柳麺 多むら 本店@秋田県能代市

柳麺 多むら 本店 外観

柳麺 多むら 本店 営業時間 営業案内

柳麺 多むら 本店 営業案内

柳麺 多むら 本店のローカルルールなど店の特徴

東京都護国寺「ちゃぶ屋」、表参道「MIST」で修行後、大塚「鳴龍」を立ち上げた店主さんが、地元の能代市に戻り2015年4月23日にオープンしたお店。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

有名ラーメン店の多くが使用している話題の水「ACM πウォーター」を採用。

柳麺 多むら 本店のメニューなど

柳麺 多むら 本店 メニュー

柳麺 多むら 本店 メニュー

柳麺 多むら 本店 メニュー 営業時間 営業案内 定休日

2018年の一杯目のラーメンは3年連続となるこちらへ。聚楽亭で年越し蕎麦→トラガス。でレギュラーメニューを食べて1年の麺活を締めくくり、多むら本店で麺活をスタートさせる。ここ数年で年末年始のルーティンが確立してきました。

11:30くらいに到着で店内はほぼ満席状態の賑わいぶり。外旭川店との違いを確認したくて、今回は味噌ラーメンをオーダーしてみました♪

柳麺 多むら 本店の味噌ラーメン

柳麺 多むら 本店 味噌ラーメン

味噌ラーメン 850円

前回記事(塩ラーメン&醤油ラーメンを店内連食)はこちら
柳麺多むら本店・訪問22回目

スープは鶏もも肉、豚げんこつ、手羽元を贅沢に使用した動物系+マグロ節などの魚介系出汁を加えたダブルスープに、湯沢市石孫本店の味噌主体のタレを合わせたと思われる一杯。

麹感のある味噌は風味豊かで甘味があり、鶏の肉出汁がしっかりと感じられるバランスの良い味の構成で、コッテリ感もない親しみやすい味わい♪

柳麺 多むら 本店 味噌ラーメン スープ

昨年よりも価格が引き下げられている上に、外旭川店よりも少し安い価格設定が、両店の切磋琢磨ぶりを表しているように感じます。

今年の本店の味噌ラーメンは他のレギュラーメニューと、ベースとなるスープは同じかな?という印象を受けましたが、やや味噌汁っぽい飲みやすさが印象的で、ストライクゾーンの広い逸品だと思います!

柳麺 多むら 本店 味噌ラーメン 麺

麺はカネジン食品の平打ち中細ストレート麺でコリ・プツな食感。プッツンと歯切れ良く、醤油や塩の麺よりは微妙に太い印象を受けました。後半はスープと馴染んでややしなやかな口当たりに♪

柳麺 多むら 本店 味噌ラーメン 具

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、九条ネギ。ロールチャーシューは程よい肉の質感を残しながらも柔らかく、シャキッとした穂先メンマも旨旨!

柳麺 多むら 本店 味噌ラーメン 完食 蔦ドンブリ

もちろん本店のドンブリも「Yuki Onishi」の文字が刻まれた特注品。「ミシュランガイド東京2016」で星を獲得した超人気店「JapaneseSobaNoodles蔦(つた)」と柳麺多むらでしか使われてないスペシャルな丼です♪

柳麺 多むら 本店 味噌ラーメン 蔦ドンブリ

美味しいラーメンで良いスタートが切れました!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

柳麺 多むら 本店の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:秋田県能代市花園町27-27
定休日:火曜日
営業時間
11:00~14:00
17:00~20:00
※材料がなくなり次第終了

席数:21席
カウンター×5
2名掛けテーブル×2
4名掛けテーブル×3
駐車場:8台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
能代駅から1620m
バス停→青葉園入口から90m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>