栗林@岩手県盛岡市

栗林 岩手県盛岡市 外観

突発的自由人たちの岩手ツアー。龍ちゃんホルモンからの〜2軒目はこちらへ♪

以前から気になっていたお店ですが、ようやく足を運ぶことが出来ました。鶏白湯とじゃじゃ麺の2枚看板という珍しいメニュー構成なので、複数で行けたのは本当に有り難い!

栗林のローカルルールなど店の特徴

栗林 岩手県盛岡市 定休日 不定休 営業案内

2015年8月上旬に創業。

風除室に4名掛け&店内に3名掛けの待ち合い席あり

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

漫画&テレビが設置されてます。

各座席にじゃじゃ麺のチータンタン用の生卵(無料)が常備されています。

レジ前にあるアメは無料サービス。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

栗林のメニューなど

栗林 岩手県盛岡市 メニュー

栗林 岩手県盛岡市 メニュー

栗林の鶏そば(塩)

栗林 岩手県盛岡市 鶏そば塩 鶏白湯

鶏そば(塩) 600円

スープは数種類の節を使ったカエシと鶏、香味野菜を使った白湯ベースの塩味で、ややトロミがついた濃すぎない印象の鶏スープ。

土台となる鶏白湯の口当たりはライトボディーながら、旨みはしっかりと抽出されていて、鶏のネガティブ要素を感じさせない丁寧な作り♪

栗林 岩手県盛岡市 鶏そば塩 鶏白湯 スープ

案内書によると節はカエシに使用しているようですが、表面に浮いた香味油由来の風味が強いイメージで、鶏白湯を過不足なくバックアップしています。

時間の経過と共に鶏と節の香味が馴染んで来て、味の一体感がグングン増していきます。この鶏白湯が600円というのはCP高いと思います!

栗林 岩手県盛岡市 鶏そば塩 鶏白湯 麺

麺は細ストレート麺でちょいパツな食感。黒い粒子が混ざっているので全粒粉入りかと思いますが、後半はスープに馴染んでややマッタリとした口当たりに変化♪

栗林 岩手県盛岡市 鶏そば塩 鶏白湯 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。低温調理と思われるチャーシューはシットリ柔らかく旨旨!

栗林の鶏そば(醤油)

栗林 岩手県盛岡市 鶏そば醤油 鶏白湯

鶏そば(醤油) 600円

スープは同じく数種類の節を使ったカエシと鶏、香味野菜を使った白湯ベースの醤油味で、こちらは結構茶濁した鶏スープとなっています。

ファーストインパクトは節の力強い風味で、後から芳香な旨みを有した鶏白湯の旨みが追いかけてくるイメージ♪

醤油の節はカエシと香味油の合わせ技といった印象で、塩に比べて明らかに存在感が強く、アグレッシブに主張してきます。

なので「鶏そば」というよりは「魚介鶏白湯」と表現した方がピッタリな感じ。塩も美味しいですが、個人的には醤油の方がより好みでした!

麺は同じく細ストレート麺でちょいパツな食感。黒い粒子が混ざっているので全粒粉入りかと思いますが、後半はスープに馴染んでややマッタリとした口当たりに変化♪

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。

栗林のじゃじゃ麺

栗林 岩手県盛岡市 じゃじゃ麺

じゃじゃ麺(中盛り) 600円
※普通味噌
※チータンタン無料

選べる味噌ダレは「普通味噌」をチョイスで、麺の上にネギ、キュウリ、肉味噌、紅生姜、おろし生姜がトッピングされたベーシックなビジュアルの一杯。

まずはガッツリ混ぜると旨みと甘みが渾然一体となった肉味噌の味がとても美味しくて、味変なしでもズバズバと食べれる引きの強さ♪

栗林 岩手県盛岡市 じゃじゃ麺 混ぜる

刻んだキュウリの水気やシャキシャキのネギの食感もバッチリはまっていて、おろし生姜の爽快な風味も実に心地よいです。

自分は今まで発症店と言われている「白龍」でしか食べていないので、じゃじゃ麺に対する経験値はかなり乏しいですが、元祖に負けず劣らずの逸品だと思います!

栗林 岩手県盛岡市 じゃじゃ麺の麺

麺は平打ちの極太ストレート麺でチョイ柔ムッチリな食感。うどんっぽい麺に肉味噌がガッツリ絡みます♪

栗林 岩手県盛岡市 じゃじゃ麺 具

具は肉味噌、ネギ、キュウリ、おろし生姜、紅生姜。

栗林 岩手県盛岡市 じゃじゃ麺 生卵 チータンタン

栗林 岩手県盛岡市 じゃじゃ麺 チータンタン

麺完食後に添え付けの生卵を割って投入して、チータンタンを堪能!

ごちそうさまでした🍜

栗林の店舗情報やアクセス

電話:019-639-6060
住所:岩手県盛岡市羽場13地割69-7
定休日:不定休
営業時間
11:30~15:00頃

席数:26席
カウンター×4
2名掛け小上がりテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×2
5名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:20台以上(店舗前の共有駐車場)

最寄りの交通機関など
岩手飯岡駅西口から3260m
バス停→中羽場から130m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>