秋田の麺家 創業初代 周助 ラーメン味幸(あじこう)@秋田県山本郡三種町鹿渡

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 外観

この日は八郎潟に用事があり、せっかくなのでチョイと足を延ばして三種町鹿渡で昼食に。「秋田の麺家 創業初代 周助」と「ラーメン味幸」というダブルネームで営業する独特なこちらのお店へ初訪問です♪

自分が知り得た情報では、「秋田の麺家 創業初代 周助」とレシピが似ていたのが縁で、オリジナルメニューの他に醤油・味噌という2種類の「周助メニュー」を提供するようになったそうです!

「秋田の麺家 創業初代 周助」と言えば、秋田市山手台に店舗がありましたが、50席以上はあろうかという広い店内で沢山の従業員が働いていて、繁忙時以外はマンツーマン・ディフェンス的な接客をしてくれたたのを思い出します。今となってはスーパーなどで販売されている袋ラーメンが主力な感じで、実店舗は三種町にあるこちらだけになりました。

秋田の麺家 創業初代 周助 ラーメン味幸のローカルルールなど店の特徴

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 看板

1998年に創業。

「秋田の麺家 創業初代 周助」とレシピが似ていたのが縁で2007年夏から醤油・味噌という2種類の周助メニューを提供開始。

店内に2名掛けの待ち合い席あり。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

秋田の麺家 創業初代 周助 ラーメン味幸のメニューなど

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 メニュー

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 メニュー

秋田の麺家 創業初代 周助 ラーメン味幸のもやし南蛮ラーメン

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 もやし南蛮ラーメン

もやし南蛮ラーメン 680円

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 もやし南蛮ラーメン

スープは鶏ガラ、豚骨などの動物系主体と思われる清湯ベースで、レギュラーの醤油ラーメンにブラックペッパー&ラー油でスパイシーに味付けされた、モヤシをトッピングしたピリ辛仕立ての一杯。

まずは混ぜずにスープを飲むと、スッキリとした鶏ガラ、豚骨などの動物系のダシ感の下支えがありつつ、旨み&塩分がパツーンと決まったしょっぱめな味わいで、ピリ辛テイストが後から追いかけて来るイメージ♪

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 もやし南蛮ラーメン ラー油 ブラックペッパー

ガッツリ混ぜるとモヤシをコーティングしたラー油の辛味&ブラックペッパーのスパイシーさがスープに浸透して、ややインパクトのある辛スパイシーな味へと変化。
ベースのスープがライトなぶん変化の振り幅が大きいのが特徴的です。

全体的には、まさに「秋田の」を店名に冠した「創業初代 周助」イズムが継承された、秋田県民好みの味のバランスで、今となっては逆に珍しいタイプのラーメンかもしれませんね!

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 もやし南蛮ラーメン 麺

麺は八郎めんの中細縮れ麺でチョイ柔ムッチリな食感♪

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 もやし南蛮ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ピリ辛スパイシーモヤシ、海苔。

秋田の麺家 創業初代 周助 しゅうすけ ラーメン味幸 あじこう 秋田県山本郡三種町鹿渡 もやし南蛮ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの唐辛子をワサワサ投入して激辛に味変!

ごちそうさまでした🍜

秋田の麺家 創業初代 周助 ラーメン味幸の店舗情報やアクセス

電話:0185-87-4500
住所:秋田県山本郡三種町鹿渡字町後408-3
定休日:木曜日

営業時間
11:00~15:00
17:00~20:00

席数:28席
カウンター×8
4名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:20台以上(店舗裏)

最寄りの交通機関など
鹿渡駅から1140m
バス停→鹿渡から960m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>