津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー@岩手県久慈市中央

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 外観

フラッと久慈方面へ遠征。この日は開店3周年を迎えて3日間の記念イベント中で、レギュラメニューの「津軽煮干中華」「鶏そば」「鰹中華」がどれもワンコインで提供という大サービス中でしたが、どうしても食べたかった濁り煮干しソバをオーダーしました!

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギーのローカルルールなど店の特徴

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 営業時間 営業案内

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 駐車場案内

2017年11月28日に創業。

青森市の人気店「情熱ビリー」のプロデュース店。

久慈では稀少な朝ラー提供店(朝専用メニューで営業)

店舗情報はホームページ・ブログ・Twitter・Facebookページ・Instagramで発信。

店内に4名掛け&店舗前に6名掛けの待ち合い席あり。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

店内に入って右側にある券売機で食券を購入。

大人が1杯を2人で食べるシェアは禁止(1人1杯の注文が必須)

学生は麺大盛or味玉が無料(ただし学生証の提示、学生のみでの来店、クーポンとの併用は不可などの必須条件あり)

小学生までオーダー可能な「お子様ラーメン 500円」があります。

麺量は170gと少し多めな設定。

券売機の脇に荷物置きのカゴあり。

仕込みの水は「ACM πウォーター」を使用。

子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。

キャッシュレス決済(PayPay)可能。

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギーのメニューなど

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 券売機 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 メニュー

前回記事(鰹中華&鶏そば塩&煮干香るじぇじぇ麺をシェア)はこちら
津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー・訪問2回目

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギーの濁り煮干しソバ

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 濁り煮干しソバ

濁り煮干しソバ 830円

スープは鶏ガラ、手羽先などの動物系+煮干しなどの魚介系と思われる醤油味で、セメントカラーのビジュアルどおり濃厚タイプの津軽煮干しラーメン。

程よい鶏ガラ、手羽先などの動物系のダシ感が土台になりながらも味として前面に出ているのは大量の素材を長時間煮込んだであろう煮干しの旨みで、口の中は一口目から溢れんばかりのニボニボ感が炸裂♪

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 濁り煮干しソバ スープ

かと言ってエグミや雑味などのネガティヴ要素は皆無な仕上がりで、甘さの中にほんのりと感じる酸味で後味はスッキリ。合わせる醤油ダレもキッチリと過不足なく調和しています。

後半になっても微動だにしないバランスの良さも素晴らしく、本場青森の濃厚煮干しラーメンの人気店と比べても全く遜色ない仕上がり。これは個人的にかなりお勧めです!

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 濁り煮干しソバ あすリード本舗 麺

麺は地元久慈のあすリード本舗と共同開発した中細ストレート麺で、程よいコシがありツル・プリな食感。セメントカラーなスープの中で色白な麺が際立ちます♪

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 濁り煮干しソバ 具

具は2種類のチャーシュー、メンマ、ネギ、ホウレン草、ナルト。豚&鶏チャーシューもマイウーで具材もスキなし!

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー 岩手県久慈市中央 濁り煮干しソバ 3周年記念バッチ

3周年記念のバッチもゲットしました。鶏そば(醤油)が未食なのでまた行かねば♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

津軽煮干中華蕎麦 サムライブギーの店舗情報やアクセス

電話:0194-66-9350
住所:岩手県久慈市中央3-13
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

営業時間
6:30~15:00(LO.15:00)
17:00~20:00(LO.20:00)

席数:16席
カウンター×8
4名掛けテーブル×2

駐車場:9台(店舗に向かって左側に5台、店舗前の道路を挟んで向かい側の小路を入って60mほど先の右側に4台)

最寄りの交通期間など
久慈駅西口から150m
バス停→久慈駅前から100m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>