MONCHAN RAMEN SHUN(もんちゃんラーメン シュン)@秋田県由利本荘市

完全にマイペースな第6回ラーメンスタンプラリー巡り。今回のタンプラリーの最後を飾るのは、由利本荘の超人気店であるこちらへ!

オーダーしたのは、今の二つ折りメニューになってから加わった、豚骨ラーメン赤(辛味)。辛さは選べるようですが、お任せにしたら「5辛、3痺」になったようです(笑)

MONCHAN RAMEN SHUN(もんちゃんラーメンシュン)のローカルルールなど店の特徴

2014年12月19日に創業。

「室蘭ラーメンの店 八屋本荘店」の跡地にオープン。

朝ラー王国・秋田の朝ラー提供店(月・火・土・日限定で朝専用メニューで営業)

秋田屈指の人気店ですが席数も多く、提供も早いのであまり並ばずに食べれます。

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

気まぐれで限定メニューも提供。

漫画&テレビが設置されてます。

荷物置きのカゴがあります。

懐かしの「干支占い」マシーン設置。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

MONCHAN RAMEN SHUN(もんちゃんラーメンシュン)のメニューなど

前回記事(濃厚エビつけ麺)はこちら
MONCHAN RAMEN SHUN・訪問13回目

MONCHAN RAMEN SHUN(もんちゃんラーメン シュン)の豚骨ラーメン赤(辛味)

豚骨ラーメン赤(辛味)
※5辛、3痺

スープは豚骨、背ガラ、豚頭など様々な豚素材から、長時間ジックリと炊き出したのが見て取れる白濁ベースの豚骨醤油味で、そこにラー油や唐辛子、山椒を加えた辛痺バージョンの5辛3痺仕様の一杯。

まずはこんもり盛られたモヤシの登頂に振り掛けられた、山椒を混ぜずに麺を引っ張り出して食べると、ガツンと辛味が主張する一般的には間違いなく激辛レベルで、そこに山椒の痺れをシャープに感じる辛痺な味わい♪

山椒ごと具材をガッツリ混ぜると、山椒の痺れがバチバチに決まった激辛痺具合に変化しますが、何と言ってもベースの豚骨スープがしっかり乳化のフルボディーなので、その旨みは微動だにせず。

油脂による程よいコッテリ感も、グイグイと攻めこんで来る辛痺に絶妙な具合でマッチしていて、中毒性も兼ね備えた激辛痺ジャンクな味にチューンアップ。これは次回も食べたくなる位、個人的にかなりツボにハマりました!美味い!!

麺は平打ちの太縮れ麺でしっかりとした歯応えのあるガッシリ&モッチリな食感。以前食べた豚骨ラーメンの麺は、低加水の細ストレート麺でしたが、これには手揉み太麺を合わせてました♪

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、青ネギ、モヤシ、糸唐辛子など。チャーシューは大判で肉厚なものがドカンとトッピングのド迫力。以前食べた豚骨ラーメンはキクラゲなどもトッピングされてましたが、その代わりにモヤシこんもりで、味噌仕立ての「地獄味噌らーめん」のような仕様になってました!

途中から添え付けの唐辛子をワサッと投入して更に激辛に味変♪

これは美味しさとボリューム、激辛もしっかりと兼ね備えた秀作!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

MONCHAN RAMEN SHUN(もんちゃんラーメンシュン)の店舗情報やアクセス

電話:0184-74-6248
住所:秋田県由利本荘市川口字下川原84-1
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

営業時間
月火 7:00~9:00(LO.8:50)、11:00~15:00、17:30~21:00(LO.20:30)
木金 11:00~15:00、17:30~21:00(LO.20:30)
土日 6:00~9:00(LO.8:50)、11:00~15:00、17:30~21:00(LO.20:30)
※火曜日は隔週で昼営業(11:00~15:00)のみ
※スープがなくなり次第終了

席数:40席
カウンター×16
4名掛け小上がりテーブル×6
駐車場:15台以上(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
羽後本荘駅から1660m
バス停→飛島神社前から260m

第6回ラーメンスタンプラリー34杯目

第6回ラーメンスタンプラリーはこれにて終了。30P+10P=40杯ですが、タウン情報に添付されたサービススタンプ3P付きのハガキを2枚使ったので、40杯-6P=34杯でフィニッシュ!

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>