麺ハウス こもれ美@宮城県黒川郡大衡村

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 外観

史上初となるGW10連休中の食べ歩き。麺工房やびなにて塩soba&醤油sobaを店内連食からの〜岩手ラーメンフェスタ2019inめんこいテレビ特設会場からの〜ラーメンきく屋からの〜中華亭 分店からの〜麺屋 熊胆からの〜五福星からの〜横横家 仙台店国分町で3軒連続閉店シャッター長()で3日目は終了♪

4日目の実店舗8杯目は、3月2日にレギュラーメニューの「塩らーめん」「醤油らーめん」の仕様を大幅に変更したこちらへ。同時に器も佐賀県伊万里市の「陶窯 寛右エ門」の伊万里焼の6種類の丼に変わり、店としてもプチリニューアルなタイミングでの訪問になりました♪

麺ハウス こもれ美のローカルルールなど店の特徴

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 営業時間 営業案内 定休日

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 営業案内

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 駐車場案内

2015年9月29日に創業。

2010年4月30日に開業した宮城県富谷市の人気店・ヘルズキッチン(2017年9月10日に閉店)の2号店としてオープン。

店舗情報はブログ・Twitter・Instagramで発信。

店舗脇に屋根付きの15名掛け待ち合い席あり。

満席時は入口右側にある券売機で食券を購入してから待ち合いのベンチに並ぶ。

券売機に「中学生以上のお客さまはラーメン1杯の御注文をお願い致します」との案内書あり。

複数人で来店し、先に代表者が並んでから他の同行者が食券を購入し、後から合流する代表待ちは厳禁。

限定メニューの提供あり。

器は佐賀県伊万里市の「陶窯 寛右エ門」の伊万里焼の丼を6種類使用。

店舗裏手15m位にある飲み屋さんの駐車場は、飲み屋さんの営業が20:00からで、お店の方も準備で早めに来るので、食後は速やかに車を出庫する。

路上駐車、駐車場待ちの路上待機も厳禁。パトカーの巡回もあります。

テレビが設置されてます。

麺ハウス こもれ美のメニューなど

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 券売機 メニュー

前回記事(アルティメッ豚骨鰹&アルティメッ豚骨ディストピアをシェア)はこちら
麺ハウス こもれ美・訪問8回目

麺ハウス こもれ美の醤油らーめん

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 醤油らーめん

醤油らーめん 780円

スープは鶏、豚などの動物系+節、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、今年の3月2日からリニューアルしたレギュラースープに「丹波黒どり」を仕様した、グレードアップバージョン。

まず一口目で感じたのは、リニューアル前とはまるで違う優しい旨みのインパクトで、食べ進める程に口の中で膨らむような、ふくよかな鶏、豚のダシ感がベースになりつつ、醤油の風味が程よく効いたスッキリとした飲み口♪

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 醤油らーめん スープ

脇を固める昆布の旨みアシストも申し分なく、都度切りのバラ肉チャーシューからもジワジワと豚の旨味エキスがスープに溶け出してる印象で、具材の刻んだ生姜の風味が適度なアクセントとしてフワリと香ります。

肉出汁炸裂で中毒性すら感じさせた、以前の「醤油ラーメン」も大好きでしたが、頻繁に食べたくなるようなリニューアル後の「醤油らーめん」も堪らないですし、「麺ハウス こもれ美」という店名のイメージにはこちらがピッタリかも!

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 醤油らーめん 麺

麺は平打ちの太縮れ麺でツル・モチな食感。しっかりと茹で切った麺は手揉みしたようなピロピロ形状で、スープの絡みも良好です♪

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 醤油らーめん 具

具はチャーシュー、錦絲メンマ、ネギ、青ネギ、刻み生姜、ナルト。バラ肉チャーシューはトロトロで柔らかくフワッとした食感で激旨。コリコリの錦絲メンマもマイウー!

麺ハウス こもれ美の塩らーめん

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 塩らーめん

塩らーめん 780円

スープは同じく鶏、豚などの動物系+節、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの塩味で、今年の3月2日からリニューアルしたレギュラースープに「丹波黒どり」を仕様した、グレードアップバージョン。

塩もリニューアル前とまるで違う優しい美味しさで、こちらはふくよかな鶏、豚などの動物系のダシ感はありつつも、節、昆布などの魚介乾物系の旨みが前に出ている印象の「和」な味わい♪

塩味で出汁をダイレクトに感じる分、味のバランス的に醤油らーめんよりも和テイストがグッと前に出て来るイメージで、全体的なダシ感の厚みはこちらが一枚上手な感じがします。

塩分も抑え気味な身体にも優しい味造りで、適度に散らされた柚子皮の柑橘風味が爽快に香ります。醤油よりも更に変化の振り幅の大きい「塩らーめん」ですが、これこそ「麺ハウス こもれ美」の真骨頂かもしれませんね!

麺ハウス こもれ美 宮城県黒川郡大衡村 塩らーめん

麺は平打ちの太縮れ麺でツル・モチな食感。しっかりと茹で切った麺は同じく手揉みしたようなピロピロ形状ですが、醤油らーめんのものよりも少し太めな印象♪

具はチャーシュー、錦糸メンマ、ネギ、青ネギ、三つ葉、柚子。こちらには白ネギが多めに饗されたこだわりのトッピング!

こうなると「煮干そば」も気になりますし、未食の「坦々麺」も猛烈に食べたいです♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

麺ハウス こもれ美の店舗情報やアクセス

電話:022-344-9115
住所:宮城県黒川郡大衡村大衡字大柳31-1
定休日:月曜日ほか不定休

営業時間
平日 11:00~14:00、17:30~19:30
土日祝 10:30~14:00
※スープがなくなり次第終了

席数:12席
カウンター×6
2名掛けテーブル×3
駐車場:14台(店舗入口側に3台、店舗裏2台、店舗裏手15m位にある飲み屋さん→CAROL、エンジェルポケット、Riseの店舗前に9台)

最寄りの交通機関など
泉中央駅から15.9km
バス停→吉岡上町から1170m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>