神武食堂(じんたけしょくどう)@青森県つがる市木造

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 外観

セルフミッションな青森食べ歩き。高増食堂からの〜丸大食堂からの〜3軒目はつがる市にあるこちらへ。巨大な土偶モニュメントが鎮座する木造駅前にある老舗食堂ですが、ようやく訪問する事が出来ました♪

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 木造駅 巨大土偶モニュメント

13:30過ぎに到着で外待ち6名という人気ぶりながら、駅周辺を少し散策して14:00チョイ前に入店しました。メニューはラーメン、焼きそば、うどん、そば等の麺類に定食、丼、カレーライス、チャーハンなどのご飯ものがあるなかなか豊富なラインナップ。今回は手もみ中華をオーダーしてみました!

神武食堂のローカルルールなど店の特徴

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 駐車場案内

1924年(大正13年)に創業。

1947年(昭和22年)に二代目店主さんの名前から取った「神武食堂」として営業。

「中華そば」は戦後より提供開始。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

季節限定メニューの提供あり。

連食者&お子様連れには嬉しい「小盛り各種 -50円」があります。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

季節限定メニューの提供あり。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

キャッシュレス決済(PayPay・ALIPAY)可能。

神武食堂のメニューなど

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 メニュー

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 メニュー 営業時間 営業案内 定休日

神武食堂の手もみ中華そば

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 手揉み中華 中華そば 醤油ラーメン

手もみ中華 700円

スープは豚骨などの動物系+煮干し、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに特注の手もみ麺を合わせたシンプルな中華そば。

程よい豚骨などの動物系のダシ感がありつつ、表面に浮いたラードで適度にこってり感を持たせたスープは、黒っぽい見た目通り醤油ダレが効いたやや濃いめな味わい♪

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 手揉み中華 中華そば 醤油ラーメン スープ

そこに煮干しなどの魚介系がふわりと香りつつ、昆布などの乾物系の旨みが下支えしています。旨み&塩分もバチッと決まっていて、盛岡のたかみ屋や秋田の吾作ラーメンが好みならドンピシャな感じ。

創業100年になんなとする老舗食堂の中華そばなので、あっさり系のノスラーかと勝手に想像していましたが、塩分濃厚民族な北東北人好みのしっかりボディーの中華そばでした!

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 手揉み中華 中華そば 醤油ラーメン 麺

麺は中太縮れ麺で程よいコシがありモチモチな食感。あまり青森では遭遇しないタイプのピロピロ感のある縮れ麺です♪

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 手揉み中華 中華そば 醤油ラーメン 具

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 手揉み中華 中華そば 醤油ラーメン 麩

具は2種類のチャーシュー、メンマ、ネギ、麩。味が染みたチャーシューは旨旨で、麩はもちろんスープをタップリと吸わせて最後にチュルンと頂きました!

神武食堂 じんたけしょくどう 青森県つがる市木造 手揉み中華 中華そば 醤油ラーメン 味変 調味料

途中から添え付けの胡椒をワサッと投入して味変。濃いめなブラックスープとスパイスの相性はバッチリです♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

神武食堂の店舗情報やアクセス

電話:0173-42-3421
住所:青森県つがる市木造宮崎1-10
定休日:火曜日
営業時間
11:00〜19:00

席数:30席
カウンター×6
4名掛けテーブル×4
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:20台(店舗前の道路を挟んで向かい側)

最寄りの交通機関など
木造駅から30m
バス停→松原から160m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>