ラーメンショップAji-Q 日本海店@秋田県由利本荘市親川

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 外観

ラーメンショップAji-Q全店舗制覇のAji-Qレーターへの道のり。これで秋田県内の未訪問店は片山店・鷹巣店・鹿角店・田沢湖店の4店舗。他は岩手県内にある乙部店・三ツ割店・青山店・小岩井店・日詰店・銀河モールあじきゅう・久慈南店の7店舗と、まだ全くゴールが見えない状況です(笑)

情報によるとこちらの日本海店の店主さんは、この道四十数年の超ベテランで、店舗としての創業年は不明ですが、ラーメンショップAji-Qの創成期を知る職人さんなんだとか。秋田市から国道7号線経由で由利本荘に向かう際に、いつも気になっていたのでようやく訪問出来ました!

ラーメンショップAji-Q 日本海店のローカルルールなど店の特徴

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 営業時間 営業案内

「ラーメンショップAji-Q」「喜怒哀楽」などラーメン屋を中心に飲食店の経営や食材卸販売などを生業としている「クックサービス(株)」のグループ店。

風除室に3名掛けに待ち合い席あり。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

季節限定メニューの提供あり。

「お子様ラーメン(支那そば めん半分) 450円」があります。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

支払いは現金のみ対応。

ラーメンショップAji-Q 日本海店のメニューなど

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 メニュー

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 メニュー

ラーメンショップAji-Q 日本海店の南蛮ラーメン

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン

南蛮ラーメン 720円

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン スープ

スープは豚骨、鶏ガラなどの動物系主体+香味野菜と思われる白湯ベースの醤油味で、そこに辛ネギやパンダマークの海苔がトッピングされた、ラーメンショップAji-Q共通の看板メニュー的な一品。

まずは具材を混ぜずにスープを飲むと、豚骨、鶏ガラなどの動物系の旨みが効いたクリーミーな口当たりで、土台となるダシ感がしっかりな上に、旨み&塩分もビシッと強めに主張する振り切った味のバランス♪

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン スープ

途中から具材をガッツリ混ぜれば、辛ネギのラー油やブラックペッパーがスープに溶け出して、辛スパイシーな味わいに変化。これぞ南蛮ラーメンの醍醐味ですよね。

秋田県内のラーメンショップAji-Qの中でも、出汁に繁盛店特有のプラスのスパイラルを感じる素材感があり、旨味×ケミカル×胡椒の全てが強めなジャンクな味の構成。ここは他のメニューも食べてみたいです!

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン 自社製麺

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン 自社製麺

麺は自社製の中太縮れ麺で程よいコシがありツル・プリな食感。茹で加減もバッチリです♪

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン 具

具は刻みチャーシュー、メンマ、ピリ辛ネギ、ワカメ、Aji-Qパンダ海苔。これはピリ辛ネギOTRのラーメンライスもありだと思います!

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けのおろしニンニクを投入して味変♪

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン 外観

店内からは海が見えなかったので食後に外を見てみたら、木の塀でガッチリ囲まれてました。日本海からの強風をダイレクトに窓が受ける訳にはいかないので、そりゃそうなるわな(笑)

ラーメンショップAji-Q 日本海店 秋田県由利本荘市親川 南蛮ラーメン 駐車場 景色 オーシャンビュー

駐車場からはしっかり見渡せるので、Aji-Qで販売しているスジャータシルクアイスを片手に海を見ている人が結構いました!

ごちそうさまでした🍜

ラーメンショップAji-Q 日本海店の店舗情報やアクセス

電話:0184-28-2818
住所:秋田県由利本荘市親川字濁川61-3
定休日:なし
営業時間
10:30〜21:00

席数:27席
カウンター×5
4名掛けテーブル×2
6名掛けテーブル×1
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:30台以上(店舗前の共有駐車場)

最寄りの交通機関など
羽後本荘駅から7480m
バス停→深沢から50m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>