初代麺屋とのさき@秋田県秋田市手形からみでん

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん 外観

この日は限定メニュー狙いで久しぶりに某店へ行くも、昼の部で売り切れで夜の部の営業はなし。自分一人なら別に何ともないが、総勢5名の人間を引き連れてやってないと流石に申し訳なくてダメージあるはな。そんな我々を救ってくれたのはこちら♪

昼の部の営業で、ここ3ヵ月の間に2度訪問するも駐車場満車で時間もなく、スルーせざるを得なかったので、3度目の正直でようやく訪問できました。18:00チョイ前に到着でタイミング良くカウンターに座れましたが、我々の後からも続々と来店して、あっという間に満席でした!

初代麺屋とのさきのローカルルールなど店の特徴

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん 営業時間 営業案内 定休日 営業時間 営業案内 限定メニュー

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん 駐車場案内

2015年10月1日に創業。

店舗情報はFacebookページで発信。

店舗前に8名掛けの待ち合い席あり。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

夜の部(17:00~20:00)限定で学生は大盛無料(学生証の提示又は学生服の着用が必要)

ほぼ毎日日替わりで限定メニューを提供。

まぜそば好きには嬉しい「白めし(小) 60円」があります。

雑誌が設置されてます。

荷物置きのカゴがあります。

白・黒・金の3種類のポイントカードがありポイントに応じてトッピングやラーメン無料などのサービスあり。金のプレミアムカードをゲットするとトッピング1品が永久に無料(チャーシューを除く)

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

初代麺屋とのさきのメニューなど

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん メニュー

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん メニュー

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん メニュー

前回記事(塩煮干し中華そば上&醤油煮干し中華そば上をシェア)はこちら
初代麺屋とのさき・訪問5回目

初代麺屋とのさきのこってりタンメン

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん こってりタンメン

限定・こってりタンメン 750円
※低加水中太ストレート麺

スープは鶏、豚などの動物系主体と思われる白湯ベースの塩味で、炒めた豚肉、各種野菜、シメジなどをスープと一緒に合わせて、ジックリと具材からも旨みを抽出した、人気の限定ラーメン。

まずは混ぜずにスープを飲むと、鶏、豚などのドッシリとした動物系の旨みが軸になったまろやかな白湯で、塩分は抑え気味な印象のダシ感優位な味のバランス。適度に油分も感じますが乳化していて、口当たりは滑らか♪

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん こってりタンメン スープ

メニュー名に「こってり」を冠してますがジャンク感はなく、如何にも身体に優しい味わいです。タップリの豚肉やシメジからも存分に旨みが抽出されていて、各種野菜のナチュラルな甘みが全体を上手くまとめているイメージ。

ガッツリ混ぜるとフライドオニオンの風味が加わり、スープに旨みの層を更に一枚重ねると同時に、粗挽きブラックペッパーのスパイシーさが加味されますが、全体をキュッと引き締める程度で、柔らかい味の表情は全く変わらず。シンプルで美味しいタンメンです!

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん こってりタンメン 中太ストレート麺

麺は中太ストレート麺で程よい歯応えがありモチ・コリな食感。選べる麺は低加水中太ストレート麺にしましたが、細縮れ麺との相性も気になります♪

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん こってりタンメン 具

具は豚肉、キャベツ、ニンジン、タマネギ、モヤシ、ニラ、シメジ、フライドオニオンなど。程よくクタッとしているので、見た目以上のボリュームもあります!

初代麺屋とのさき 秋田県秋田市手形からみでん こってりタンメン 味変 調味料

途中から添え付けのブラックペッパーを投入してビシッとスパイシーに味変♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

初代麺屋とのさきの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市手形からみでん4-27
定休日:水曜日(水曜が祝日の場合は営業して翌木曜休み)
※月1で木曜休みの場合あり。

営業時間
11:00~14:30(LO.14:15)
17:00~20:00(LO.19:50)
※日祝は昼営業(11:00~15:00)のみ

席数:16席
カウンター×7
3名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:7台(店舗前の道路を挟んで左斜め向かい)

最寄りの交通機関など
秋田駅西口から1860m
バス停→からみでんから40m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>