Noodle college SHIROKURO(シロクロ)@秋田県大仙市

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 外観

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 営業時間 営業案内

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 看板

Noodle college SHIROKURO(シロクロ)のローカルルールなど店の特徴

店内に入って右側にある券売機で食券を購入。

基本メニューは鶏ベースの「Noodle」と煮干ベースの「中華」の2本柱で限定メニューの提供もあり。

平日ランチタイムは誰でも麺大盛無料。学生はいつでも麺大盛が無料。

カウンター席のみのシックな内装が特徴的。

紙エプロンを常備しているので、お使いの方は遠慮なく店主さんに。

荷物置きのカゴがあります。

「ビール 500円」「焼酎orハイボール 400円」など酒類も券売機で購入。現金でもオーダー可能ですがおつりがある場合は券売機で。

Noodle college SHIROKURO(シロクロ)のメニューなど

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 券売機

オープン1周年記念という事で限定メニューを日替わりで提供との情報を得て、盛岡入りする前にこちらへ。ちなみに提供のメニューは

9/16→二代目 夜来香謹製の麺を使用した「肉マースNoodle 」
9/17→RyuGuJo謹製の麺を使用した「プレミアム鶏SOBA」
9/18→東京の修行先の中華そばをイメージした「佐藤の原点」

日程的に肉マースNoodle しか食べれそうになかったですが、沖縄某店インスパイアと思われる一杯は何が何でもゲットしたかったので、タイミングはバッチリでした!

Noodle college SHIROKURO(シロクロ)にて肉マースNoodle を実食♪

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 肉マースNoodle

肉マースNoodle 800円
味玉 100円

前回記事(塩Noodle&レェーサー&シィイサー祭り)はこちら
Noodle college SHIROKURO(しろくろ)・訪問1010回目

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 肉マースNoodle

スープは豚肉の出汁と海の幸の出汁を合わせた塩清湯で、そこに秋田市の人気店・二代目 夜来香の自家製麺を合わせた、1周年記念限定の第1弾な一杯。

「ブワァーっと押し寄せる肉出汁」+「しっかりと貝系の旨みが決まった塩ダレ」の合わせ技なスープは、まさに沖縄の某肉マースそばを彷彿とさせるインパクトのある味わいながら、キッチリと秋田県民の口に合うように少し引き算したような絶妙なバランス。

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 肉マースNoodle

トッピングされたフライドガーリックの風味が浸透する事で、更に肉マース感は増し増しになりますが、味変グッズ的なイメージで使用している感じは、正にSHIROKUROナイズな味の設計。

もっと旨みと塩気を強くして、かつ油分量多めにすればかなり「肉マース」な一杯になるかと思いますが、寸止めにした落とし所が秀逸!これは旨い!!

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 肉マースNoodle

麺は二代目 夜来香謹製の中細ストレート麺で程よいコシがありコリ・パツな食感。後半はスープに馴染んでややしなやかな口当たりになるイケ麺で、このスープとの相性も素晴らしいです♪

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 肉マースNoodle

具はチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、青ネギ、味玉、フライドガーリック。チャーシューはトロッと柔らかく、コリッとした細切りメンマもマイウー!

Noodle college SHIROKURO(シロクロ) 肉マースNoodle

絶品!(b^ー°)

ごちそうさまでした🍜

Noodle college SHIROKUROの店舗情報やアクセス

電話番号:非公開
住所:秋田県大仙市大曲中通町9-2 丸の内センタービル102
定休日:不定休(月曜日が多いようです)
営業時間
月~木 11:00~14:30、18:00~翌1:00
金土 11:00~14:30、18:00~翌2:00(LO.翌1:30)
日 11:00~14:30、18:00~21:00

席数:9席
カウンター×9
駐車場:8台位(店舗裏)

最寄りの交通機関など
大曲駅から350m
バス停→中通町から80m

第5回ラーメンスタンプラリー8杯目

第5回ラーメンスタンプラリー

第5回ラーメンスタンプラリー width=

第5回ラーメンスタンプラリー width=

第5回ラーメンスタンプラリー8杯目

<スポンサーリンク>

このブログを書いている人

進藤伸

@筋肉酒店です。東北秋田の地を拠点に愛するらーめんを年間400食以上食べて応援しています。お役に立ったらぽちっとな。

お勧めの関連記事

<スポンサーリンク>