SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店(こんじきホトトギス しんじゅくぎょえんほんてん)@東京都新宿区新宿

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 外観

新潟経由の東京遠征。万代そばからの〜らーめん天神下 大喜からの〜 くろ喜からの〜HUB秋葉原店中華そば 萬福で町中華飲みからの〜小さなくらのすけ日高屋新橋烏森通店をハシゴ酒で初日は終了♪

2日目はラーメン巌哲からの~連食でこちらへ。前回はもちろん移転前に訪問な上に、まだ店名に「金色」を冠していない時代の2010年12月に訪問なので約8年ぶり。もはや初訪問と変わらない状態です。

12:20に到着で満席の外待ち5名だったので、中待ちプラスで12~13名の並び予想ですが、20分ほどで着席→5分後には着丼。タイミングが良かったのもあるかとは思いますが、オペレーションはサクサクでした!

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店のローカルルールなど店の特徴

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 暖簾

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 営業時間 営業案内 定休日

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 営業案内 注意書き

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 行列 並び方

2006年1月11日に創業。

2014年10月1日に「そばはうす不如帰」→「金色不如帰」へ店名を変更。

2007年5月10日から木曜限定営業で「一汁三にぼし裏不如帰」、2015年3月20日からは金曜限定営業で「中華そば 金色不如帰 覇」として別メニュー等も提供。

店舗は東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12(2006年1月11日~2018年5月17日)から現店舗へ2018年5月25日に移転オープン。

代表待ちは禁止。全員が揃ってから並ぶ旨の注意書あり。

満席時、店頭に並んでいると店員さんに何名か聞かれるので人数を伝え、店内の待ちスペースが空いたら案内されるシステム。

店内に8名掛けの待ち合い席あり。

店内に入って右側にある券売機で食券を購入。

店内はラーメンとメニューブックのみ撮影可能。

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店のメニューなど

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 メニュー

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 メニュー

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 メニュー

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 メニュー

【店内はラーメンとメニューブック以外は撮影不可の為、券売機を文字で以下のように記載してみました】

真鯛と蛤の塩そば 900円
味玉塩そば 1000円
煮豚塩そば 1200円
南高梅そば 900円

そば(醤油) 850円
味玉そば(醤油) 950円
焼のり味玉そば(醤油) 1000円
煮豚そば(醤油) 1150円
※夜限定・鴨油と蛤の醤油そば(大盛不可) 850円

そば大盛 150円

つけそば(塩・醤油) 900円
味玉つけそば(塩・醤油) 1000円
煮豚つけそば(塩・醤油) 1200円
※夜限定・鴨油と蛤のつけそば(醤油) 900円

つけそば中盛 100円
つけそば大盛 200円

ごはん(小) 100円
ごはん(中) 150円
肉めし 200円
※のり玉ねぎめし(生卵かけ) 200円
※南高梅しらす丼 300円
煮豚丼 380円

味玉 100円
穂先メンマ 150円
煮豚 300円
焼のり 100円
九条ねぎ 100円
南高梅 100円
フライドガーリック 100円

キリンハートランド(中瓶) 550円
※角ハイボール 350円
※穂先メンマ(九条ねぎしらす添え) 350円
炙り煮豚盛り 450円
三品盛り合せ(味玉、煮豚、メンマ) 500円

上記「※」印が左側にあるメニューは訪問時は券売機のボタンが×になってました。

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店の真鯛と蛤の塩そば

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 真鯛と蛤の塩そば 塩ラーメン

真鯛と蛤の塩そば 900円

スープは愛媛県宇和島直送の真鯛の出汁と三重県桑名直送の蛤出汁に、乾物系出汁の三種類を合わせ、沖縄海塩、モンゴル岩塩をブレンドした塩ダレを加えた動物系非使用の塩清湯で、そこに各種味変の特性ソースをあしらった一品。

まずは混ぜずに清湯部分を飲むと、気品に溢れる真鯛出汁をベースにしながらも、ファーストインパクトで口の中に飛び込むのは強烈な蛤出汁で、その旨味でエグミなどのネガティブ要素をねじ伏せるような振り切った味の設計♪

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 真鯛と蛤の塩そば 塩ラーメン スープ

途中から特製味変ソースであるポルチーニデュクセル、インカベリー(食用ほおずき)ソース、白トリュフオイル、国産黒豚パンチェッタベーコンビッツなどを徐々に溶かすと、1アイテムごとに各種素材の旨味が怒涛の如くに押し寄せ、ワケも分からぬまま昇天させられるイメージ(笑)

こんなに旨味が詰まったインパクトのある塩ラーメンは初めて食べましたが、味の情報量が過多な上に変化球のキレ味が凄すぎて、しばし脳内で処理しきれない状態に。これは特別な日などに、誰かにお祝いで食べさせてもらうレベルのご馳走麺料理です!

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 真鯛と蛤の塩そば 塩ラーメン 自家製麺

麺は自家製の平打ち中細ストレート麺で、芯にプツッとした歯応えを僅かに感じるしなやかな食感。北海道産「春よ恋」を主体に数種類の道産小麦を使用し、「春よ恋」の石臼挽き全粒粉で更に風味を加えたそうですが、麺に対するこだわりが品質に見事に反映されています♪

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 真鯛と蛤の塩そば 塩ラーメン 具

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、白髪ネギ、各種味変ソースなど。肩ロース肉は低温調理のSPFナチュラルポークでシットリ柔らかく、ベジョータのバラ肉は一口分だけ添えられた希少なもの。具材もこれほどこだわり抜いて1000円未満なのは驚愕!

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店のそば(醤油)

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店 東京都新宿区新宿 醤油そば 醤油ラーメン

そば(醤油) 850円

スープは動物系、乾物系に三重県桑名直送の蛤出汁を合わせ、島根県産非加熱無濾過丸大豆醤油、長野県産杉桶丸大豆醤油、石川県産非加熱醤油、白醤油をブレンドしたカエシを加えた醤油清湯で、そこに各種味変の特性ソースをあしらった一品。

まずは混ぜずに清湯部分を飲むと、当然の事ながら「真鯛と蛤の塩そば」よりも動物系を加えている分、ダシ感に厚みはありますが、やはり蛤出汁の存在感がキッチリで、乾物系の旨みが脇を固める盤石な味の構成♪

醤油の特製味変ソースはポルチーニオイル、ポルチーニフレーク、タルトゥファータ(黒トリュフソース)との事ですが、こちらもアイテム毎に味がめくるめく変化して、その手数の多さにあっという間にノックダウン(笑)

約8年前に同品の原型と思われるものに具材を追加した「焼き海苔味玉そば」を食べましたが、上品かつ繊細なダシ感で、ややお吸い物チックな印象だったスープとは全く別物。その旨みの波状攻撃にあっという間に飲み込まれました。こちらも特別な日に異性とディナーで嗜むレベルのスペシャル感あり!

麺は同じく自家製の平打ち中細ストレート麺で、芯にプツッとした歯応えを僅かに感じるしなやかな食感♪

具は2種類のチャーシュー、穂先メンマ、青ネギ、白髪ネギ、各種味変ソースなど。醤油もこれで850円は凄いです!

スペシャリテ過ぎてデイリーに食べるようなラーメンではないかもしれませんが、とてつもないラーメンである事は間違いないです。どちらも足し算の妙が凄すぎて加算を超越した、掛け算のような逸品♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店の店舗情報やアクセス

電話:非公開
住所:東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮廷マンション1F
定休日:月曜日

営業時間
11:30~15:00
18:30~21:30
※日曜は昼営業(11:30~15:00)のみ
※昼夜共に材料が無くなり次第終了

席数:11席
カウンター×7
2名掛けテーブル×2
駐車場:なし

最寄りの交通機関など
新宿御苑前駅1番口から180m
新宿三丁目駅C5口から310m
新宿駅東南口から690m
バス停→新宿二丁目仲通りから80m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>