一条流がんこラーメン 総本家@四谷三丁目

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 外観

東京前乗りで四文屋ホルモン沖縄料理本店きよ香餃子処たちばな大将三号店にて高円寺ハシゴ酒からの~激烈な二日酔いラーメンはこちらへ♪

調子ぶっこいて朝まで飲んでいたら眠れなくなり、寝ないで向かおうと思ったら寸前で寝落ちして、気がついたら待ち合わせしていたシャッタータイム。急いで向かうも9:30到着で既に20名ほどの行列でした。ただし、日曜でこの並びはかなり緩いらしく、そういう意味ではラッキーでした!

一条流がんこラーメン 総本家のローカルルールなど店の特徴

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 看板 牛の頭 仮面

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 本当にラーメンが好きな方 どーぞお入り下さい

店主さん(家元)は1975年に北海道札幌市で看板のないラーメン店を開業。

数年後、東京に戻り1983年に高田馬場にラーメン店を創業して、青砥→新宿→早稲田→池袋→神保町など場所を移して腕を振るう。

2011年4月23日に現店舗で「ふわふわ」を開業し、2011年7月20日に「一条流がんこラーメン 総本家」としてリニューアルオープン。

直弟子や直系・分家も含め東京を中心に全国に系列店あり。

店舗前に13名掛けの待ち合い席あり。

壁貼りのメニューは「ラーメン」という表記のみですが、基本メニューとして清湯の「上品(自由が丘)」と濃厚の「下品」、下品のタレ抜きで出汁100%の「100ラーメン」、下品のタレ増しの「悪魔」などがあり、日祝などスポット的に特選素材を使った「スペシャル」を提供。

家元(もしくは奥さん)に聞かれてからオーダーを伝える。

会計は前金制で食前に徴収。

箸はカウンター下の引き出しの中にあります。

席はカウンターのみ。

一条流がんこラーメン 総本家のメニューなど

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 メニュー

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 カウンター下 箸

一条流がんこラーメン 総本家のスペシャル100ラーメン

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 スペシャル 100ラーメン

スペシャル100ラーメン 1000円

スープは煮干し、ホタテ貝柱、スルメなどの魚介乾物系の旨みがこれでもかという位にバチバチに決まった、レギュラーの「下品」のタレ抜き出汁100%の「100ラーメン」で、この日は特選素材に黒バイ貝を使ったスペシャルVERな一杯。

ファーストインパクトは並んでいた時から漂っていた、ガツンと強烈な魚介系の風味で、タレ抜きなのに塩気がしっかりのしょっぱめな味わい。各種素材の旨みが調和しているというよりは、ノーガードで殴り合っているようなワイルド過ぎる味の構成♪

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 スペシャル 100ラーメン スープ

とにかくそれぞれの旨みが強過ぎて、スッカスカの腹ペコ状態で味に敏感になった口の中が、痛くなる位に旨み爆弾が炸裂しますが、2口~3口と食べ進める頃には既にトリコになっていて気がつけば無我夢中に。

具材の豚バラ肉からも旨みが浸透しているとは思いますが、とにかく出汁100%でこのインパクトはあまりにも強烈。少しエグミを感じたのはこの日の特選素材の黒バイ貝由来なのかもしれませんが、それもひっくるめてその美味しさに釘付けになりました!

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 スペシャル 100ラーメン 麺

麺は中細ウェーブ麺で程よいコシがありコリ・プツな食感。少し黄色がかってますが、色合い以上にかん水がバッキバキに効いていて少しビックリ。インパクト絶大なスープには、これくらい特徴的な麺じゃないと合わないかもと、食べながら思わず納得です♪

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 スペシャル 100ラーメン 具

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 スペシャル 100ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、味玉、ホタテ貝柱、海苔など。各種具材と麺を一緒に食べると中毒性は更に跳ね上がりますが、超絶二日酔いなのに白飯が食べたくて仕方がなかったです!

一条流がんこラーメン 総本家 四谷三丁目 スペシャル 100ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの醤油ダレを加えてカラメに味変。徐々に量を増やして下品→悪魔に変えるイメージで食べてみましたが、リアル悪魔やデフォルトの下品、はたまた想像もつかない上品も食べてみたいです!!

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

一条流がんこラーメン 総本家の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:東京都新宿区舟町4-1 メゾンド四谷B6
定休日:金曜日、土曜日
※2018年4月から上記曜日に定休日が変更

営業時間
平日 10:00~14:00(LO.14:00)
日祝 10:00~14:00
※日祝は13:00で並びが40名を超えていたらそこで終了

席数:7席
カウンター×7
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
四谷三丁目駅4番口から220m
曙橋駅A1口から380m
バス停→荒木町から190m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>