らーめん三七三(みなみ)@福島県双葉郡川内村

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 外観

セルフミッション総仕上げ&セルフミッションseason2な宮城県〜福島県食べ歩き。かめや食堂からの〜食事処 だるま屋からの〜たかの食堂からの〜中華料理 清華からの〜アクセスらーめんショップで初日は終了。

食堂よしかわからの〜UFO物産館 パノラマ食堂からの〜味の家 まさるからの〜いこい食堂で2日目も終了。3日目は川内村にあるこちらへ訪問してみました。メニューは味噌味、醤油味、塩味のラーメン+トッピングもの、3種類の丼、サイドメニューというラインナップ。今回は味噌らーめんをオーダーしてみました!

らーめん三七三(みなみ)のローカルルールなど店の特徴

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 看板

1988年(昭和63年)に創業。

東日本大地震の時に長期休業しましたが2012年4月に再オープン。

店名は店の住所に由来。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

添え付けのメニューを見て口頭でオーダー。

漫画&テレビが設置されてます。

小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。

支払いは現金のみ対応。

らーめん三七三(みなみ)のメニューなど

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 メニュー 村案内

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 メニュー 営業時間 営業案内 定休日

らーめん三七三(みなみ)の味噌らーめん

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 味噌らーめん みそラーメン

味噌らーめん 800円

スープは鶏ガラ、豚などの動物系主体+乾物系+香味野菜と思われる白湯ベースで、そこに炒めた豚肉や野菜などを合わせて一緒に煮込んだ味噌味の肉野菜ラーメン。

ほんのりとした鶏ガラ、豚などの動物系のダシ感がありつつ、乾物系の旨みも仄かに感じるサラリとした白湯で、白味噌使用と思しき味噌ダレの主張はそれほど強くはない仕上がり♪

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 味噌らーめん みそラーメン スープ

炒め油のみと思われる油分は軽めな印象で、ほんのりとニンニクなどの香味野菜の風味がありつつ、具材の豚肉や野菜の旨みが存在感を放つ味噌味のタンメンのような味加減。

上から掛けられた白ゴマやワカメの磯風味もさり気なく馴染んでいて、時折プチっと弾けるコーンの甘みが心地よいアクセントに。なかなかボリューミーで食べ応えもあります!

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 味噌らーめん みそラーメン 麺

麺は中細ウェーブ麺でモッチリな食感。後半は少し柔めなネッチリとした口当たりに変化♪

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 味噌らーめん みそラーメン 具

具は豚肉、ネギ、ニンジン、キャベツ、ニラ、モヤシ、青菜、コーン、キクラゲ、ワカメ、白ゴマなど。出来れば連食ではなく、腹ペコな時の食べたかったです(笑)

らーめん三七三 みなみ 福島県双葉郡川内村 味噌らーめん みそラーメン 味変 調味料

途中から添え付けのおろしニンニクと辛味を加えて味変!

ごちそうさまでした🍜

らーめん三七三(みなみ)の店舗情報やアクセス

電話:0240-38-2882
住所:福島県双葉郡川内村大字上川内字町分373
定休日:土曜日、日曜日、祝日
営業時間
11:00〜13:00

席数:32席
カウンター×8
4名掛けテーブル×2
4名掛け小上がりテーブル×4
駐車場:10台位(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
神俣駅から20.6km
バス停→川内農協から180m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>