五郎兵衛食堂(ごろうべえしょくどう)@山形県酒田市中町

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 外観

庄内de散策なおっさんずツアー。麺屋 杢縁(モクエン)からの〜2軒目は驚愕のワンコイン定食を提供するこちらへ。ここに到着する前にホテルに車を駐車させて歩いての移動だったので、既に酒飲みモード全開です(笑)

なので「酒田の宝」とも称される品数豊富なこちらの看板メニューで、昼から飲んだくれようとなった次第。とは言っても、夜にガッツリ唄がの予定が入っているので軽めにビールですが♪

五郎兵衛食堂のローカルルールなど店の特徴

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 営業案内 ショーケース

通常メニューで9:00から営業の朝ラー店。

壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

五郎兵衛食堂のメニューなど

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 営業時間 営業案内

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 メニュー

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 メニュー

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 メニュー

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 ビール 乾杯

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 煮物

という訳で瓶ビールで乾杯。ビールには煮物が付いて来ました!

五郎兵衛食堂の500円定食(目玉焼き)

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 500円 ワンコイン 定食 卵 目玉焼き

定食(目玉焼き) 500円

500円定食は「納豆」と「卵」から選択で、卵にすると「目玉焼き」「卵焼き」から選択出来ます。今回は目玉焼きにして、あくまでもツマミとしてのオーダーなので、ご飯の量は半分にしてもらいました♪

配膳されたのは目玉焼き、イナダの刺身、アジの塩焼き、かつ煮、肉豆腐、漬け物、酢の物、芋の子汁、ご飯。ご飯以外に8品も付いてワンコインってどうなってんの(笑)

しかも、他のお客さんの500円定食とは微妙に内容が違う上に日替わりらしいので、毎日食べても全く同じ組み合わせにはならないであろう魅力的な定食。こりゃ毎日ここで晩酌出来るわな(笑)

もちろん〆ラーもしちゃいました!

五郎兵衛食堂の中華そば

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 中華そば

中華そば 600円

スープは鶏ガラ、豚などの動物系+節、昆布などの魚介乾物系と思われる中華そばベースの醤油味で、各種具材がトッピングされながらも何故かセンターの麺がこんもり盛り上がった独特なビジュアルの中華そば。

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 中華そば スープ

程よい鶏ガラ、豚のダシ感をベースに丸みのある醤油ダレが合わさったジンワリとした優しい味わいで、そこに節、昆布などの魚介乾物系がフワリなこれぞノスラーといった全体像♪

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 中華そば スープ

旨み&塩分の入れ具合も絶妙な塩梅で、ほっこりとした淡麗スープに一本芯を入れたいる印象。細かく刻んだネギの香味も実に巧妙なアクセントになっています。

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 中華そば 豚の角煮

店のオバチャンが持って来てくれた時に「これ○○仕様だからね〜」と言っていたので、なんだろうと思って麺を食べ進めると、こんもり盛られた麺の下からゴロッとした塊状の豚の角煮を発掘されました!

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 中華そば 麺

麺は平打ち中太縮れ麺で程よいコシがありツル・モチな食感。スープにマッチしたシンプルな中華麺です♪

五郎兵衛食堂 ごろうべえしょくどう 山形県酒田市中町 中華そば 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、青菜。豚の角煮は店のオバチャンに聞いたら「これイケメン仕様だから食べて〜」との事で、かたじけなく頂きました(笑)

ここは朝ラーも出来るし、昼飲みからの〜〆ラーも可能なので使い勝手がハンパない。夕方くはいからサクッと飲むのもアリなので、絶対リピートします!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

五郎兵衛食堂の店舗情報やアクセス

電話:0234-22-1741
住所:山形県酒田市中町1-14-29
定休日:土曜日
営業時間
9:00~20:00

席数:37席
1名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×5
6名掛けテーブル×1
2名掛け小上がりテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:3台位(店舗に向かって右脇)

最寄りの交通機関など
酒田駅から1310m
バス停→中町から80m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>