一球@秋田県秋田市手形

一球 秋田県秋田市手形 外観

この日は汁なしラーメン気分だったので導かれるようにこちらへ。少し前に提供していた六代目煮干そば「極」改~超濃厚豚骨鶏白湯は、栃木遠征と思いっきり日程が被ってしまったので、毎年欠かさずに食べていたのに、ついに周年の限定を逃してしまいました(泣)

一球 秋田県秋田市手形 六周年特別企画 看板

店頭にまだ掲げられていたイベントの看板が涙でかすんで見れない(泣)

一球のローカルルールなど店の特徴

一球 秋田県秋田市手形 営業時間 営業案内

一球 秋田県秋田市手形 暖簾

2014年1月9日に創業。

「竹本商店」の3号店「中華そば醤」の店長として働いていた方が2013年11月に独立。

2014年1月9日に「一球」としてリニューアルオープン。

学生街にある行列必至の人気店。

店舗情報はTwitterで発信。

店内に2名掛けの待ち合い席+店内に2~3名は立ち待ち可能。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

外看板にある「えびの油そば」と「煮干の油そば 白」は、食べたいサイズの「油そば」の食券を購入した上で、それとは別に「油そば専用えび 80円」or「油そば専用煮干 白 80円」を購入してオーダーするスタイルになります。

「油そば」と「油そば専用煮干 白」を購入して、店員さんに食券を渡すときに、「黒で」と伝えると裏メニューの「煮干の油そば 黒」をオーダー出来ます(誰でもオーダー可能)

食券は中待ちの最中に店員さんが回収するか、もしくは着席してから回収。その際に油そばはニンニクの有無などを聞かれます。

油そば専用の追い飯は無料なので、必要な場合は券売機の右上から三番目の青く光っているボタンを押して食券を取得し、一緒に店員さんに渡す。

毎年創業日の1月9日に絡めて期間限定メニューの提供あり。

一球のメニューなど

一球 秋田県秋田市手形 券売機 メニュー

前回記事(油そば 中)はこちら
一球・訪問37回目

一球の海老の油そば(中)

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば

油そば(中) 770円
油そば専用海老 80円
味玉 100円

油ダレは塩ベースのタレに香味油を合わせて、そこに海老の風味を加えて各種具材をトッピングした油そばの海老バージョン。雪平鍋で加熱しながら油ダレと麺を混ぜるので、熱々で提供される上に味の馴染み具合が素晴らしいです。

まずは具材を混ぜずに麺を引っ張り出して食べると、旨みタップリの塩ダレに芳香な海老の風味が合わさったシンプルな味わいで、そのままでもズバズバと箸が進む惹きのある美味しさ♪

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば 混ぜる

途中からガッツリ混ぜれば刻みチャーシューの肉の旨みにネギの香味、コリ・サクな角切りメンマの食感が食欲を加速させる味加減に更にシフトチェンジ。千切って細かくした海苔の磯風味も心地よいアクセントに。

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば 卵黄

最後はレンゲに寄せておいた卵黄を加えれば、コクがグッと増した海老アブラボナーラが完成。今回は食べませんでしたが、具材を残し気味にして無料の追い飯投入は間違いないので、腹に余裕があればお勧めです!

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば 志賀麺業

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば 志賀麺業

麺は長野・志賀麺業の太縮れ麺で程よいコシがありプリプリ・モチモチな食感。卵黄パワーで具材が麺にしっかり絡みます♪

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば 具

具は刻みチャーシュー、メンマ、ネギ、味玉、卵黄、海苔。フワ柔な刻みチャーシューが相変わらずマイウー!

一球 秋田県秋田市手形 海老の油そば 味変 調味料

途中から添え付けのブラックペッパーを投入してビシッとスパイシーに味変。卵黄のコクと黒胡椒が相まって、更にアブラボナーラ感が増しますね。更にラー油を加えて辛めにしてフィニッシュ♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

一球の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県秋田市手形山崎町11-37
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業して翌火曜休み)

営業時間
11:00~15:00
18:00~21:00
※売り切れ次第終了

席数:11席
カウンター×8
3名掛けテーブル×1
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
秋田駅から1250m
バス停→若葉町から5m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>