麺処 ひろ田製粉所@福島県双葉郡浪江町(道の駅なみえ内)

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 外観

とあるミッションの為の食べ歩き。中華蕎麦 會(かい)からの〜へうげもの 南相馬本店からの〜3軒目は、既に14:00過ぎになってしまった為に、個人的なセルフミッションに完全に切り替えてこちらへ♪

メニューは中華そば、手揉み中華そば、手揉み味噌ラーメン、生うどん、生そば、なまえ焼きそば等の麺類に定食、カレーライス、釜揚げしらす丼などのご飯ものもある、道の駅のフードコートらしい豊富なラインナップ。今回は「手揉み中華そば」をオーダーしてみました!

麺処 ひろ田製粉所のローカルルールなど店の特徴

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 看板

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 営業案内

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 店頭

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 店舗

2020年8月1日に創業。

福島県内に「食堂 ひろ田」「中華蕎麦 こばや」「たなつもの屋」などを展開する「株式会社 たなつもの」がプロデュースした麺処。

店舗情報はホームページ・Facebookページで発信。

フードコート入口にある券売機で食券を購入。

食券を購入したら注文は自動受付なので厨房に提出する必要がなく、食券の番号が呼ばれたら自分で取りに行くセルフシステム。

限定メニューの提供あり。

「お子様ランチ」があります。

子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。

食べ終わった食器は返却口へ返すセルフスタイル。

テイクアウトメニューあり。

キャッシュレス決済(WAON・楽天Edy・nanaco/id・UnionPay/Suica・PASMO・Kitaca ・SUGOCA・ICOCA ・nimoca・TOICA・manaca・はやかけん/クレジットカード)可能。

麺処 ひろ田製粉所のメニューなど

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 メニュー

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 メニュー

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 券売機 メニュー

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 券売機 メニュー

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 券売機 メニュー

麺処 ひろ田製粉所の手揉み中華そば

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 手揉み中華そば

手揉み中華そば 750円

スープは鶏ガラ、豚骨などの動物系+香味野菜と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに製粉工場から挽き立ての石挽き全粒粉小麦をブレンドした手揉み自家製麺を合わせた中華そば。

程よい鶏ガラ、豚などの動物系のダシ感がありつつ、香味野菜で旨みを重ねている印象のスープは、老舗の食堂のノスラーのようにじんわり染み渡るようなほっこりとした味わい♪

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 手揉み中華そば スープ

合わせる醤油ダレはスープのダシ感に合わせてキッチリと効かせていますが、表面にサラリと浮いたラードの適度なこってり感と豚風味も相まって一体感を演出しています。

インパクトのあるタイプのスープではないです、木羽屋製粉工場直送のハイクオリティーな自家製麺の良さをキッチリと際立たせるように、ソッと寄り添う旨みが堪らない中華そばです!

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 手揉み中華そば 木羽屋製粉工場直送 自家製麺

麺は自家製の太縮れ麺でコシがありプリ・モチな食感。ランダムに縮れた麺はブリブリな歯応えで、小麦の風味も抜群に良いイケ麺。これを道の駅のフードコートで食べれる地元の方が羨ましいです♪

麺処 ひろ田製粉所 福島県双葉郡浪江町 道の駅なみえ内 手揉み中華そば 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、青菜、海苔、ナルト。チャーシューは小ぶりながらトロ柔でマイウー!

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

麺処 ひろ田製粉所の店舗情報やアクセス

電話:0240-23-7121
住所:福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字知命寺60 道の駅なみえ内
定休日:水曜日(道の駅なみえの休館日に準ずる)

営業時間
11:00〜18:00
※麺・スープが無くなり次第終了

席数:80席(フードコート共有スペース)
カウンター×14
2名掛けテーブル×21
4名掛けテーブル×2
3名掛け小上がりテーブル×2
2名掛け小上がりテーブル×8
8名掛け小上がりテーブル×1
駐車場:128台(道の駅なみえ駐車場)

最寄りの交通機関など
浪江駅から1310m
バス停→道の駅なみえから20m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>