池田屋食堂@秋田県横手市

池田屋食堂 外観

池田屋食堂 店頭 メニュー看板

池田屋食堂のローカルルールなど店の特徴

1945年に創業。

お店は先代が夜鳴きそば屋として屋台から営業開始。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

学生は制服着用で全メニュー50円引き。「たまに忘れてしまうので、会計時に制服アピールしてください」の案内書あり。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

池田屋食堂のメニューなど

池田屋食堂 メニュー

池田屋食堂 メニュー

池田屋食堂 メニュー

池田屋食堂 メニュー

池田屋食堂 メニュー

横手駅前にある老舗の食堂へ初訪問。こちらも以前から気にはなってましたが、なかなかタイミングが合わず、横手駅前はほとんど未開拓のままでした。

オーダーしたのはお勧めメニューと思われるマーボラーメン+半ライス。勝手に麻婆豆腐ラーメンだと思っていたので、セルフ麻婆豆腐丼を作成する気マンマンでしたが、まさか餡掛けラーメンとは(笑)

そういえば同じく横手の「味の店 まるいし食堂」にも雰囲気が近い餡掛けのマーボラーメンがありましたし、横手市増田の「中華料理 紅龍」には麻婆豆腐がのっかったラーメンですが、「マーボラーメン」と同じ表記のメニューが。

未食ですが福龍、つばくら食堂、さくべ食堂(閉店)にも同名メニューがあったので、統一性こそないですがこの「マーボラーメン」はプチご当地ラーメン的な存在なのかもしれませんね。これは未食の店のも食べて検証する必要がありそうです♪

池田屋食堂のマーボラーメン&半ライス

池田屋食堂 マーボラーメン 半ライス

マーボラーメン 600円
半ライス 100円

池田屋食堂 マーボラーメン

スープは豚などのあっさりな動物系+煮干し、昆布などの魚介乾物系と思われる醤油清湯ベースで、豚肉、豆腐、野菜などを加えて餡掛け仕立てにしたトロトロな粘度の一杯。

スッキリとした動物系のダシ感のスープに旨み&塩分をビシッと効かせて、醤油ダレの主張は穏やかながら、体感的な塩分はやや高めな印象の甘じょっぱい味わい♪

池田屋食堂 マーボラーメン スープ

具材の豚肉や野菜からも旨みは抽出されていると思いますが、秋田市ご当地のあんかけチャンポンのように海鮮類を加えてないので、味としてはかなりシンプル。

店舗前でマーボラーメンの案内書を見た時は、タップリの麻婆豆腐がのっかったラーメンを想像していたので意表をつかれましたが、この季節にはピッタリな身体が温まる一杯です!

池田屋食堂 マーボラーメン 麺

麺は平打ち中細ウェーブ麺でチョイ柔ムッチリな食感。後半は熱々な餡掛けスープに馴染んで柔らかめな口当たりに♪

池田屋食堂 マーボラーメン 具

具は豚肉、豆腐、ネギ、キャベツ、ニンジン、モヤシ、ニラなど。野菜はしっかりと火を入れたクタッとした食感。餡掛け仕立てなので見た目以上にボリュームあり!

池田屋食堂 マーボラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子をワサッと投入して辛めに味変♪

池田屋食堂 マーボラーメン 半ライス ミニ丼

半ライスには残し気味にしておいた具材をのっけて、ミニ丼を作成して美味しく頂きました!

それにしても横手駅前という観光客を相手にするには抜群の立地で、メニューに横手やきそばが無いのには驚きました。しょっちゅう「横手やきそば有りますか?」と聞かれてそうな気がするので、ある意味凄いこだわりです(笑)

ごちそうさまでした🍜

池田屋食堂の店舗情報やアクセス

電話:0182-32-1872
住所:秋田県横手市駅前町3-16
定休日:第2・4・5日曜日営業時間
11:00~22:30

席数:38席
カウンター×4
2名掛けテーブル×1
4名掛けテーブル×3
4名掛け小上がりテーブル×5
駐車場:1台(店舗に向かって左脇)

最寄りの交通機関など
横手駅東口から50m
バス停→横手駅東口から20m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>