと思います!

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン 麺

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン 麺

麺は中太ウェーブ麺でチョイ柔でツル・ムチな食感。餡掛けスープと具材がガッツリ絡みます♪

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン 具

具は豚肉、ハム、エビ、イカ、ベビーホタテ、溶き卵、ニンジン、ニラ、白菜、タマネギ、モヤシ、タケノコなど。見た目よりも具沢山でボリュームもあります!

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 秋田ご当地 秋田ちゃんぽん 張チャンポン 味変 調味料

途中から添え付けの酢を投入してスッキリに味変♪

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 炒飯 半チャーハン

半チャーハン 380円

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 炒飯 半チャーハン

半チャーハンはとてもシンプルな味付けで、刻みチャーシューを一緒に食べる事で、肉の旨みが口の中に広がる具材ありきなバランス。

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 炒飯 半チャーハン

今回のは表面がちょいパサ&中はシットリで、やや油っぽさが感じられる仕上がりでした♪

中華料理 張 まさる 秋田県秋田市御野場 閉店 営業案内

張の味の継承付きで居抜きでの経営者を募集しているので本当に誰かお願いします!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華料理 張の店舗情報やアクセス

電話:018-839-8740
住所:秋田県秋田市御野場新町2-24-20
定休日:火曜日

営業時間
11:00~14:00
17:00~20:00

席数:31席
カウンター×3
4名掛けテーブル×3
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:4台(店舗裏)

最寄りの交通機関など
四ツ小屋駅から2470m
バス停→ケヤキ通りから170m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>