大江戸

大江戸

大江戸のローカルルールなど店の特徴

店内は撮影禁止。店内にそのむねの注意書あり。

基本メニューはラーメンのみで、具なしの素ラーメン「シンプル」もあり。限定メニューもコンスタントに提供。

4名掛けテーブル×5のみの店内なので相席は必至。

店内の壁貼りメニューを見て、カウンターでオーダーを伝えてから空いてる所へ着席。ただ座っているだけだとオーダーが通ってないので、どんどん追い越されます。

何故か「並盛り」や「普通盛り」はありませんが、小盛で十分な麺量です。

食後は自ら丼をカウンターに返却して会計。ただ会計に行くと店員さんにそれを促されます。

大江戸のメニューなど

【ラーメン】
小盛 500円
大盛 650円
特盛 800円

【シンプル】
小盛 350円
大盛 500円
特盛 650円

【トッピング】
生卵入り 50円

【限定メニュー】
コショーで汁なし(小) 300円
コショーで汁なし(大) 450円

「業界最高権威 TRYラーメン大賞」審査員・しらすさんと行くラーメンツアー。柳麺 多むら 外旭川店からの~BAR JAHで呑ミュニケーション&〆ラーからの〜3杯目は、秋田市ソウルの江戸系元祖のこちらへ。朝まで飲んでいたので、完全にスタートが遅れてしまいました(笑)

江戸系元祖が提供する衝撃の一杯。大江戸のコショーで汁なし!

コショーで汁なし(小盛) 300円

前回記事(ラーメン 大盛)はこちら
大江戸・訪問3回目

メニュー名は「汁なし」を冠していますが、タレが主体の一般的な「汁なし」ではなく、麺が隠れる程度にスープが投入されているので、見た目はスープが少なめのこちらのレギュラーラーメンといった感じ。そこにこれでもかと言うくらいに黒胡椒がワサワサと掛けられています。

こちらのスープは元来、ダシ感に重きを置いた作りではなく、カエシも濃い口の醤油がダイレクトなタイプなので、混ぜずにスープダレを飲むと、明らかに通常のラーメンよりも醤油感ガチガチな高塩分濃度。

ガッツリ混ぜることで、ニラ、ニンニク、唐辛子などを配合した特製辛味の味が主になった、バイオレンスな塩分濃度の江戸系ラーメンが完成。

更にワサワサに掛けられた黒胡椒のアグレッシブなスパイシーさが加わり、激辛ハンターの自分の箸が止まるくらいに激辛。もちろん唐辛子の辛さとは種類が違いますが、塩辛さでは今まで食べたラーメンで随一かも(笑)

麺は中細縮れ麺でチョイ柔でモッサリな食感。レギュラーのラーメンと同じヤマヨのめん謹製の中華麺だと思います♪

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ニラ辛薬味。チャーシューは脂身が少ないミシッとした歯応えがあるタイプで、メンマはコリッとした食感。両者ともこのラーメンの中にあってはスイーツ的なオアシス(笑)

途中から酢をガンガン投入してバイオレンスな塩分をマスキング!

ごちそうさまでした🍜

大江戸の店舗情報やアクセス

電話:018-824-0006
住所:秋田県秋田市山王1-5-11
定休日:不定休
営業時間
10:00~14:00

席数:20席
4名掛けテーブル×5
駐車場:4台(店舗前)

最寄りの交通機関など
秋田駅から2540m
バス停→高陽青柳町から170m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

コメントを残す

<スポンサーリンク>