お食事処 しろく

お食事処しろく中華そば

中華そば 600円

お食事処しろく炒めごはん

炒めごはん 150円
※セット価格

お食事処 しろくのローカルルールなど店の特徴

お食事処しろく外観

お食事処しろく駐車場案内

以前は不定休ながら昼もちゃんと営業していたようですが、今は不定期で月8日ほどしか昼営業してません。

ただし、夜は同じメニューで年中無休との事なので、食事処&飲み処として気軽に利用できます。

添え付けのメニュー以外に壁貼りホワイトボードのメニューがあり、好きなオカズを選んでから→ライスの量→サイドメニューを指定して定食へのカスタマイズが可能。

ライスはS→120円、小→180円、並→240円、大→320円からチョイスで、大はかなりのボリューム。
サイドメニューは必要なければオカズ&ライスのみでも大丈夫。

みそ汁→80円、生玉子→50円、玉子焼き→100円、目玉焼き→80円、納豆→50円、長芋→180円、千切りキャベツ→180円と魅力的なサイドメニューが充実。

お食事処 しろくのメニューなど

お食事処しろくメニュー

お食事処しろくメニュー

お食事処しろくメニュー

お食事処しろくメニュー

メニューはうどん、蕎麦、ラーメンなどの麺類に丼もの、定食と種類豊富。壁貼りホワイトボードには酒飲みの心をくすぐる一品料理がズラリと記載されています。

実は下調べせずに訪問したら普通に営業していたので、何の疑いもなく入店して座ったら、店主さんに「ここに来るの何回目ですか?」と聞かれたので、「初めてです」と答えると、「昼は月8日くらいしか営業してないので、常連さん以外は珍しくて」との事。

なかなか凄いタイミングで訪問したようです(笑)

手形ブラック&ガツン系ホワイト炒めごはんの魅惑のコラボレーション!

お食事処しろく中華そば

スープは豚の肉出汁を詰めたような、しっかりとした旨味を感じる動物系スープに、濃い口なカエシを合わせた醤油清湯で、黒いビジュアルながら全く塩角がないまろやかな味わい。

焼いた豚バラ肉の香ばしい風味&溶け出した豚脂のコクがスープに馴染んでいて、タップリのあおさがコッテリ感を緩和。とてもシンプルな醤油味ですが何ともクセになる一杯です!

お食事処しろく中華そば

麺は中細縮れ麺でチョイ柔ツル・プチな食感。熱々スープに馴染んで後半は柔らかめな口当たりに♪

お食事処しろく中華そば

お食事処しろく中華そば

具は豚バラ肉、ネギ、あおさ。具材はシンプルですが豚バラ肉とあおさの存在感が凄い!

お食事処しろく炒めごはん

中華そばに+150円でセットに出来る「炒めごはん」は、これ単品で一人前以上の恐るべきボリューム。実は最初にこっちが着丼したのですが、目の前で調理されている時は、まさか自分のセットものの150円の炒めご飯とは夢にも思いませんでした(笑)

これにも豚バラ肉が結構入っていて、塩・胡椒に中華スープ系の調味料ガッサガサな、旨味&塩分が効いたワイルドな味付けに、炒め油&豚バラ脂のコッテリ感が米を包み込む「ザ・男の焼き飯」といった面持ち。これをオカズに白飯が食べれそうな勢いです(笑)

よく考えたらこの辺は学生寮とかありますからね~。腹ペコな男子には打ってつけのお店だと思います♪

ごちそうさまでした🍜

お食事処 しろくの店舗情報やアクセス

電話番号:018-837-3666
住所:秋田県秋田市手形字中谷地308 三田ビルディング1F

昼の部
11:30~14:00
定休日:なし
※月8回程度の不定期営業で、残りの20日以上は休み

夜の部
18:00~翌2:00
定休日:年中無休

席数:16席
カウンター×4
4名掛けテーブル×3
駐車場:2台(店舗を背に向かい側の道路を100mほど進んで左側)

最寄りの交通機関など
秋田駅から700m
バス停→東通二丁目から140m

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

コメントを残す

<スポンサーリンク>