中国料理 盛(さかり)@秋田県秋田市八橋

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 外観

この日はとある店の限定メニューを食べる予定でしたが、突発的な盛へのお誘いを受けてあっという間に手のひら返し。しかしながらド昼時に訪問だったので、とりあえず店の前を通過してから決めようとなりました♪

昼12:10頃に到着で外待ち10名くらいと、想定内の並びだったので迷わず行列に接続しました。今回の自分の目的は未食の陳麻婆豆腐掛御飯で、嫁はレバニラ定食と決まっていたので、麺も一品頼もうとなりこれまた未食の五目麺にしてみました!

中国料理 盛のローカルルールなど店の特徴

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 営業時間 営業案内 定休日

1983年に創業。

店主さんは東京の目黒雅叙園や山王飯店などの有名処で上海料理の修行をした経歴の持ち主。

1975年3月から1年間、リビアのカダフィ大佐の所で料理長を務め、その後地元秋田で開業。

メニューが全て1000円以上と高めの価格設定ながら行列必至の人気店。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

日曜日、祝日、水曜日が定休日で昼3時間のみ営業なのでハードル高め。

テーブルは状況に応じて相席を求められ座る場所も指定されます。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

限定メニューの提供あり。

定食をオーダーするとご飯のおかわりは無料(ただし3杯目からは有料)

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

中国料理 盛のメニューなど

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 メニュー

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 メニュー

前回記事(担々麺&麻婆豆腐定食&レバニラ定食をシェア)はこちら
中国料理 盛・訪問8回目

中国料理 盛の什景湯麺(五目めん)

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 什景湯麺 五目めん 五目ラーメン

什景湯麺(五目めん) 1200円

スープは鶏、豚などの動物系主体と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに炒めた豚肉、鶏肉、レバー、魚介類、野菜などをのっけた具沢山なチョイ餡掛けラーメン。

まずは具材を混ぜずにスープを飲むと、しっかりとした鶏、豚などの動物系の旨みが主体となったドッシリとしたダシ感で、醤油の主張はそれほど強くない極上な毛湯といった面持ち♪

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 什景湯麺 五目めん 五目ラーメン スープ

具材は片栗粉をまぶしてから火入れしているので、餡掛けという程ではないですがトロミを纏っており、ガッツリ混ぜると豚肉、鶏肉、レバー、魚介類などの旨みがトロミ餡と共にジワジワとスープに浸透してくるイメージ。

なので味付けは濃くないですが重層的で奥深く、適度なコクと甘みがありながらも後味はスッキリ。初オーダーの五目めんでしたが、やはり何を食べても美味しい盛クオリティーを改めて実感しました!

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 什景湯麺 五目めん 五目ラーメン 麺

麺は中細縮れ麺でツル・モチな食感。具材と一緒に麺を食べると堪りませんね♪

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 什景湯麺 五目めん 五目ラーメン 具

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 什景湯麺 五目めん 五目ラーメン 具

具は豚肉、鶏肉、レバー、エビ、イカ、うずらの玉子、ネギ、タケノコ、キクラゲ、雪菜など。半ライス追加のOTRは鉄板だと思います!

中国料理 盛の陳麻婆烩飯(陳マーボー豆腐掛御飯)

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 陳麻婆烩飯 陳マーボー豆腐掛御飯 陳麻婆豆腐

陳麻婆烩飯(陳マーボー豆腐掛御飯) 1200円

ちなみにメニューの一番下に記載しているこの「陳麻婆烩飯」は通常の麻婆豆腐定食よりも辛い味付けで、量を少なめに調整したその辛めな「陳麻婆豆腐」を白飯にのっけた掛けご飯です。陳麻婆定食をオーダーすると、もっとボリュームのある仕様になり2300円の特別定食扱いになるのでご注意を。

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 陳麻婆烩飯 陳マーボー豆腐掛御飯 陳麻婆豆腐

タップリの挽き肉を合わせた陳麻婆豆腐は、ラー油、豆板醤、山椒による絶妙な辛痺マリアージュのスパイシーな味わいで、ノーマルの麻婆豆腐よりは明らかに辛めな味加減。自分は全く問題ありませんでしたが、辛さの耐性があまりない人だと厳しい辛さレベルかも。

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 陳麻婆烩飯 陳マーボー豆腐掛御飯 陳麻婆豆腐

ご飯の上からこの陳麻婆豆腐を掛けるので、器の底にはタップリのラー油が溜まったコッテリな口当たり。ラー油シミシミな白飯も相まって体感的な辛さよりもスパイス感で汗だくになります。

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 陳麻婆烩飯 陳マーボー豆腐掛御飯 陳麻婆豆腐

なので、小皿で提供の山椒を掛けて痺れ増しにした方が味のバランスが良いと思います。更に汗が噴き出しますが(笑)

中国料理 盛のレバニラ定食

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 レバニラ定食

レバニラ定食 1200円

朝〆の新鮮な豚レバーをタップリの行者菜などで炒めた店の看板メニューで、レバーの入荷がない場合は提供出来ない一品。定食なので2杯までご飯ひおかわり可能でスープ、ザーサイ、お茶がセットになっています。

素材の旨みを最大限に引き出したプリプリなレバーは、風味豊かなシャキシャキ食感の行者との相性が素晴らしくで、ご飯が止まらなくなる恐るべき惹きの強さ。ご飯の量に対してレバニラの量が明らかに多いので、ご飯お代わりが必須メニューですが、今回は二人で三品頼んだので既に腹一杯で、お代わりせずにフィニッシュでした(笑)

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中国料理 盛の店舗情報やアクセス

電話:018-824-1313
住所:秋田県秋田市八橋本町5-6-1
定休日:日曜日、祝日、水曜日
営業時間
11:00~14:00(LO.14:00)

席数:30席
カウンター×6
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:15台以上(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
秋田駅から3400m
バス停→面影橋から350m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>