中華そば 琴の(こんの)@山形県鶴岡市羽黒町黒瀬

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 外観

平日に休みがあったので限定メニューを求めて山形県鶴岡市へ。たまたま嫁も休みが被ったので、気になっていた2種類ともゲット出来る絶好のチャンスという訳です。昼の12:00チョイ過ぎに到着で外待ち10名ほどの行列でしたが、サクサクとオペレーションも良く、20分ほどで着席出来ました!

中華そば 琴ののローカルルールなど店の特徴

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 営業案内 注意書

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 営業案内 注意書

2015年6月25日に創業。

山形県鶴岡市三瀬のレジェンド店「中華そば処 琴平荘」で修行した店主さんが開業。

店舗情報はブログ・Twitter・Facebookページ・Instagramで発信。

開店前の混雑時のみ番号札を配付。店員さんが順番どおりに案内してくれます。

開店後は予約表などはないので満席時はそのまま行列に接続。

グループで並ぶ際には全員揃ってから並ぶ。後から合流は禁止の記載あり。

店内に3名掛け&店舗前に4名掛けの待ち合い席あり。

店舗前の自動販売機で購入したドリンクは店内に持ち込み可能。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

限定メニューの提供あり。

中華そば・塩中華そばのスープは「あっさり」か鶏と豚の香味油を入れた「こってり」から選択。

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の「中華そば 琴の」専用の特注麺&特殊な切り刃で「Y」のような形状に仕上げたWING麺などを使用。

麺量は並盛→200g。

替え玉の麺量は1玉→200g、半玉→100g。

連食者&お子様連れには嬉しい「中華そば 麺半分 500円」があります。

荷物置きのカゴやお子様用の食器などは入口側の給水器脇に用意されてます。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

キャッシュレス決済(PayPay・ALIPAY)可能。

中華そば 琴のメニューなど

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 メニュー

前回記事(稲庭冷がけ中華そば 胡麻つゆ)はこちら
中華そば 琴の・訪問15回目

中華そば 琴のキンメの塩そば

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛

キンメの塩そば 850円
皮ワンタン 100円

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛 スープ

スープは鶏、豚などの動物系+金目鯛などの魚介系と思われる清湯ベースの塩味で、8/25より提供を開始した数量限定メニュー。看板などには記載されていませんが、おそらく平日のみ提供と思われるます。

ファーストインパクトで口の中に広がるのは、この上なくギュッと濃縮された金目鯛の芳醇な旨みで、上品かつ分厚いダシ感ながら鮮魚特有のクセなどは皆無の極上な味わい♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛 スープ

レギュラーの鶏、豚などの動物系の下支えはあるかとは思いますが、あくまでもキンメの素材感が主軸となっていて、さり気なくトッピングされたピンクペッパーの特徴的なスパイシーさが全体を引き締める味の構成。

その濃厚な旨みに合わせて香味油も塩ダレもしっかり入れてますが、出汁との一体感が素晴らしく、時間の経過と共に美味しさが尻上がり的に増す味の組み立ても秀逸。これは正に脳が揺さぶられる美味しさで、今まで食べた中でも屈指の塩ラーメンでした!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛 佐藤養悦本舗 稲庭中華麺

麺は湯沢市・佐藤養悦本舗の平打ち中細ストレート麺でツル・シコな食感。ムッチリとした弾力としなやかさを兼ね備えたイケ麺で、スープとの相性ま申し分なし♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛 具

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛 皮ワンタン

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ワンタン、ピンクペッパー。初オーダーの皮ワンタンはチュル・フワな口当たりでマイウー。これは麺大盛りや替え玉の代わりに、ボリュームちょい増しのアイテムとしても重宝しそう!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 キンメの塩そば 金目鯛 完食

気がついたらあっという間にK&K♪

中華そば 琴のの山伏紅(AKAINO)3辛

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山伏紅 山伏レッド くれない AKAINO 3辛

山伏紅(AKAINO)3辛 750円
太麺に変更 50円

スープは鶏、豚などの動物系+魚介系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに唐辛子、山椒、黒胡麻等を合わせた通称・山伏レッドな裏限定メニュー。選べる辛さを3辛にすると、更にブラックペッパーがワサッと掛かる仕様になるようです。

しっかとした鶏、豚などの動物系のダシ感がありつつ、果敢に攻め込んでくるのは唐辛子の辛味や山椒の爽快な痺れで、合間を縫うように黒ゴマの香ばしい風味が鼻腔を刺激♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山伏紅 山伏レッド くれない AKAINO 3辛 スープ

合わせる醤油ダレもビシッと強めに入れていて、その塩味(えんみ)とブラックペッパーのスパイス感が得も言われぬ中毒性を発揮。これほど大量に香辛料を加えても、全くゴチャゴチャ感がないバランスも実に巧妙。

個人的には激辛ではないですが、この3辛の辛さレベルだとベースに野太いダシ感がなければ厳しいと思いますが、キッチリ成立させている所に匠の技を感じます。これもまた食べねば!

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山伏紅 山伏レッド くれない AKAINO 3辛 麺屋棣鄂 ていがく 太麺 WING麺

麺は+50円で太麺にしたので、京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)のWING麺に変更。特殊な切り刃で仕上げた「Y」のような形状をした麺はモチモチ・プルプルな食感で、羽根の部分はピロピロな独特な口当たり。辛痺スパイシーなスープも絡みまくりで最高ですね♪

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山伏紅 山伏レッド くれない AKAINO 3辛 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、黒ゴマなど。

中華そば 琴の こんの 山形県鶴岡市羽黒町黒瀬 山伏紅 山伏レッド くれない AKAINO 3辛 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子を投入して更に辛めに味変。キンメの塩そばには白めしを合わせて出汁茶漬けにしたら間違いないでしょうね。山伏紅(AKAINO)3辛はニグめしオーダーでスープを掛けて、「ニグめしレッド」にしてリピートしたい!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そば 琴のの店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:山形県鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
※ほか休業日は各SNSにて確認出来ます

営業時間
11:00〜14:00
※当面の間は上記営業時間に変更

席数:20席
カウンター×5
3名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:8台位(店舗前)

最寄りの交通機関など
鶴岡駅から6080m
バス停→西黒瀬から90m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>