山崎食堂@青森県南津軽郡大鰐町

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 外観

フラッと青森県津軽地方を食べ歩き。1軒目は大鰐町にあるこちらへ。11:00チョイ過ぎに到着で待ちなくスムーズに着席出来ました。こちらは映画・津軽百年食堂のモデルの一つになった、大鰐町に3店舗ある老舗食堂の一つです♪

メニューはラーメン、そば、うどん等の麺類に定食、丼、カレーライス、チャーハンなどのご飯ものがある老舗の食堂らしいラインナップ。今回は最初から決めていた、元祖おおわに温泉もやしラーメン(しょうゆ味)をオーダーしてみました!

山崎食堂のローカルルールなど店の特徴

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 看板

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 営業時間 営業案内

1931年(昭和6年)頃に創業。

初代がそば・うどんの店を始めてから2代目でラーメンの提供を開始。

3代目が自家製麺を始めて定食がメニューとして登場して現在は4代目の店主さんが腕を振るう。

店舗情報はTwitterで発信。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

季節限定メニューの提供あり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

キャッシュレス決済(PayPay・au Pay・ALIPAY)可能。

山崎食堂のメニューなど

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 メニュー

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 メニュー

山崎食堂の元祖おおわに温泉もやしラーメン(しょうゆ味)

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 元祖おおわに温泉もやしラーメン しょうゆ味

元祖おおわに温泉もやしラーメン(しょうゆ味) 750円

スープは煮干し、昆布などの魚介乾物系主体+野菜と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに温泉を利用して栽培された地元の名産品である「大鰐温泉もやし」を油揚げと炒めてトッピングした店の看板メニュー。

ふわりとした煮干しなどの魚介系を感じるスープは、今まで自分が食べた津軽のラーメンの中ではかなり控えめなニボ感ながら、そのさり気なさが何ともクセになる巧妙な味のバランス♪

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 元祖おおわに温泉もやしラーメン しょうゆ味 スープ

昆布などの乾物系がキッチリと旨みを下支えしているイメージで、油分量はサラリとしたあっさり仕立て。野菜のナチュラルな甘みに加えて、合わせる醤油ダレも丸みを帯びた角のない味わい。

具材のモヤシのシャキシャキとした力強い歯応えやネギの爽快な香味も心地よく、時折口中に広がる油揚げの甘じょっぱい味が優しいスープの中で程よいアクセントに。入荷状況により提供出来ない場合があるようですが、無事食べれたので大満足です!

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 元祖おおわに温泉もやしラーメン しょうゆ味 自家製麺

麺は自家製の細縮れ麺でスル・プチな食感。無かん水タイプの色白麺ではなく、ほんのりかん水を感じる昔ながらの中華麺です♪

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 元祖おおわに温泉もやしラーメン しょうゆ味 具

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、大鰐もやし、油揚げ、ナルト。大鰐温泉もやしは一般的なモヤシとは比較にならないくらい味が濃厚で、食べ応えもありマイウー!

山崎食堂 津軽百年食堂 青森県南津軽郡大鰐町 元祖おおわに温泉もやしラーメン しょうゆ味 味変 調味料

途中から添え付けの胡椒をパラリと投入してスパイシーに味変♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

山崎食堂の店舗情報やアクセス

電話:0172-48-2134
住所:青森県南津軽郡大鰐町大鰐前田34-21
定休日:なし

営業時間
11:00〜19:00
※ 月曜日&第2・4土曜日は昼営業(11:00〜14:00)のみ

席数:18席
2名掛けテーブル×5
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:なし(店舗に向かって左側の50台ほど停めれる無料の大鰐温泉駅前駐車場を利用可能)

最寄りの交通機関など
大鰐温泉駅から70m
大鰐駅南口から70m
バス停→大鰐温泉駅前から10m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>