支那そば たんたん亭@東京都杉並区浜田山

支那そば たんたん亭 外観

支那そば たんたん亭 営業時間 営業案内

支那そば たんたん亭のローカルルールなど店の特徴

「かづ屋」「八雲」などの人気店を輩出した「たんたん亭系」の総本山で1977年に創業。

店内に4名掛けの待ち合い席あり。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

席はカウンターのみ。

支那そば たんたん亭のメニューなど

支那そば たんたん亭 メニュー

支那そば たんたん亭 メニュー

ラーメン二郎三田本店からの〜ラーメン屋トイ・ボックスからの〜ソラノイロトンコツ&キノコからの〜麺やまらぁ8周年記念イベントで丸長リスペクトつけそば実食からの〜中華ソバ伊吹からの〜かしわぎからの〜東京遠征7軒目はこちら♪

ラーメン界の最高権威TRY審査員・しらすさんとこの日3軒目の食べ歩きとなります。15:45に訪問で満席の2名待ち。多くのラーメン店が中休みになるこの時間帯に、まだ満席+待ちがあるという一点で、この老舗の人気ぶりが如実に分かります!

支那そば たんたん亭のミックスワンタンメン

支那そば たんたん亭 ミックスワンタンメン

ミックスワンタンメン 1170円

スープは鶏、豚などの動物系ベースに節、煮干し、昆布、椎茸などの魚介乾物系を合わせたダブルスープと思われる、僅かに混濁したアッサリ醤油味。

全体的に老舗らしい角が全くないまろやかな味わいですが旨みは決して弱くなく、節と乾物系がやや前に出た優しい和風テイスト♪

支那そば たんたん亭 ミックスワンタンメン スープ

油分量も少なめで食べやすく、それ故にブワァーッと口の中で拡散する魚介乾物系の旨みが、ダイレクトに舌に浸透するイメージ。

以前、派生した人気店の一つである「八雲」で同じ仕様のメニューを食べましたが、八雲に比べるとややノスラーっぽいバランスで、源流が源流たる所以を感じる安定感抜群なスープを堪能しました!

支那そば たんたん亭 ミックスワンタンメン 麺

麺は中細ストレート麺でスル・ポクな食感。やや硬めに仕上げられた印象のシンプルな麺です♪

支那そば たんたん亭 ミックスワンタンメン 具

支那そば たんたん亭 ミックスワンタンメン 具 チャーシュー

支那そば たんたん亭 ミックスワンタンメン エビワンタン 肉ワンタン

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、2種類のワンタン、海苔。表面が赤いチャーシューはスモーク強めな感じで酒の肴にしたい逸品。プリッとしたエビワンタン&旨みしっかりな肉ワンタンもマイウー!

支那そば たんたん亭のつけそば

支那そば たんたん亭 つけそば

つけそば 820円

つけ汁は同じく鶏、豚などの動物系ベースに節、煮干し、昆布、椎茸などの魚介乾物系を合わせたダブルスープと思われますが、味変用にカットレモンが添えられています。

ワンタンメンのスープに比べると油分量は多めな印象、というよりも出汁が少ないので相対的に多めなチューニングになっている感じですが、フワリと酸味を帯びたスッキリとした味わい♪

旨みジンワリなつけ汁なので、麺単体で食べるとかなりアッサリな印象ながら、つけ汁の中には焼き面が香ばしい刻みチャーシューが入っているので、一緒に食べる事で旨みがグッと底上げされます。

添えられたカットレモンの味変もいいと思いますが、添え付けの酢やラー油、胡椒をワサッと投入して、パンチのある味にしても面白いと思います!

支那そば たんたん亭 つけそば 麺

麺は中細ストレート麺でややモッサリとした食感。ワンタンメンと同じ麺だと思いますが、つけ麺用ではない細麺を水で〆ている印象で、硬めな口当たりに感じます♪

具は刻みチャーシュー、メンマ、ネギ、刻み海苔、カットレモン。

やはりたんたん亭はワンタンメンがベスト。次回は餃子をアテにルービーをきめて、〆にシンプルな支那そばも乙かなと!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

支那そば たんたん亭の店舗情報やアクセス

電話:03-3329-4061
住所:東京都杉並区浜田山3-31-4
定休日:年末年始
営業時間
11:00~20:30
※完売次第閉店

席数:10席
カウンター×10
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
浜田山駅から60m
西永福駅南口から870m
バス停→浜田山駅から50m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>