ラーメンの五右エ門@秋田市川尻

ラーメンの五右エ門 外観ラーメンの五右エ門 営業時間 営業案内 定休日

ラーメンの五右エ門のローカルルールなど店の特徴

1994年にオープンした秋田式の餡掛けチャンポンが看板メニューのお店。

オープン当初は普通のラーメン店でしたがチャンポンに人気が集中して、現在は注文の9割があんかけチャンポンという人気メニューに。

店頭に「小さなお子様はご遠慮させて頂いております」の案内書あり。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビ&漫画が設置されてます。

小上がりテーブルは相席を求められる可能性があります。

ラーメンの五右エ門のメニューなど

ラーメンの五右エ門 メニュー

オーダーの9割があんかけチャンポン(正油)という、言わずと知れた秋田式チャンポンの人気店ですが、1年ほど前に訪問した時に初めてチャンポン(塩味)を食べて、海鮮タンメンっぽくて美味しかったので、全メニュー制覇を目論むことに。

もちろん自分以外のお客さんはほとんど、というか聞こえた限りでは全員があんかけチャンポン(正油)だったので、アウェイ感がハンパなかったです(笑)

ラーメンの五右エ門の味噌ラーメン

ラーメンの五右エ門 味噌ラーメン

味噌ラーメン 810円

前回記事(チャンポン 塩味)はこちら
ラーメンの五右エ門・訪問10回目

スープはあんかけチャンポン同様に豚骨、鶏ガラなどの動物系ベースと思われる味噌味で、そこに肉や野菜などタップリの具材が盛られた一杯。

程よい動物系のダシ感をベースに、甘めの味噌や酸味が効いた味噌など、異なる特徴の味噌をブレンドしてますが、味噌感としてはやや薄めで、そこに旨み&塩分がカチッとハマった親しみやすい味わい♪

ラーメンの五右エ門 味噌ラーメン スープ

具材を軽く炒めた後に出汁を加えてしっかりと煮込む事で、豚肉や野菜の旨みを抽出した、味噌味のタンメンのようなイメージで、タップリの具材がボリュームだけではなく、スープの旨みの構成要素として存在感を発揮しています。

生姜やニンニクがバリバリ効いている訳ではないですが、やや札幌味噌ラーメン的なニュアンスも感じられ、それを秋田県民の好みにマッチングさせた王道を貫く味噌ラーメンです!

ラーメンの五右エ門 味噌ラーメン 麺

麺は中太ウェーブ麺で程よいコシがありツル・モチな食感。餡掛けチャンポンの正油味と同じ麺かと思われますが、至ってシンプルな中華麺です♪

ラーメンの五右エ門 味噌ラーメン 具

ラーメンの五右エ門 味噌ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、豚肉、挽き肉、キャベツ、ニンジン、モヤシ、タマネギ、タケノコ、キクラゲ、コーン、ワカメ、黒ゴマ、白ゴマなど。価格が高騰している中、これほどの野菜を食べれるのは嬉しい限りです!

ラーメンの五右エ門 味噌ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの自家製ラー油を投入してピリ辛に味変。このラー油はあんかけチャンポンにも合いますが、味噌ラーメンにも投入必須だと思います♪

ごちそうさまでした🍜

ラーメンの五右エ門の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市川尻若葉町3-9
定休日:日曜日
営業時間
11:00~14:00(LO.14:00)
17:00~20:00(LO.20:00)

席数:19席
カウンター×7
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:12台位(店舗前に3台+店舗前の道路を挟んで向かい側に9台位)

最寄りの交通機関など
羽後牛島駅から2460m
バス停→新川橋から170m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>