福助寿司@岩手県九戸郡九戸村

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 外観

岩手県北と青森県下北地方をガッツリ食べ歩き。立花食堂からの〜2軒目は九戸村に移動してこちらへ。この辺ではラーメンを提供している店がある程度限られているので、とても貴重な存在かと思います。

ランチメニューはオブチキラーメン(塩)、ラーメン、味噌ラーメン、鶏白湯+トッピングもの等の麺類に丼、チャーハン、握り寿司などのご飯ものというラインナップ。今回はネーミングが気になったオブチキラーメン(塩)をオーダーしてみました!

福助寿司のローカルルールなど店の特徴

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 営業時間 営業案内 駐車場案内

1959年(昭和34年)に八百屋として創業。

祖父にあたる初代店主さんが寿司店にリニューアルして現在は三代目が腕を振るう。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

テレビが設置されてます。

テイクアウトメニューあり。

キャッシュレス決済(PayPay)可能。

福助寿司のメニューなど

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー 営業時間 営業案内

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 メニュー

福助寿司のオブチキラーメン(塩)

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 オブチキラーメン(塩) 塩ラーメン

オブチキラーメン(塩) 700円

スープはあべどりのガラなどの動物系+昆布などの乾物系と思われるやや白濁した塩ベースで、具材にもあべどりチャーシューをトッピングした商工会青年部が考案した新看板メニュー。

鶏ガラなどの動物系出汁は旨みがしっかりと主張しながらも柔らかく、昆布などの乾物系を合わせた感じのシンプルな味の構成で、油分量が抑え気味なので出汁の素材感はダイレクトに広がります♪

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 オブチキラーメン(塩) 塩ラーメン スープ

合わせる塩ダレはそれ程強くはありませんが、時間の経過とともに味の輪郭が明確になり、クッキリとした塩味(えんみ)が顔を覗かせます。なので、そのままだと少ししょっぱ目なイメージですが、モヤシがトッピングする事でバランスが取れているイメージ。

コールが可能なら個人的には鶏油多めな「こってり」があったら食べてみたいですね。もともと寿司屋さんなので、もっと和風なラーメンを想像していましたが、ネーミングどおり「キング・オブ・チキン」なラーメンでした!

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 オブチキラーメン(塩) 塩ラーメン 麺

麺は細縮れ麺で程よい歯応えがありスル・プチな食感。ほんのりとかん水を感じるベーシックな中華麺です♪

福助寿司 岩手県九戸郡九戸村 オブチキラーメン(塩) 塩ラーメン 具

具は鶏チャーシュー、メンマ、青ネギ、味玉、モヤシ。あべどりチャーシューはマリネ漬けなのか柚子っぽい柑橘の酸味があり、口当たりはサクッと柔らかくてマイウー!

ミニオブチキ丼や海鮮丼(ハーフ)も食べたくてメチャクチャ悩みましたが、先のことを考えてグッと堪えました(笑)

ごちそうさまでした🍜

福助寿司の店舗情報やアクセス

電話:0195-42-2552
住所:岩手県九戸郡九戸村大字伊保内第3地割39
定休日:日曜日

営業時間
11:30〜13:30
18:00〜23:00(LO.22:30)

席数:12席+夜は2階にある10席の座敷席も利用可能
カウンター×4
4名掛けテーブル×2
駐車場:4台(店舗前の道路を挟んで左斜め向かいの坂下商店とふるかわ呉服店の間)

最寄りの交通機関など
二戸駅から18.4km
バス停→郵便局前から150m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>