自家製麺 きずからーめん@秋田県大館市餌釣

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 外観

ここのところ注力している大館での新規開拓。ほんだ亭からの〜2軒目は、昨年7月にオープンしたこちらへ。店頭にはSNSへの投稿禁止の注意書があるので、Twitterへの更新記録は連動させませんが、ブログはSNSではないので記事はアップします。確実な店舗情報を得る為にネットを色々と検索したら、店ではSNSを巧みに駆使して情報発信をしているのがなかなかエキセントリック。

ちなみにブログはストック型メディアで「ウェブ上にログ(記録)を残す」のが目的なのに対して、SNSはフロー型メディア、つまり時間の経過と共にflow(流れる)するのが特徴なので、拡散力のあるSNSへの投稿は禁止しているものと推察します。訪問時は店内が密にならないように、4名掛けテーブルに2組&カウンターに1組という超ソーシャルディスタンスでの営業で2組待ちの状態。

メニューは看板メニューである醤油ラーメンの「きずからーめん 」に豚チャーシューなしの「シンプルらーめん」、特製仕様の「全部のせきずからーめん」があり、更に「きずか流坦々麺」「汁なし海老そば(醤油)」「アサリ塩そば トリュフ風味」「トマトラーメン」「かけそば シジミ味」というラインナップ。今回は店名を冠した「きずからーめん」をオーダーしてみました。

自家製麺 きずからーめんのローカルルールなど店の特徴

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 看板

2017年10月30日に創業。

店舗は宮城県仙台市青葉区国分町1-7-10(2017年10月30日~2019年4月7日)から現店舗へ2019年12月21日に移転リニューアル。

「ラーメンとん太 大館店」の跡地にオープン。

店舗情報はホームページ・ブログ・Twitter・Facebookページ・Instagramで発信。

店内に入って右側にある券売機で食券を購入。

限定メニューの提供あり。

雑誌が設置されてます。

小学生はガチャポン2回まで無料(アメもあります)

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

自家製麺 きずからーめんのメニューなど

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 券売機 メニュー

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 メニュー

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 メニュー

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 メニュー

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 ガチャポン

自家製麺 きずからーめんのきずからーめん

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 醤油ラーメン

きずからーめん 880円

スープは比内地鶏などの動物系+乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに豚チャーシュー2枚と鶏チャーシュー2枚がトッピングされた店のイチ押しメニュー。フレンチのブイヨンをつくる手法で仕込み、蕎麦で用いる本返し醤油で仕上げた醤油ラーメン。

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 醤油ラーメン スープ

土台となる比内地鶏はダシ感よりも鶏油の存在感が優勢なマッタリとした味の設計で、それ故に見た目以上にオイリーな口当たり。脇を固める乾物系はふんわりアシストしているイメージです。

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 醤油ラーメン スープ 岩海苔

合わせる醤油ダレは濃いめな印象ながら、塩気のキレを感じないドッシリとした塩梅で、タレ由来と思しき後味が何ともビター。なのでこのラーメンにはトリッキーと思われた岩海苔の磯風味がオアシス的な存在感を発揮。

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 醤油ラーメン スープ ネギ

ネギの香味も程よく感じますが、提供時のスープ温度の低さも相まって、時間の経過と共にモッタリとした味加減に。これは無添加・無化調故のエキセントリックワールド。

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 醤油ラーメン きずからーめんの麺

麺は自家製の中細ウェーブ麺でモッサリとした食感。ダイレクトに粉を感じる独特な口当たりで、かなり好みは分かれそう。

自家製麺 きずからーめん 秋田県大館市餌釣 醤油ラーメン 具

具は2種類のチャーシュー、細竹、ネギ、岩海苔、海苔、ワカメ。

ごちそうさまでした🍜

自家製麺 きずからーめんの店舗情報やアクセス

電話:0186-59-6522
住所:秋田県大館市餌釣字大杉122-1
定休日:不定休

営業時間
11:45~14:30
※麺が無くなり次第終了

席数:27席
カウンター×9
4名掛けテーブル×3
6名掛け小上がりテーブル×1
駐車場:13台位(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
扇田駅から2200m
バス停→餌釣から250m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>