NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 外観

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 木製ベンチ

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 営業案内

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)のローカルルールなど店の特徴

2014年4月20日に横手市四日町にオープンした店で、2017年2月1日に横手市婦気大堤に移転。

店内に入ってすぐ左側にある券売機で食券を購入。

中待ちスペースは椅子×6名+αといった感じ。それ以降は外待ちですが、5名は座れる木製ベンチが店舗前にあります。

子供用イスが完備されています。

京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の香味亭専用特注麺を使用。

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)のメニューなど

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 券売機

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) 子供イス

11:30チョイ過ぎに訪問ですんなり座れましたが、着丼を待っている間にあれよあれよという感じで満席状態に。

移転後に食べたのは「煮干し香る中華そば(塩)」「煮干し香る中華そば(醤油)」「オマール海老香る濃厚つけ麺」「オマール海老香る味噌ラーメン」の4種類ですが、明らかに変えてきているので、改めて全メニューを食べ直しています♪

オマール海老の使用量増量か?香味亭のオマール海老香る塩ラーメン!

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

オマール海老香る塩ラーメン 750円
煮玉子 100円

前回記事(煮干し香る中華そば塩&オマール海老香る味噌ラーメンを店内連食)はこちら
NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)・訪問43回目

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

スープは低温ローストしたオマール海老と香味野菜、ハーブを一緒煮込みオマール海老の香りとコクを引き出したダシに、昆布、椎茸の旨みをプラスした塩ダレを合わせた一杯。

まずは混ぜずにそのまま食べると、オマール海老のダシ&香味油の合わせ技による海老の旨みがギュンギュンに決まった芳香な海老清湯で、移転前に比べて海老の風味が増した印象♪

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

乾物系の旨みもしっかりと脇を固めていて、トッピングされた特製海老ペーストを途中から混ぜると、更にコクのある海老風味が爆発します。

この特製海老ペーストは、オマール海老香る味噌ラーメンや以前は限定メニューなどにも使われていた味変グッズですが、以前よりも濃くなったオマール海老のダシ感と相まって、よりマニアックな海老ラーメンになったように感じます!

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

麺は京都の老舗製麺所・麺屋棣鄂(ていがく)の中太ストレート麺で程よいコシがありツル・プリな食感。プルンとした口当たりで風味も素晴らしい、香味亭専用の特注麺です♪

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭) オマール海老香る塩ラーメン

具はローストポーク・チャーシュー、メンマ、ネギ、味玉、特製海老ペースト、海苔、麩、糸唐辛子。ローストポーク・チャーシューは脂身がなく肉の旨みがしっかり。麩はエビエビスープをタップリと吸わせて、最後にチュルンと頂きました!

5/10からはついに夜営業がスタート!限定メニューの提供なども楽しみにしています♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

NOODLE SHOP KOUMITEI(香味亭)の店舗情報やアクセス

電話:0182-35-8660
住所:秋田県横手市婦気大堤字下久保55-1
定休日:月曜日、第3火曜日
営業時間
11:00~15:00(LO.14:45)
17:30~20:00(LO.19:45)
※5/10から夜営業開始
※材料切れで終了の場合あり

席数:27席
カウンター×7
4名掛けテーブル×5
駐車場:14台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
横手駅から1000m
バス停→下久保から50m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

コメントを残す

<スポンサーリンク>