自家製麺 麺や二代目 夜来香(イエライシャン)@秋田県秋田市下新城中野

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 外観

この日は珍しく休日に秋田市内にいたので久しぶりにこちらへ。10:30に到着で待ちなく入店という抜群のタイミングの良さで訪問出来ました。今回は塩らーめん&スーラータンメン&ルーロー飯風をオーダーです!

二代目 夜来香のローカルルールなど店の特徴

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 ど冷えもん 冷凍ラーメン 自動販売機

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 営業時間 営業案内 定休日

2016年7月15日に創業。

2015年5月に惜しまれながらも閉店した、宮城県仙台市の老舗中華料理店・夜来香で修業を積んだ店主さんが「二代目」を冠して地元秋田市で開業。

店舗は秋田県秋田市飯島道東2-14-15 小野ビル1F(2016年7月15日~2019年9月17日)から現店舗へ2019年10月8日に移転オープン。

日曜・祝日は通常メニューで9:30から営業の朝ラー店。

店舗情報はFacebookページ・Instagramで発信。

待合ボードが用意されたら名前と電話番号を記入し車内or店内・店舗前待ち合い席に待機して、開店したら順番に電話をくれるシステム。

開店後に満席の場合は店内にある予約台帳に名前と電話番号を記入し、同じく車内or店内・店舗前待ち合い席に待機して席が空いたら電話をくれます。

電話で呼ばれてから5分以内に来店がない場合はキャンセル扱いなので再度名前を記入する必要あり。

電話番号の書き間違いや読みにくい字、携帯電話の設定等で電話が繋がらない場合は次の方が優先されます。

店舗前に4名掛け&店内に6名掛けの待ち合い席あり。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

メニュー豊富な上に日替わりで限定メニューも提供。

二枚看板メニューの一つであるスーラータンメンの辛さは、小辛→中辛→大辛→紅から選択(大辛と紅は+50円)

スーラータンメン・中華そば・ラーメン類などの汁ありメニューの麺量は並盛り→170g、大盛り→255g。

汁なしメニューの麺量は並盛り→190gでスーラーまぜそば&汁なし担々麺系統は麺大盛り不可(台湾まぜそば・辛い台湾まぜそばは大盛り可能)

まぜそば等の汁なし系は追い飯無料(カレー粉ありの追い飯にも変更可能)

ピリ辛で香辛料を効かせた味つき替え玉「半玉(85g) 150円」「1玉(170g) 250円」を提供(ふつうの替え玉は提供してません)

麺とスープのみで味を甘めに調整&麺量が半分の「お子様ラーメン 150円」があり、「お子様用メンマ50円」「お子様用チャーシュー 50円」のトッピングも可能。

2才くらいまでのお子様限定で半ライスorライスを購入すれば無料でふりかけ付き。

テレビが設置されてます。

荷物置きのカゴ&紙エプロンが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

二代目 夜来香のメニューなど

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 メニュー

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 メニュー

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 券売機 メニュー

前回記事(肉そば+汁あり担担麺)はこちら
自家製麺 麺や二代目 夜来香・訪問59回目

二代目 夜来香の塩らーめん

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 塩らーめん 塩ラーメン

塩らーめん 700円

スープは豚などの動物系+アジ煮干しなどの魚介系+昆布、椎茸などの乾物系と思われる清湯ベースの塩味で、今年の4月より提供を開始した比較的新しいレギュラーメニュー。今回は「あっさり」にしてみました。

しっかりとした肉由来と思しき豚のダシ感がありつつ、キレのある煮干しの風味も感じるクリアな淡麗スープで、昆布や椎茸などの乾物系が旨みを更に底上げする盤石な味造り♪

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 塩らーめん 塩ラーメン スープ

油分量はサラリとしたあっさり仕立てで、合わせる塩ダレは旨みの分厚さに合わせてキリッと効かせてますが、全く塩角を感じさせないバランスの良さも秀逸。

後半は一段と乾物系の旨みが顔を覗かせて、尻上がり的に出汁の素材感が押し寄せる味の設計もお見事。塩ラーメンはあっさり好きですが、鶏豚メインな「こってり」も気になるので早急に食べねば!

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 塩らーめん 塩ラーメン 自家製麺

麺は自家製の中細ストレート麺で程よい歯応えがありスル・プツな食感。歯切れ良く軽快に啜れる麺で、後半はスープに馴染んでしなやかな口当たりに変化♪

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 塩らーめん 塩ラーメン 具

具は2種類のチャーシュー、メンマ、ネギ。もも肉チャーシュー&バラ肉ロールチャーシューも大ぶりかつマイウーで満足度ハンパないです!

二代目 夜来香のスーラータンメン(紅)

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 スーラータンメン 酸辣湯麺 紅

スーラータンメン(紅) 850円

スープは比内地鶏などの動物系主体+10種類以上の香辛粉を使った自家製ラー油が決め手となった店の看板メニューで、選べる辛さは紅(くれない)を選択。同メニューを前回食べたのは移転前のようなので約5年半ぶりの実食です。

しっかりとした比内地鶏などの動物系のダシ感がありつつも、ファーストインパクトで口の中に飛び込んで来るのは自家製ラー油由来の「麻」と「辣」で、そこに酢の酸味も切り込む何ともクセになる味わい♪

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 スーラータンメン 酸辣湯麺 紅 スープ

「紅」にした辛さは、前回食べた移転前のものと比べると抑え気味な印象で、それ故に土台となるスープの旨みをキッチリと堪能出来る仕上がり。酸味×辛味×痺れが渾然一体となっていて中毒性炸裂です。

具材の豚肉の旨みも餡掛けスープに馴染んでいて、トロ・フワな豆腐やタケノコのコリコリ食感も堪らないアクセントに。久しぶりに食べましたがやっぱりメチャクチャ美味いです!

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 スーラータンメン 酸辣湯麺 紅 自家製麺

麺は自家製の中細ストレート麺で程よい歯応えがありスル・プツな食感。トロトロな餡掛けスープの絡みは上々です♪

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 スーラータンメン 酸辣湯麺 紅 具

具は豚肉、豆腐、タケノコ、ピーマンなど。今回は販売されてませんでしたが、可能ならパクチーをトッピングは必須です!

二代目 夜来香のルーロー飯風

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 ルーロー飯風

ルーロー飯風 250円

自家製麺 麺や二代目 夜来香 イエライシャン 秋田県秋田市下新城中野 ルーロー飯風

これまたかなり久しぶりに食べましたが、肉そのものの旨みに加えて、八角がふわりと香る味付けも絶妙なコクのある仕上がり。これが250円で食べれるのは嬉しいですね〜♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

自家製麺 麺や二代目 夜来香の店舗情報やアクセス

電話:080-1664-9205
住所:秋田県秋田市下新城中野字街道端西92-9
定休日:水曜日(月2〜3回不定休あり)
※水曜が祝日の場合は営業
※他休業日はFacebookページInstagramをご確認ください。

営業時間
平 日 10:30〜14:00
木曜日 10:30〜14:00、17:30〜20:30(LO.20:00)
金曜日 10:30〜13:00、17:30〜21:30(LO.21:00)→夜営業は要予約のコース料理のみ提供
土曜日 10:15〜14:30
日・祝 9:30〜14:30

カウンター×8
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:21台(店舗敷地内に10台、店舗前の国道7号線を挟んで向かい側の第2駐車場に11台)
※第2駐車場裏側にある「ふくふく整骨院」に日祝のみ3台駐車可能(ただし4台のうち入口に向かって1番左側の1台分は駐車不可)

二代目 夜来香のレギュラーメニューの最新記事など

スーラータンメン(紅)

スーラータンメン(大辛)

スーラータンメン(中辛)

スパイシーニンニクスーラータンメン(醤油)

煮干しと豚の中華そば

昆布とカツオの中華そば

肉そば

醤油ラーメン

黒醤油ラーメン

味噌ラーメン

辛い味噌ラーメン

辛痺味噌スーラータンメン

担担麺

マイルド汁なし担担麺

スパイシー汁なし担担麺

四川風汁なし担担麺

台湾まぜそば

夜来香式”辛”台湾まぜそば

スーラーまぜそば

トマトスーラーまぜそば

限定→アゴ出汁中華ソバ

以前あったレギュラーメニュー

スーラータンメン(エンドレス10倍)

スーラータンメン(エンドレス)

肉出汁中華そば(あっさり)

肉出汁中華そば(こってり)

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>