手打 焔@栃木県那須塩原市

手打 焔 外観

手打 焔 トリケラトプス カラオケ

手打 焔 限定案内 焔流燕三条らーめん

手打 焔のローカルルールなど店の特徴

福島県白河市の名店「火風鼎」の息子さんが白山 火風鼎~つけめん鬼の棲家(2010年1月~2011年7月?)、表参道 火風鼎(2011年4月~2011年6月)を経て2011年10月に手打 焔をオープン。

店に設置されている「ラーメン焔」の看板は、前店主さんが2003年~2011年9月に営業していた際の店名で、現店舗は「手打ち 焔」が正式名称(ただし大つけ麺博2017出店時やTwitter名は手打 焔)

店舗前に2~3名掛け&店内に5名掛けの待ち合い席あり。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

臨時休業や限定情報はTwitterで発信しています。

漫画&雑誌が設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

手打 焔のメニューなど

手打 焔 営業時間 営業案内 メニュー

東北中央道の米沢→福島間が開通にかこつけての福島→栃木遠征(笑)中華さくらからの~2軒目はこちらへ。絶対に年1回は行こうと決めている那須塩原詣でです。

福島市に宿泊して余裕ぶっこいて出発したら、10:30に到着で25名待ちくらい。当然といえば当然ですが、相変わらずの混雑ぶりです。限定は「焔流 燕三条らーめん」を提供していましたが、一人で訪問の際にはワンタンメンと決めているので初志貫徹です♪

手打 焔のワンタンメン

手打 焔 ワンタンメン

ワンタンメン 700円

前回記事(ワンタンメン)はこちら
手打焔・訪問3回目

スープは丸鶏、鶏ガラなどの様々な鶏素材が主体と思われる醤油清湯で、表面にはタップリの鶏油が層を成した湯気なし熱々な一杯。

一口目で口の中に広がる分厚い鶏のダシ感は圧倒的でインパクトがあり、タップリの鶏油が更に旨みを何層にも重ねる怒涛の醤油スープ♪

手打 焔 ワンタンメン スープ

毎回、仕入れ状況によって比内地鶏、軍鶏、名古屋コーチンなど、組み合わせや配合は変わるようですが、この日のスープは名古屋コーチンを巧みに駆使した技ありな鶏出汁で、ダシ感に合わせて醤油ダレもしっかり効かせています。

調理過程を見ると、火入れした鶏油を直前に加えているようでしたが、まずネガティブ要素が皆無で、かつ単独でグイグイ飲めてしまう表層の鶏油の美味しさを今回は改めて実感!

その極上の鶏油と爆発的な旨みを有した鶏出汁が合わさり、旨みタップリな醤油ダレが加わるので間違いなく美味しい訳ですが、バランス感覚が秀逸な上に、東京チックなキラキラな醤油ラーメンとはまた違った、ベーシックを突き詰めて独自に進化しているような佇まいには圧巻の一言!!

手打 焔 ワンタンメン 麺

麺は自家製の手打ち太ウェーブ麺で程よいコシがあり、麺肌が凸凹していてザラッとした口当たりのある独特な食感。不規則な形状の麺は啜るほどにクセになるオンリーワンな存在感で、何回食べても虜になっちゃいます♪

手打 焔 ワンタンメン 具

手打 焔 ワンタンメン 具

手打 焔 ワンタンメン チャーシュー

手打 焔 ワンタンメン ワンタン

具はチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、ホウレン草、ワンタン。薫香漂うレアな火入れのチャーシューは相変わらず激旨で、1枚はそのまま食べてもう1枚はスープに浸して堪能。肉厚なモッチリ感のあるワンタンは食べ応えがありマイウー!

手打 焔 ワンタンメン 完食

この日は3連食予定の1軒目でしたが、気がついたらあっという間にK&Kでした♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

手打 焔の店舗情報やアクセス

電話:0287-63-4010
住所:栃木県那須塩原市上厚崎374-12
定休日:火曜日
営業時間
11:00~15:00
※材料がなくなり次第終了

席数:25席
カウンター×5
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:16台以上(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
黒磯駅西口から3540m
バス停→下埼玉から630m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>