清吉そばや本店@秋田県由利本荘市上横町

清吉そばや本店 秋田県由利本荘市上横町 外観

FB自作ラーメン研究会ご一行様を迎えての食べ歩きツアー。昨年は山形県庄内地方でしたが、今年は秋田県にバトンタッチされ、2年連続での開催となりました♪

いろいろな都合があり、まずは秋田空港で4人と合流して、なかなか大きめなオッサン5人で一路由利本荘へ。現地で更に合流するのは、来年開催予定のヒヤリンピック山形代表が確定しているビッグのんぱぱです(笑)

清吉そばや本店のローカルルールなど店の特徴

正確な年数は不明ですが明治時代に創業。

由利本荘市ではレジェンド的な立ち位置の店で秋田のご当地ラーメン「しない鶏中華そば」の総本山。

2008年に区画整理の為、旧店舗隣り位置する現店舗に移転。

朝ラー王国・秋田の朝ラー提供店(通常メニューで営業)

店内に入って左側にある壁貼りのメニューを見て口頭でオーダー。

店内に入って正面にあるカウンターで先に食券を購入する前金制。

プラスチック製のカラー食券は着席したらテーブルの上に置いて着丼を待つ。

レンゲは給水器の所にあるので使う場合はセルフサービスで。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

清吉そばや本店のメニューなど

清吉そばや本店 秋田県由利本荘市上横町 メニュー

清吉そばや本店 秋田県由利本荘市上横町 メニュー

前回記事(中華そば&カレーライスをシェア)はこちら
清吉そばや本店・訪問5回目

清吉そばや本店のかつ丼

清吉そばや本店 秋田県由利本荘市上横町 かつ丼

かつ丼 720円

皆さんがオーダーしたのはもちろん中華そばですが、自分が食べるのは初食となるかつ丼。今回の食べ歩きはご飯ものを担当する事にしました(笑)

清吉そばや本店 秋田県由利本荘市上横町 かつ丼

割り下はやや甘じょっぱいベーシックな味付けながら、出汁もフワリと効いていたシンプルな一品。衣はサクサクなタイプではなく、タレが染み染みな仕上がりで、同じくタレ染みクタクタなタマネギとの相性がバッチリ。何か秀でたかつ丼と言うよりは、王道を行くスタイルながら、それが抜群に美味しいバランス感覚に優れた逸品でした!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍚

清吉そばや本店の店舗情報やアクセス

電話:0184-22-1221
住所:秋田県由利本荘市上横町28
定休日:火曜日
営業時間
6:00頃~18:00頃

席数:66席
2名掛けテーブル×4
4名掛けテーブル×4
10名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×8
駐車場:12台(店舗前)

最寄りの交通機関など
羽後本荘駅から1160m
バス停→本荘大町から110m

アフターは十文字中華そばを食べるべく横手市十文字町へ♪

丸竹食堂@秋田県横手市十文字町

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 秋田ご当地ラーメン 十文字中華そば 十文字ラーメン 外観

丸竹食堂のローカルルールなど店の特徴

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 秋田ご当地ラーメン 十文字中華そば 十文字ラーメン 営業案内 定休日

1953年に創業。

十文字中華そば(十文字ラーメン)の元祖である「マルタマ」で12歳の頃から見習いで修行した「タケさん」が22歳の時に独立開業。

秋田のご当地ラーメン・十文字中華そば(十文字ラーメン)の提供店で御三家の一角。

店舗前に2名掛け&店内に1名掛けの待ち合い席あり。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

メニューには麺量が「ダブル +200円」までしかありませんが、1時間に1杯限定で特大丼にて提供される「トリプル +450円」も裏メニューとしてあります。

冷がけ中華は通年で提供しています。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

丸竹食堂のメニューなど

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 メニュー

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 メニュー 栄養成分 カロリー

前回記事(中華そば&冷やがけ中華を店内連食)はこちら
丸竹食堂・訪問11回目

丸竹食堂の冷がけ中華

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 秋田ご当地ラーメン 十文字中華そば 十文字ラーメン 冷がけ中華

冷がけ中華 550円

スープは焼き干し、煮干し、節、昆布などの魚介乾物系から抽出したと思われる清湯ベースの薄口醤油味で、ほぼオイルフリー&動物系不使用なスープに、微かん水の極細縮れ麺を合わせた、通年提供の冷やがけ中華そば。

前回の店内連食時にも感じましたが、同行者がオーダーした通常の温かい中華そばのスープに比べると、焼き干し、煮干し、節などの魚介系の風味が抑え気味な印象で、昆布のドッシリとした旨みが抜きん出ているイメージ♪

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 秋田ご当地ラーメン 十文字中華そば 十文字ラーメン 冷がけ中華 スープ

程よく冷やした冷製スープなので、もちろん体感的には出汁が抑制される部分があるとは言え、各素材の旨味バランスが全く違う感じなので、もしかしたら別取りの水出しスープ&レギュラースープの合わせ技なのかも。

いずれにせよ水筒に入れてゴクゴク飲みたくなるような冷製スープなので、暑くなると食欲がなくなるような方にはかなりお勧めの一杯。食欲減退が有り得ない自分と同じタイプの方には、クールダウンにピッタリな冷たい中華そばです!

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 秋田ご当地ラーメン 十文字中華そば 十文字ラーメン 冷がけ中華 自家製麺

麺は自家製の極細ウェーブ麺で程よいコシがありコリ・クキな食感。温かい中華そばと同じくほぼかん水を使わない色白麺ですが、水で〆るとだいぶ印象が変わりますね♪

丸竹食堂 秋田県横手市十文字町 秋田ご当地ラーメン 十文字中華そば 十文字ラーメン 冷がけ中華 具

具はチャーシュー、細切りメンマ、ネギ、カマボコ、海苔、麩。麩はもちろんスープをタップリ吸わせて最後にチュルンと頂きました!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

丸竹食堂の店舗情報やアクセス

電話:0182-42-1056
住所:秋田県横手市十文字町本町7-1
定休日:木曜日

営業時間
11:00~15:00
※現在は昼営業のみです

席数:42席
カウンター×2
4名掛けテーブル×6
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:8台(店舗前)

最寄りの交通機関など
十文字駅から360m
バス停→十文字四ツ角から10m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>