中華そばde小松@秋田県大仙市大曲丸の内

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 外観

この日はタイミングよく大曲でのランチタイム。こちらの店主さんはスパイスの使い方が実に巧妙なので、限定の「シンプルに辛〜い油そば」もメチャクチャ気になりましたが、「中華そばセット」の鶏むすびをミニカレー麻婆飯に変更出来るという、魅力的なワードに引き寄せられて塩中華そばでオーダーしてみました!

中華そばde小松のローカルルールなど店の特徴

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 営業時間 営業案内 定休日 メニュー

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 駐車場案内

2014年5月12日に創業。

店主さんは東京・池袋の人気店「麺や Hulu-lu」などで修行した経歴の持ち主で地元・大仙市で開業。

店舗情報はFacebookページ・Instagramで発信。

店内に入って右側にある券売機で食券を購入。

券売機にボタンがない「自家製肉ワンタン」「京都直送九条ネギ」など直接現金で購入するトッピングもあります(券売機上のホワイトボードに記載あり)

昼の部と夜の部でそれぞれ違う限定メニューを提供。

毎週日曜日は通常の限定メニュー以外のスポット的な限定麺を提供する場合があり、店主さんの修行先である池袋・麺屋Hulu-luの自家製麺使用&全品味玉付きなどのサービスもあり。

仕込みの水は「ACM πウォーター」を使用。

雑誌&テレビが設置されてます。

カウンターの高台左側に髪どめ用のヘアゴムあり。

荷物置きのカゴがあります。

中華そばde小松のメニューなど

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 メニュー

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 券売機 メニュー

前回記事(塩中華そば)はこちら
中華そばde小松・訪問28回目

中華そばde小松の塩中華そば&ミニカレー麻婆飯

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 塩中華そば 塩ラーメン ミニカレー麻婆飯

塩中華そば 680円
自家製肉ワンタン 100円
ミニカレー麻婆飯 120円

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 塩中華そば 塩ラーメン

塩中華そばのスープは様々な鶏素材から抽出した動物系主体+乾物系と思われる清湯ベースの塩味で、今回は自家製肉ワンタンをトッピングしたミニカレー麻婆飯のセットにみました。

ファーストインパクトで感じたのは明らかにボリュームを増した鶏のダシ感で、それに合わせる乾物系もしっかりと旨みを重ねた出汁の波状攻撃が秀逸。半年前に食べたはずなのに進化が止まりませんね♪

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 塩中華そば 塩ラーメン スープ

一杯ごとに投入する塩の匙加減も絶妙な塩梅で、程よく散らされたネギの香味アクセントもスープにベストマッチ。時折感じる柚子皮の清涼感も実に心地よいです。

もちろん辛さ狙いではないですが、僅かに加えた乾唐辛子の辛味がさり気なく味を引き締めていて、全体の味のバランスが素晴らしいです。自分の中ではこの塩中華そばが店のマストメニューですが、間違いなく秋田県屈指の塩スープだと思います!

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 塩中華そば 塩ラーメン 麺

麺は中細ウェーブ麺で程よい歯応えがありツル・プリな食感。プツンと歯切れがよくスープとの絡みも上々です♪

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 塩中華そば 塩ラーメン 具

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 塩中華そば 塩ラーメン 自家製肉ワンタン

具はチャーシュー、2種類のメンマ、ネギ、カイワレ、ナルト、柚子皮、乾唐辛子など。自家製肉ワンタンは肉の旨みがしっかりで、ネギとの相性もバッチリ!

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 ミニカレー麻婆飯

ミニカレー麻婆飯は挽き肉の旨みがしっかりと土台になりながらも、トマトの酸味やカレースパイス、唐辛子、山椒などの香辛料が巧妙に合わさった超絶ご飯がススム君♪

中華そばde小松 デコマツ 秋田県大仙市大曲丸の内 ミニカレー麻婆飯

刻んだタマネギなどの具材も適度な食感のアクセントになっていて、気がつけばあっという間に完食!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そばde小松の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県大仙市大曲丸の内2-4-3
定休日:不定休

営業時間
11:30~14:30
18:00~22:00
※日曜日は昼営業(11:30~14:30)のみ
※当面の間は上記営業時間に変更

席数:6席
カウンター×4
2名掛けテーブル×1
駐車場:5台(店舗の右斜め前のマンションの駐車場。角に沿ってL字の34番~38番)

最寄りの交通期間など
大曲駅から660m
バス停→丸の内から40m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>