中華そばの店 多むら@秋田県能代市花園町

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 外観

この日は能代市でのランチタイムでこちらへ。現在は能代市中柳へ場所を移した「柳麺多むら 能代本店」が元々あった創業の場所へ「中華そばの店 多むら」が移転リニューアルしました♪

時系列をまとめると能代本店が2015年4月23日に開業→2号店である外旭川店が2017年4月28日に開業→3号店である中華そばの店が2019年7月3日に開業→ 外旭川店が2020年6月28日に閉店→能代本店が2021年4月14日に中柳にある現店舗へ移転→中華そばの店が本店創業地である現店舗へ2022年9月21日に移転といった流れになるかと思います。

メニューは中華そば、塩中華そば、味噌ラーメン、辛シビラーメン、まぜそば、つけそば+トッピングもの+サイドメニューというラインナップ。今回は醤油味の中華そばをオーダーしてみました!

中華そばの店 多むらのローカルルールなど店の特徴

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 営業時間 営業案内 定休日

2019年7月3日に創業。

店主さんは東京都護国寺「ちゃぶ屋」、表参道「MIST」で修行後、大塚「鳴龍」の立ち上げメンバーとして活躍された経歴の持ち主。

店舗は秋田県秋田市広面字昼寝5-1(2019年7月3日~2022年8月末)から現店舗へ2022年9月21日に移転オープン。

「柳麺多むら 能代本店」→「大館馬太郎 能代店」の跡地にオープン。

予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。

店内に入って左側にある券売機で食券を購入。

仕込みの水は「ACM πウォーター」を使用。

支払いは現金のみ対応。

中華そばの店 多むらのメニューなど

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 券売機 メニュー

前回記事(塩中華そば&中華そば&肉ごはん)はこちら
中華そばの店 多むら・訪問5回目

中華そばの店 多むらの中華そば

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 中華そば 醤油ラーメン

中華そば 750円

スープは煮干し、節などの魚介乾物系主体+動物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこに揚げネギを散らした移転前のものと雰囲気は近いビジュアルの中華そば。

華やかな節の風味に全くエグミのない煮干しの旨みを感じる完全に魚介系を押し出したダシ感で、合わせるタレは醤油の風味はそれほど強くはなく、かつ適度にキレのあるスッキリとした飲み口♪

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 中華そば 醤油ラーメン スープ

油分量は割としっかりしていますが、移転前の中華そばよりは少し抑え気味な印象を受けました。表面に浮いた焦しネギのビターは風味が程よいアクセントになっていますが、個人的には無しの方が好みかも。

手形ラーメンストリート時代の初期に提供していた、東京都護国寺「ちゃぶ屋」のインスパア系に魚介をガツンと効かせた感じかと思ったら、どうやら動物系は香味油のみで出汁はアニマルオフとの事。それでこの旨味のインパクトは凄いと思います!

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 中華そば 醤油ラーメン 自家製麺

麺は自家製の中細ストレート麺でスル・プツな食感。表面はしなやかで芯に僅かに歯応えを感じる麺は全粒粉入りで風味も良好なイケ麺です♪

中華そばの店 多むら 秋田県能代市花園町 中華そば 醤油ラーメン 具

具はチャーシュー、メンマ、九条ネギ、揚げネギ。

旨い!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

中華そばの店 多むらの店舗情報やアクセス

電話:不明
住所:秋田県能代市花園町27-27
定休日:火曜日
営業時間
11:00〜14:00

席数:13席
カウンター×5
4名掛けテーブル×2
駐車場:7台(店舗敷地内)

最寄りの交通機関など
能代駅から1630m
バス停→花園町から160m

<スポンサーリンク>


このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>