ラーメン・餃子・カレー ピーコック@宮城県東松島市大曲

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 外観

フラッと宮城県北・沿岸を食べ歩き。食堂 加藤屋からの〜えんまん亭からの〜アフターで狙っていた店に数軒振られて時間が15:00を過ぎてしまい飲食店のアイドリングタイムになり、ならばと以前から訪問のチャンスを伺っていたこちらへ突撃。食べたかった店が通し営業で本当に助かりました♪

この時間帯でもほぼほぼ満席状態という流石の大人気ぶりです。メニューはラーメン、うどん、焼きそば等の麺類に定食、チャーハン、丼、カレーライスなどのご飯もの+各種トッピングというラインナップ。今回は最初から決めていた味噌ラーメン+半カレーをオーダーしました!

ラーメン・餃子・カレー ピーコックのローカルルールなど店の特徴

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 駐車場 看板

創業50年オーバーの東松島市を代表する老舗ラーメン店。

同じく東松島市に姉妹店である「ラーメン コロコロ」もオープン。

店舗情報はInstagramで発信。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

出前もやってます。

「お子様ラーメン 350円」があります。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

ラーメン・餃子・カレー ピーコックのメニューなど

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 メニュー

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 メニュー

ラーメン・餃子・カレー ピーコックのみそラーメン+半カレー

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン カレーライス

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン カレーライス

みそラーメン+半カレー 950円

スープは鶏ガラ、豚などの動物系主体+香味野菜と思われる味噌味で、そこに炒めた挽き肉や野菜を合わせて一緒に煮込んだ店の看板ラーメン。半カレーがセットになった鉄板メニューです。

程よい鶏ガラなどの動物系のダシ感はありつつ、味噌ダレもしっかりと効かせたバランス型の味噌ラーメンで、ニンニクなどの香味野菜の風味もビシッと決まったパンチもある味わい♪

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン スープ

表面に浮いたゴマ油の香味アクセントも心地よく、具材の挽き肉からもキッチリと旨みを引き出していて、野菜のナチュラルな甘みが加わりスープにコクを付与しています。

程よく油も浮いていて適度なこってり感もあり、すり鉢で提供されるボリュームも相まって食べ応えも十分。今回はセットにしましたが、味噌ラーメン単品にライスをプラスで食べるのもアリかと思います!

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン 島金商店 島金製麺

麺は平打ちの中太縮れ麺でモチモチな食感。厚さ薄めでピラピラ感のある黄色がかった麺で、味噌スープとの相性は上々。店内には隣接する石巻市の老舗商店である島金製麺の麺箱が置いてました♪

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン 具

具は挽き肉、メンマ、ネギ、モヤシ、ニラなど。野菜は割としっかりと火が入ったクタ・シャキな食感です!

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けのニンニクを投入して味変♪

ラーメン・餃子・カレー ピーコック 宮城県東松島市大曲 みそラーメン+半カレー 味噌ラーメン カレーライス

ミニサイズのカレーは適度に寝かせた感のあるコクのあるタイプで、見た目どおり濃いめな味わい。辛さは控えめな家庭的な雰囲気はありつつも、食べればスパイス感もしっかりと感じられる仕上がり!

他の方が食べていたチャーハンや餃子も美味しそうだったので、次回は他のラーメンとのセットにして食べたいです♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

ラーメン・餃子・カレー ピーコックの店舗情報やアクセス

電話:0225-82-4901
住所:宮城県東松島市大曲堺堀15-6
定休日:火曜日
営業時間
11:00〜20:00

席数:26席
カウンター×10
2名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:15台位(店舗前に6台、店舗前の道路を挟んで向かい側に9台位)

最寄りの交通機関など
東矢本駅から530m
バス停→柳の目から2600m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>