支那そば 桂山@山梨県上野原市上野原

支那そば 桂山 山梨県上野原市上野原 外観

車で怒涛の4連休ラーメンツアー。金曜日の夜に仕事終わりで新潟まで車を走らせ1泊して、土曜日の朝一で北陸自動車道→長岡JCT→関越自動車道経由で山梨県入り。1軒目は上野原市の名店からスタート♪

11:30頃に到着と予定よりも少し遅めの到着でしたが、待ちなしですんなり着席出来ました。「店内での撮影ご遠慮ください」の注意書がありますが、事前に許可を得れば撮影可能と予習していたので、店主さんに一言声を掛けたらご快諾いただき、ラーメンと麺のみ撮影させてもらいました!

支那そば 桂山のローカルルールなど店の特徴

支那そば 桂山 山梨県上野原市上野原 看板 駐車場案内

支那そば 桂山 山梨県上野原市上野原 駐車場案内

1987年に神奈川県秦野市で創業。

店舗は神奈川県秦野市曽屋5865-1(1987年~2000年)から現店舗へ2004年に移転オープン。

店主さんは神奈川県小田原市の名店「支那そば むら田」出身で現店舗でもご当地・小田原系ラーメンを提供。

店舗前に3名掛けの待ち合い席あり。

カウンターの高台に「店内での撮影ご遠慮ください」の注意書あり(ただし事前に許可を得れば撮影可能)

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビが設置されてます。

席はカウンターのみ。

支那そば 桂山のメニューなど

【店内は注文したもの以外は撮影不可の為、文字で以下のように記載しました】

ラーメン 550円
ワンタンメン 750円
チャーシューメン 750円
チャーシューワンタンメン 950円

大盛 100円
特大 200円
辛味できます

支那そば 桂山のワンタンメン

支那そば 桂山 山梨県上野原市上野原 ラーメン ワンタンメン

ワンタンメン 750円

スープは豚骨などの動物系のみと思われる清湯ベースの醤油味で、表面にラードが層をなした一品。店主さんの出身店同様に、神奈川県ご当地である「小田原系ラーメン」と言われていて、今回は人気のワンタンメンをオーダー。

丁寧に抽出されたのが見て取れる程よい豚骨のダシ感を軸に、表面に層を成したラードが豚風味を後押しする実直な味造りの豚清湯で、そこに濃いめな醤油ダレを合わせていて後味はスッキリ♪

油分量が多めでオイリーな口当たりながら全く重さがなく、その香ばしい風味がアクセントとなって、何ともクセになる味わいです。シンプルな構成のスープですが、レンゲですくったラードの割合によって、味の変化も楽しめます。

自分は神奈川県ご当地である「小田原系ラーメン」は、静岡県熱海市の王ちゃんでしか食べてないので、経験値としては未食に近い訳ですが、醤油豚清湯のラーメンとして純粋に美味しい逸品だと思います!

麺は自家製の平打ち太縮れ麺でチョイ柔ムッチリな食感。縮れがランダムな独特な形状の麺は、密度が詰まったモチモチ感というよりは、太麺ながらフワッとしたエアリーさすら感じるイケ麺で無限に啜れそう♪

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ワンタン、モヤシ、海苔。チャーシューは塩気が効いて、対するメンマが甘めの辛甘コントラスト。餡が大きめなワンタンは味付けしっかりで、肉密度のあるシューマイのようなタイプで激旨!

支那そば 桂山 山梨県上野原市上野原 ラーメン ワンタンメン 自家製麺

麺は自家製の平打ち太縮れ麺でチョイ柔ムッチリな食感。縮れがランダムな独特な形状の麺は、密度が詰まったモチモチ感というよりは、太麺ながらフワッとしたエアリーさすら感じるイケ麺で無限に啜れそう♪

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ワンタン、モヤシ、海苔。チャーシューは塩気が効いて、対するメンマが甘めの辛甘コントラスト。餡が大きめなワンタンは味付けしっかりで、肉密度のあるシューマイのようなタイプで激旨!

麺完食後に添え付けの胡椒をパラリと投入してピリッとスパイシーに味変♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

支那そば 桂山の店舗情報やアクセス

電話:0554-62-1007
住所: 山梨県上野原市上野原2177-2
定休日:木曜日
営業時間
10:30~14:30

席数:9席
カウンター×9
駐車場:9台(店舗前に2台、店舗裏に3台、店舗を背に右斜め向かい側の小屋の砂利駐車場に4台)

最寄りの交通機関など
上野原駅から1000m
バス停→新田倉から280m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>