Noodleshop arakawa(ヌードルショップ アラカワ@宮城県岩沼市中央

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 外観

とあるミッション遂行の食べ歩き。1軒目は宮城県岩沼市にあるこちらへ。実は1ヶ月ほど前に夜の部で訪問する予定でしたが、その日は昼で売り切れてしまい食べれませんでした。昼12:00チョイ前に到着で店内は満席の外待ち5名ほどでしたが、タイミング良く一気に席が空いたので、10分ほどで着席出来ました♪

メニューは鴨だし味噌らーめん、鴨だし辛味噌らーめん、鴨だし塩らーめん、鴨だし醤油らーめん、鴨油そば+トッピングもの+サイドメニューというラインナップ。今回は目的だった「鴨だし味噌らーめん」をオーダーしてみました!

Noodleshop arakawaのローカルルールなど店の特徴

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 駐車場案内 ファミリーマート

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 営業案内

2017年10月24日に創業。

「麺組」の跡地にオープン。

店主さんは宮城県名取市に人気店「中華そば いぶし」で修行した経歴の持ち主。

店舗情報はホームページ・Twitter・Instagramで発信。

満席時は店舗前にある表に名前と人数を記入して呼び出されるシステムで車のナンバーを記入すると車内待ちが可能。

店頭にある券売機で食券を購入(満席時は店内の記名表を記入して先に食券を購入)

限定メニューの提供あり。

荷物置きのカゴあり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

支払いは現金のみ対応。

Noodleshop arakawaのメニューなど

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 券売機 メニュー

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 メニュー

Noodleshop arakawaの鴨だし味噌らーめん

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 鴨だし味噌らーめん 味噌ラーメン

鴨だし味噌らーめん 880円

スープは宮城県角田産の野田鴨などの動物系+乾物系+香味野菜と思われる味噌ベースで、そこに各種具材と自家製麺を合わせた一品。選べる麺の太さは太麺をチョイスしました。

しっかりとした野田鴨のダシ感がありつつ、乾物系で旨みを重ねている印象のシンプルな味の構成で、サラリと浮いた香味油で鴨の風味を更に重ねているイメージ♪

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 鴨だし味噌らーめん 味噌ラーメン スープ

香味野菜もふわりと感じる味噌ラーメンらしい味の設計で、ふくよかな鴨出汁と甘みを帯びた味噌ダレとのバランス感覚が何とも秀逸です。ネギのアクセントとモヤシのシャキッとした食感もいい感じです。

鴨ベースという事もあってか一般的な味噌ラーメンに比べるとやや上品な感じで、インパクトのあるタイプではないですが、食べ進めるほどに引き込まれていく加速度的な引きの強さも素晴らしいです!

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 鴨だし味噌らーめん 味噌ラーメン 自家製麺

麺は自家製の太縮れ麺でコシがありモチモチ・ブリブリな食感。ところどころグリンと強めに縮れていて力強い歯応えです♪

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 鴨だし味噌らーめん 味噌ラーメン 具

具は刻みチャーシュー、ネギ、モヤシ、糸唐辛子。炙った刻みチャーシューはホロッと柔らかくマイウー!

Noodleshop arakawa ヌードルショップアラカワ 宮城県岩沼市中央 鴨だし味噌らーめん 味噌ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子をパラリと投入してピリ辛に味変♪

ここは鴨だし塩らーめん、鴨だし醤油らーめんも気になるので再訪せねば!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

Noodleshop arakawaの店舗情報やアクセス

電話:0223-23-0203
住所:宮城県岩沼市中央4-12-15
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)

営業時間
11:00〜15:00
17:30〜20:00
※スープがなくなり次第終了
※訪問時は上記時間で営業

席数:18席
カウンター×6
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:15台(店舗前に10台、店舗裏に5台)+隣りのファミリーマートの店側にも駐車可能

最寄りの交通機関など
岩沼駅東口から1260m
バス停→相の原団地入口から70m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>