中華そば 文四郎 つがる柏店@青森県つがる市柏稲盛

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 外観

セルフミッションseason2な津軽食べ歩き。ラーメンショップ平川店からの〜舞子食堂からの〜3軒目は旧柏村へ。実はまたまた臨休を食らいましたが、食べたかった「文四郎 つがる柏店」チェックしていたので問題なしです♪

メニューは中華そば、鶏ガラ中華、あっさり濃厚、濃厚煮干し、辛味噌中華、冷やし中華、中華ざるなどのラーメン類にミニ丼、チャーハン、おにぎり、餃子などのサイドメニュー+トッピングものというラインナップ。今回は半中華と半チャーハンをオーダーしてみました!

中華そば 文四郎 つがる柏店のローカルルールなど店の特徴

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 ど冷えもん 冷凍ラーメン 自動販売機

2017年8月10日に創業。

青森県弘前市にある「中華そば 文四郎」の2号店。

通常メニューで7:00から営業の朝ラー店。

店舗情報はホームページ・Facebookページで発信。

店内に4名掛け&店舗前に2名掛けの待ち合い席あり。

満席時は店内にある表に名前と人数を記入して呼び出されるシステム。

店内に入って正面にある券売機で食券を購入。

限定メニューの提供あり。

連食者&お子様連れには嬉しい各種半サイズがあります。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

キャッシュレス決済(PayPay ・d払い・ au Pay・merpay)可能。

中華そば 文四郎 つがる柏店のメニューなど

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 メニュー

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 メニュー

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 券売機 メニュー

中華そば 文四郎 つがる柏店の半中華&半炒飯

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半中華 半炒飯

半中華 450円
半炒飯 350円

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半中華 津軽煮干しラーメン

半中華のスープは煮干し、昆布などの魚介乾物系主体と思われる清湯ベースの醤油味で、食べ歩きの連食には嬉しいハーフサイズの中華そば。半炒飯には紅生姜がセットになってました。

あっさりな動物系の下支えはあるかもしれませんが、味として前面に出ているのはしっかりと主張する煮干しのダシ感で、昆布などの乾物系が脇を固める津軽らしい味の設計♪

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半中華 津軽煮干しラーメン スープ

合わせる醤油ダレは煮干しの風味にソッと寄り添うようなスッキリとした飲み口で、油分量は少なめなあっさり仕立てです。それ故に着丼すると湯気がもくもくと立ち込めます。

メニューには「濃厚煮干し」「あっさり濃厚」など、中華そばよりも濃いめと思しき煮干しメニューもありましたが、それよりライトな設定と思われるノーマルの中華そばも十分煮干しテイストでした!

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半中華 津軽煮干しラーメン 自家製麺

麺は自家製の中細縮れ麺で程よい歯応えがありツル・プリな食感。北海道産小麦を使用した小麦十割麺とのことです♪

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半中華 津軽煮干しラーメン 具

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半中華 津軽煮干しラーメン 麩

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、麩、ナルト。麩はもちろんスープをたっぷりと吸わせて最後にチュルンと頂きました!

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半炒飯 海老チャーハン

半炒飯は海老が二尾トッピングされた海老チャーハンで、水分をあまり飛ばさないタイプにしっとりとした仕上がり。スープの出汁もキッチリと入っていて、味付けは割としっかり目な塩梅♪

中華そば 文四郎 つがる柏店 青森県つがる市柏稲盛 旧柏村 半炒飯 海老チャーハン

プリッとした海老もいい感じですが、ワイルドに切られたネギやチャーシューも存在感があり、具沢山なのが嬉しい食べ応えのある炒飯。これはオーダー必須な一品です!

旨い!(b^ー°)

中華そば 文四郎 つがる柏店の店舗情報やアクセス

電話:0173-26-7964
住所:青森県つがる市柏稲盛幾世174-1
定休日:無休

営業時間
7:00~15:00
※売り切れ次第終了

席数:28席
カウンター×4
4名掛けテーブル×4
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:50台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
五所川原駅から2470m
バス停→柏温泉前から140m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>