らーめん 仕事人@秋田県秋田市山王

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 外観

この日は秋田市山王周辺でのランチタイムで久しぶりにこちらへ。前回が2013年7月なので6年チョットぶりの訪問。とは言っても、前回訪問時の店名は「麺酒場 仕事人」で、花輪ホルモンなどもメニューにあり、「昼はラーメン、夜は飲める居酒屋」として営業していた時。

その時、自分が訪問した5日後には店内もメニューもほぼ同じ感じで「らーめん大谷」へリニューアルオープンして、しばらくは営業していたようですが、2014年12月頃には店名を再び「らーめん 仕事人」に改め営業を開始。現在は昼のみ営業になってました♪

メニューに「ちゃんぽん」があったので、長崎ちゃんぽんなのか、はたまた秋田式ちゃんぽんなのかが気になりオーダーしましたが、見た目は長崎ちゃんぽん風ながら、長崎ちゃんぽんの定義にはこだわらない、非常に悩ましいフリースタイルなものが着丼。

というのも長崎ちゃんぽんには「長崎県内で製造された麺、もしくは唐あくと呼ばれる長崎独特のかん水で製麺したちゃんぽん麺を使用」「炒めた具材にスープと茹でてないちゃんぽん麺を合わせて煮込んで完成」という、原材料や製法に明確な定義があるので、店側が名乗ってない以上は「長崎ちゃんぽん」には当てはまらない訳です。なのでここでは「茹で炒め麺」でも「餡掛け」でもない、第三系統の秋田式ちゃんぽんとして取り上げます!

らーめん 仕事人のローカルルールなど店の特徴

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 営業時間 営業案内

2009年4月13日に創業。

店舗は麺酒場 仕事人(2009年4月13日~2013年7月6日頃)→らーめん大谷(2013年7月11日頃~2014年)→らーめん 仕事人(2014年~)にリニューアル。

秋田のご当地「秋田式ちゃんぽん」の提供店(第3系統)

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

センターにあるテーブル席は相席必須。

雑誌&テレビが設置されてます。

ポイントカードがあり、91杯につき1ポイントが加算され、7ポイント→100円引、14ポイント→ラーメン1杯半額、21ポイント→ラーメン1品無料のサービスあり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

らーめん 仕事人のメニューなど

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 メニュー

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 メニュー

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 メニュー

前回記事(とん辛らーめん)はこちら
らーめん 仕事人・訪問1回目

らーめん 仕事人のちゃんぽん

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 ご当地ラーメン 秋田式ちゃんぽん

ちゃんぽん 980円

スープは豚骨などの動物系主体+野菜と思われる白湯ベースの醤油味で、炒めた豚肉、海鮮、野菜などの具材をスープで煮込んで、別に茹でた中華麺を合わせた、長崎ちゃんぽん寄りの第三系統の秋田式ちゃんぽん。

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 ご当地ラーメン 秋田式ちゃんぽん スープ

サラリとしながらもダシ感しっかりな豚骨をベースに、旨み&塩分がカチッとハマったシンプルな白湯で、炒め煮したと思われる具材の温度も相まって、スープは湯気がもくもくで熱々な仕上がり♪

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 ご当地ラーメン 秋田式ちゃんぽん 海鮮

具材の豚肉や海鮮からも旨みが抽出されていて、野菜のナチュラルな甘みも溶け込んでいます。デフォルトでブラックペッパーを適度に効かせているので、後味はピリッとスパイシー。

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 ご当地ラーメン 秋田式ちゃんぽん 干しエビ

パッと見でも存在を確認出来ますが、スープの底には大量の干しエビが沈んでいて、ギュッと濃縮されたエビの風味でスープの旨味を重ねているイメージ。秋田ではやや強気な価格設定ですが、これは納得できますね!

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 ご当地ラーメン 秋田式ちゃんぽん 中華麺

麺は中太縮れ麺で程よいコシがありツル・モチな食感。長崎ちゃんぽん専用麺ではないシンプルな中華麺です♪

らーめん 仕事人 秋田県秋田市山王 ご当地ラーメン 秋田式ちゃんぽん 具

具は豚肉、エビ、干しエビ、牡蠣、イカ、ベビーホタテ、カマボコ、ニンジン、青菜、キャベツ、白菜、モヤシ、キクラゲなど。牡蠣を含めた海鮮も色々あって嬉しく、具沢山で食べ応えがあります!

店内を見渡すと納豆らーめんが人気のようなので、次の機会に食べてみます♪

ごちそうさまでした🍜

らーめん 仕事人の店舗情報やアクセス

電話:018-867-1922
住所:秋田県秋田市山王6-11-24 杉重ビル1F
定休日:不定休
営業時間
11:00~14:00

席数:27席
カウンター×5
4名掛けテーブル×1
6名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×3
駐車場:6台位(店舗に向かって左手前に3台、店舗右脇に3台)

最寄りの交通機関など
秋田駅西口から2910m
バス停→市町村会館前から230m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>