NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)@秋田県横手市

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 外観

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 外観

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 営業案内

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)のローカルルールなど店の特徴

2014年4月20日に横手市四日町にオープンした店で、2017年2月1日に横手市婦気大堤に移転。

店内に入ってすぐ左側にある券売機で食券を購入。

店内に待ち席×4+風除室に待ち席×2あり。外にも5名掛けベンチがあります。

雑誌がいくつか設置されてます。

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の香味亭専用特注麺を使用。

子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)のメニューなど

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 券売機

レギュラーのオマール海老香るシリーズの2倍以上のオマール海老を使用した限定メニューを求めて訪問。

駐車場を出ようとする1台の車が停車して、再び駐車場に入り直して車からおりて来たのは鴨ハンター氏でした(笑)

そこで「限定のオマール海老香る濃厚ラーメンは売り切れ」との悲報を耳に。イチかバチかの突撃だったので、気持ちを切り換えてレギュラーメニューをオーダー!

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)にてオマール海老香る味噌ラーメンを実食!

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老薫味噌ラーメン

オマール海老香る味噌ラーメン 800円

前回記事(オマール海老香る塩ラーメン)はこちら
NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)・訪問44回目

スープは数種類の味噌をブレンドしたタレに、オマール海老で造るアメリカンソースを練り込み、カソナードでコクと旨みをプラスした一杯♪

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る味噌ラーメン

前回は海老薬味がトッピングされたバージョンでしたが、今回は海老薬味がないバージョンで、よりダイレクトにオマール海老香るスープの味をダイレクトに堪能。

味噌の主張よりもオマール海老のダシ感優勢なバランスながら、今回のスープは更に旨みの層が分厚く、かつ甲殻類特有のエグミは皆無で、後半はやや塩気の輪郭が顔を覗かせますが、同時に海老の旨みも尻上がり的に増していく丼内進化も素晴らしいです!

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る味噌ラーメン

麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の中太ストレート麺で程よいコシがありツル・プリな食感。プルンとした口当たりでスープとの絡みも良好な、香味亭専用の特注麺です♪

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る味噌ラーメン

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る味噌ラーメン

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、カイワレ大根、海苔、糸唐辛子。今回はローストポーク風なチャーシューではなく、モッチリなバラチャーシューがトッピング。途中で麺を海苔で巻いて美味しく頂きました!

「オマール海老香る濃厚ラーメン」は機会があったらまた提供するそうなので、次回こそはゲットしたいと思います♪

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)の店舗情報やアクセス

電話:0182-35-8660
住所:秋田県横手市婦気大堤字下久保55-1
定休日:月曜日、第3火曜日
営業時間
11:00~15:00(LO.14:40)
17:30~20:00(LO.19:40)
※5/10より夜営業開始

席数:28席
カウンター×8
4名掛けテーブル×5
駐車場:14台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
横手駅から1000m
バス停→下久保から50m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>