一球@秋田市手形

一球 外観 行列

一球 営業時間 営業案内 定休日

一球 四周年記念 イベント案内

一球のローカルルールなど店の特徴

「竹本商店」の3号店「中華そば醤」の店長として働いていた方が2013年11月に独立。その後、2014年1月9日に「一球」としてリニューアルオープン。

学生街にある行列必至な人気店で、店内に入って右側の椅子に2名+立ちで1~2名は中待ちできますが、後は外待ちとなります。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。大体は待っている間に店員さんが食券を取りに来ます。

外看板にある「えびの油そば」と「煮干の油そば 白」は、食べたいサイズの「油そば」の食券を購入した上で、それとは別に「油そば専用えび 60円」or「油そば専用煮干 白 60円」を購入してオーダーするスタイルになります。

「油そば」と「油そば専用煮干 白」を購入して、店員さんに食券を渡すときに、「黒で」と伝えると裏メニューの「煮干の油そば 黒」をオーダー出来ます(誰でもオーダー可能)

油そばのオーダー率が5割を超える秋田でも稀有な店です。

油そば専用の追い飯は無料なので、必要な場合は券売機の右上から三番目の青く光っているボタンを押して食券を取得し、一緒に店員さんに渡す。

一球のメニューなど

一球 券売機 メニュー

10:30に訪問で12名待ち。オープン時には30名くらいの大行列になってました。目的はもちろん年に一度だけ光る限定ボタンの超濃厚豚骨鶏白湯で、今回で四代目となりました。

行列に並んでいると後ろから声を掛けられたので、振り向いてみると良く遭遇するM氏でした。本当にコンスタントに合います(笑)

一球の超濃厚豚骨鶏白湯・四代目煮干そば「極」改

一球 超濃厚豚骨鶏白湯 四代目煮干そば「極」改

限定・四代目煮干そば「極」改 850円
味玉 100円

前回記事(昭和の中華そば)はこちら
一球・訪問33回目

スープは豚骨、鶏などの動物系に煮干しをガツンと効かせた、濃厚白湯バージョンの煮干そば「極」の四代目。

大量の動物系素材を炊き込んだのが見て取れる白湯は、超濃厚にしてリッチな旨みがあり、それに負けないように煮干しのインパクトもドカンと主張♪

一球 超濃厚豚骨鶏白湯 四代目煮干そば「極」改 スープ

煮干しはレギュラーの「極」にも使われている煮干しダレ&煮干し粉の合わせ技だと思いますが、「エグミを抑える」というのとは真逆なフルスロットルなド煮干しスープといった感じ。

しかしながら、旨み炸裂な動物系が煮干しのエグミをキッチリ抑え込んでいて、高位置でバランスが取れているのが素晴らしいです。フルボディーなド煮干し豚骨ながら、完飲必至の極上な味わい!

一球 超濃厚豚骨鶏白湯 四代目煮干そば「極」改 麺

麺は長野・志賀麺業の中細ストレート麺でコシが強くガッシリとしたバキバキな食感。昨年よりも少し太めに調整された麺は、パツパツというよりはバッキバキ。スープに合わせてインパクトのある麺に変えてきました♪

一球 超濃厚豚骨鶏白湯 四代目煮干そば「極」改 具

一球 超濃厚豚骨鶏白湯 四代目煮干そば「極」改 麩

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、味玉、ナルト、麩、海苔。チャーシューは肉厚で食べ応えがあり、濃厚スープを吸いまくった麩が堪りません!

一球 超濃厚豚骨鶏白湯 四代目煮干そば「極」改 完食

麺を完食するとセルフでほぼK&Kなドロドロ感。来年はついに箸が立つ濃度だろうか(笑)

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

一球の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市手形山崎町11-37
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)
営業時間
11:00~15:00
18:00~21:00

席数:12席
カウンター×8
4名掛けテーブル×1
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
秋田駅から1240m
バス停→若葉町から5m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>