中国料理 盛(さかり)@秋田県秋田市八橋

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 外観

11:30頃に到着で外待ち8名と土曜日としては緩めの並びだったので迷わずに接続。まだ未食のラーメンが10種類以上もあるので、いずれ全制覇するとは言えどれを頼むか悩みますね〜。今回は少し前に某ラーメン職人が食べてみた蝦腰湯麺(エビ豚マメめん)をオーダーしてみました!

中国料理 盛のローカルルールなど店の特徴

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 営業時間 営業案内 定休日

1983年に創業。

店主さんは東京の目黒雅叙園や山王飯店などの有名処で上海料理の修行をした経歴の持ち主。

1975年3月から1年間、リビアのカダフィ大佐の所で料理長を務め、その後地元秋田で開業。

メニューが全て1000円以上と高めの価格設定ながら行列必至の人気店。
店内に3名掛けの待ち合い席あり。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

日曜日、祝日、水曜日が定休日で昼3時間のみ営業なのでハードル高め。

テーブルは状況に応じて相席を求められ座る場所も指定されます。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

限定メニューの提供あり。

定食をオーダーするとご飯のおかわりは無料(ただし3杯目からは有料)

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

中国料理 盛のメニューなど

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 メニュー

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 メニュー

前回記事(什景湯麺/五目めん&陳麻婆烩飯/陳マーボー豆腐掛御飯&レバニラ定食をシェア)はこちら
中国料理 盛・訪問9回目

中国料理 盛の蝦腰湯麺(エビ豚マメめん)

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 蝦腰湯麺 エビ豚マメめん

蝦腰湯麺(エビ豚マメめん) 1200円

スープは丸鶏、豚などの動物系主体の醤油ベースで、そこに炒めた豚マメ、エビ、タケノコ、ニンニクなどの具材をタップリとのっけた具沢山な一品。豚マメとは調べてみたら豚の腎臓の事でした。

しっかりとした丸鶏、豚などの動物系のダシ感がありつつ、ニンニクがふわりと香るスープは、見た目ではなかなか味が濃いめな印象ながら、食べればほんのりと辛味や酸味も感じるスッキリとした飲み口♪

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 蝦腰湯麺 エビ豚マメめん スープ

時間の経過と共に炒めた豚マメや海老などの旨みもスープにジワジワと浸透して、更にコクと風味を重ねる丼内変化も秀逸。これは時間の経過と共に尻上がり的に食欲が加速しますね。

以前食べた「猪肝湯麺(豚レバーめん)」ともまた違った味のバランスで、今回はオーダーしませんでしたが、これはライス必須なラーメンかと思います。やはりここは何を食べても美味い!

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 蝦腰湯麺 エビ豚マメめん 麺

麺は中細縮れ麺で程よい歯応えがありスル・パツな食感。今回はやや硬めな仕上がりでした♪

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 蝦腰湯麺 エビ豚マメめん 具

中国料理 盛 さかり 秋田県秋田市八橋 蝦腰湯麺 エビ豚マメめん 具 海老

具は豚マメ、エビ、ネギ、タケノコ、ニンニクスライス、パセリ等。豚マメはレバーに雰囲気は近いですが、割と素材の味はしっかりでモソッと感がなく、プリプリのエビは5個もトッピングされてました!

まだまだ未食のラーメンがあるので次の訪問も楽しみです♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中国料理 盛の店舗情報やアクセス

電話:018-824-1313
住所:秋田県秋田市八橋本町5-6-1
定休日:日曜日、祝日、水曜日
営業時間
11:00~14:00(LO.14:00)

席数:30席
カウンター×6
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:15台以上(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
秋田駅から3400m
バス停→面影橋から350m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>