麺屋いばらき@山形県天童市北目

麺屋いばらき 山形県天童市北目 外観

この日は目的のメニューを求めて山形県天童市へ。前回が2014年10月なので5年チョイぶりの再訪です。その時は山形のカリスマブロガー・わたふらい氏にアテンドしてもらっての訪問でした!

ここが店舗営業を開始した直後でメチャクチャ行きたくなり、確か突然行く事になったはずですが、急なお願いにも快く対応してくれたのを鮮明に覚えてます。次に会うのは4年越しのあのイベントだろうか(冷五輪爆)

麺屋いばらきのローカルルールなど店の特徴

麺屋いばらき 山形県天童市北目 営業時間 営業案内 定休日

2008年にケータリングカーで移動販売のラーメン店として創業(天童市・東根市・寒河江市などのパチンコ店やイベントで出店)

店舗は移動販売(2008年〜2014年8月31日) を経て2014年10月14日に現店舗にて営業開始。

店主さんの実家は山形県西村山郡河北町谷地にある冷たいおろし中華の元祖と言われている「いばらき」で考案者の親父さん直伝のおろし中華を自身の店でも提供。

「らーめん亭 愛ちゃん」の跡地にオープン。

店舗情報はFacebookページで発信。

店内に5名掛けの待ち合い席あり。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

つけめん以外は細麺と太麺から選択可能。

限定メニューの提供あり。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

麺屋いばらきのメニューなど

麺屋いばらき 山形県天童市北目 5周年 営業案内

麺屋いばらき 山形県天童市北目 メニュー

麺屋いばらき 山形県天童市北目 券売機 メニュー

前回記事(煮干しのまぜそば&こってりらぁめん&酸辣坦々麺をシェア)はこちら
麺屋いばらき・訪問1回目

麺屋いばらきのおろし中華(温)

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温

おろし中華(温) 700円

スープは鶏などの動物系主体+煮干しなどの魚介系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこにタップリの大根おろしをトッピングした、元祖である親父さん直伝のおろし中華の温かいバージョン。

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 スープ

まずは混ぜずにそのまま飲むと、複数の鶏素材ミックスと思われるしっかりとした鶏出汁に、煮干しなどの魚介系フワリな感じの醤油スープで、大根おろしアリキで甘めに仕上げながらも後味はスッキリ♪

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 スープ

大根は辛味のない部分を使っているのか、もしくはあまり辛くならないように一手間を加えているのかは不明ですが、適度な辛さなのでコク甘なスープとの相性が素晴らしく、鶏出汁も相まった甘辛コントラストが何ともクセになります。

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 スープ

後半は鶏出汁の旨みと大根の香味が渾然一体となったおろしスープになり、中毒性すら感じる妙味でレンゲが止まらず。これは冷たいバージョンも食べたいですし、河北町にある親父さんの「いばらき」の元祖のおろし中華も食べねば!

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 麺

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 麺

麺は中太縮れ麺で程よいコシがありプリ・モチな食感。大根おろしをタップリ絡めて食べると堪りません♪

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 具

具は親鶏肉、ネギ、モヤシ、カイワレ、大根おろし、海苔。親鶏肉は適度な歯応えがあり、噛めば噛むほど旨みがジンワリ!

麺屋いばらき 山形県天童市北目 おろし中華 温 味変 調味料

麺完食後に添え付けの一味唐辛子をパラリと投入してピリ辛に味変。このスープはピリ辛にしてもマイウー♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

麺屋いばらきの店舗情報やアクセス

電話:090-8922-5849
住所:山形県天童市北目3-8-3
定休日:木曜日

営業時間
平日 11:00~14:00、18:00~20:00
土日 11:00〜20:00
※水曜は昼営業(11:00~14:00)のみ
※スープ売り切れ次第終了

席数:33席
カウンター×9
4名掛けテーブル×3
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:12台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
天童南駅から1560m
天童駅から2030m
バス停→上北目公民館口から70m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>