三笠食堂(みかさしょくどう)@青森県平川市碇ケ関

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 外観

青森県津軽地方をフラッと周遊食べ歩き。1軒目は以前から訪問のチャンスを伺っていた積年の課題店であるこちらへ。秋田から下道で弘前に向かう際には度々通過していた碇ヶ関にある老舗食堂です♪

メニューはラーメン、焼きそば、そば、うどん等の麺類に定食、丼、カレーライス、チャーハン、チキンライス、オムライス、おにぎり等のご飯もの+一品料理が揃うかなり豊富なラインナップ。今回は看板メニューである自然薯醤油ラーメンをオーダーしてみました!

三笠食堂のローカルルールなど店の特徴

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 暖簾

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 駐車場案内

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 駐車場

1949年(昭和24年)に創業。

2002年から碇ヶ関特産の自然薯を麺に練り込んだ自然薯ラーメンの提供を開始。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

壁貼り&添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

出前もやってます。

季節限定メニューの提供あり。

テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

テイクアウトメニューあり。

支払いは現金のみ対応。

三笠食堂のメニューなど

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 メニュー

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 メニュー

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 メニュー

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 メニュー 営業時間 営業案内 定休日

三笠食堂の自然薯醤油ラーメン

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 自然薯ラーメン 自然薯醤油ラーメン 自然薯ラーメン(しょうゆ)

自然薯しょうゆラーメン 700円

スープは豚骨などの動物系+煮干し、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに自然薯を練り込んだ麺を合わせた、周辺の数店舗で提供されているプチご当地ラーメン。三笠食堂のは自然薯をはめ込んだチャーシューもトッピングされてました。

じんわりとした豚骨などの動物系のダシ感の下支えがありつつ、煮干しなどの魚介系がふわりと香るダブルスープで、昆布などの乾物系で旨みを重ねている印象の滋味深い味わい♪

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 自然薯ラーメン 自然薯醤油ラーメン 自然薯ラーメン(しょうゆ) スープ

合わせる醤油ダレは丸みを帯びてますが、塩気はビシッと強めな印象で、ドッシリとした出汁の素材感とキッチリ調和したしょっぱ旨な味加減。油分量はサラリとした淡麗スープです。

序盤は塩気の強さを感じる青森らしい味のバランスでしたが、口慣れてくると塩分の強さは全く気にならなくなるどころか、「もっと塩分強くてもいいかな」と感じるミラクルワールドに突入。これはなかなかクセになりますね!

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 自然薯ラーメン 自然薯醤油ラーメン 自然薯ラーメン(しょうゆ) 麺

麺は平打ちの中細ウェーブ麺で程よいコシがありツル・プリな食感。地元産の自然薯を練り込んだ麺は少し茶灰がかった独特な色合いで、味には反映されてませんが麺肌がツルリと滑らかな口当たり♪

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 自然薯ラーメン 自然薯醤油ラーメン 自然薯ラーメン(しょうゆ) 具

具は自然薯入りチャーシュー、メンマ、ネギ、カマボコ。自然薯入りチャーシューは酒の肴にしても美味しそう!

三笠食堂 みかさしょくどう 青森県平川市碇ケ関 自然薯ラーメン 自然薯醤油ラーメン 自然薯ラーメン(しょうゆ) 味変 調味料

途中から添え付けの一味唐辛子を投入してピリ辛に味変♪

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

三笠食堂の店舗情報やアクセス

電話:0172-45-2503
住所:青森県平川市碇ケ関71
定休日:第2・4日曜日

営業時間
11:00〜19:00
※当分の間19:00閉店と店内に記載あり

席数:15席
1名掛けテーブル×1
3名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×2
駐車場:7台位(店舗前に2台、店舗に向かって左脇に5台位)

最寄りの交通機関など
碇ヶ関駅から1020m
バス停→碇ヶ関から30m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>